« 万有実験公演『ロスト・ブルーバード』 | トップページ | 年末年始 »

2009/12/31

晦日

2009年も今日で最後であります。

2009年、どんな年だったかな?
良いこともあり、悪いこともあり、と書けば、普通の1年であったといえるかもしれません。

勤務先の状況は思わしくなく。でも、年を越せるかどうか心もとなかったのがなんとか新年を迎えられたのはありがたかったと思います。
収入も減りましたが、やりくりも少しは身について、ひどく困るというようなこともなかったです。ま、今までできたことができなくなってきて、さみしいっちゃさみしいですが。

ただやっぱりこの先どうなるんだろうと思うと心細いですね。
ただ、ここで荒んだり煮詰まったり、つまり悪いほうに行かないように踏みとどまって。

やっぱりパラダイムシフトというものが必要かと。
ひとつは消費社会からの脱却、つまり、消費ベースの幸福論の見直し。
そしてもうひとつは経済システムの改革。
二律背反的な部分もありますが、この2つが同時にこの世の中に必要なのではないかと思います。

昨日は演劇実験室◎万有引力のお餅つきにお伺いしました。
一般参加の方を募ってのお餅つきという変わった方式でした。
とても楽しかったです。皆様どうもありがとうございました。

お餅つきは、普通の劇団はどうだかは知らないのですが、確か天井棧敷時代からの伝統ではないかと。
同席された方のお話によると、お正月帰省するお金がない団員のために始まったようですが。
また一方、家庭的なものにあこがれる寺山修司の気持ちに沿ったものであったのではないかと思います。
「家出のすすめ」を書きながら、家庭的なものを求める部分が寺山修司にはあったような感じであります。母殺しを説きながら母親から逃れることができなかったように。

そして今、家出しようにも家出する”家”が崩壊した時代のように感じられます。

そして今、私は、「どうして“家”が持てなかったのだろう」と自問自答しています。
この時間、テレビには紅白。おせち料理を作る片手間に蕎麦の用意をする妻と母親、子供たちはもうすぐ友達と初詣に出かけるのでそわそわしている。そういう中、私は、年末の大掃除も一段落、ひと風呂浴びて柿の種なんかをつまみながらビールを飲んでいる。
どうして今私はそういう状態じゃないのかと、自問自答しています。
そういう暮らしを求めるべきだったなと思っています。

ま、こうやってひとり静かに新年を迎えつつあります。
ライブハウスのカウントダウンに出かけようかと思ってたけど、やっぱりこういう風にひとりで過ごしています。

ほんと、来年どうなるのかな?

旧年中のご厚情、まことにありがたく、ここにお礼を申し上げます。
どうもありがとうございました。
そして来年もどうかよろしくお願いいたします。

|

« 万有実験公演『ロスト・ブルーバード』 | トップページ | 年末年始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 万有実験公演『ロスト・ブルーバード』 | トップページ | 年末年始 »