« デザイン変えてみました | トップページ | ベルリンの壁崩壊二十周年 »

2009/11/07

メーラ変えました

Windows XPからVistaにしてちょっとびっくりしたのが、メーラがOutlook Expressじゃなくて、Windows Mailというソフトになっていたことです。ふつーにOEシリーズでいいじゃないと思うのですが。

私は大事なメールは一通一通単独のファイルとして保存しています。
これがVistaを入れるとWindows Mail形式に自動的にコンバートされるのでしょうか、タイムスタンプがぜんぶVistaをインストールした日付になりやがりました。時系列で管理していたのがぐちゃぐちゃです。さすがに目が点になりました。

私はネットを始めたごく初期にはMail&Faxを、それからOutlook Expressシリーズをずっと使い続けていました。つまりWindows標準添付品やMSから提供されているのを何も考えずそのまま使っていたのです が。最後にこういう目に遭うとはね。

どうもWindows Mail自体嫌な感じですし(OEよりは良いソフトなんでしょうが)、その件もあったし、Windows7からはメーラは添付されないようですし、いっそのことメールソフトを乗り換えようと思いました。

ま、Firefoxを使ってるからメーラも姉妹品のThunderbirdでいいんじゃないかと。で、ちょっと調べてみたらOEからアカウントやメッセージをインポートできる機能もついているようですし、Thunderbirdを入れてみることにしました。
Firefoxはクレイグ・トーマスの超絶面白本と同じタイトルですし、Thunderbirdは小さいころ大好きだった人形劇と同じタイトルですな。面白いものです。

で、Thunderbirdなんですが。OEからのメールアカウントやメッセージのインポート機能はついているんですが。Windows Mailからのインポート機能はついていません。ほんと、Vistaのはぶられぷりっといったら!

ちょっと考えて、いったんXPのハードディスクに差し替えて起動させ、その状態でThunderbirdをインストールして、OEからアカウント設定やメッセージをインポート、そうして作られたThunderbirdのアカウント設定やメッセージの入っているフォルダをコピーしてVista環境に持ってくるという方法をとってみました。

なお、その際、http://www.mazn.net/blog/2008/09/27/131.htmlあたりの情報を参考に、メールメッセージと設定の保存先フォルダをデータ用ドライブに作ったThunderbird用のデータフォルダに移動させました。ここらへんはこういう裏技ぽいのを使わなくても通常の設定でどうにかできるようにして欲しいです。OEならできたのだし。

ThuderbirdはGmailも扱えるメーラです。で、Gmailの設定もしてやり、それからHotmailも最近通常のメーラで扱えるようになったそうなので、http://www.mazn.net/blog/2008/09/27/131.htmlあたりの情報をアカウントを参考に設定してやりました。

これでプロバイダメールのアカウント、Hotmailのアカウント、GmailのアカウントすべてがThunderbirdで一元管理できます。便利になるかな?

あと、Thunderbirdにも学習型SPAMフィルタ機能はついているようですが、フィルタリングにはPOPFileを使ってます。私の鍛えられまくったPOPFileの設定をThunderbirdにインポートできたりしたら嬉しいのですが。

ま、Thunderbirdシリーズの開発がいつまで続くか、終了するときがあるとしても、設定やメッセージを移せる後継メーラが出るかどうか、まだよく解らないのですが、ま、とうぶん大丈夫でしょうかしら?

まだ使い勝手はよく解らないのですが、Thunderbirdにも早く慣れなきゃ、です。

|

« デザイン変えてみました | トップページ | ベルリンの壁崩壊二十周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デザイン変えてみました | トップページ | ベルリンの壁崩壊二十周年 »