« Windws Viata SP1を入れてみた | トップページ | 昨日は無善寺 »

2009/11/04

昨日はドレメに

昨日は目黒のドレスメーカー学院に行ってきました。
学園祭でマイミクのSOSUKEさんたちのファッションショーの出展があるということで。

ドレスメーカー、ドレメ、私が小さいころ、母がよくドレメって言っていたのを思い出します。
どういうシチュで言っていたかは思い出せないのですが。
洋裁のときにドレメの本を参考にしていたとか、そういう感じだと思いますが。

ま、ドレスメーカー学院に行くのは生まれて初めてです。
どだいファッションとは百万光年離れているあたくし。服なんてほとんど中田商店かユニクロでしか買いませんし。そーゆー「おしゃれの聖地」的な場所はちょっと気後れいたします。

…などと思いつつ目黒へ。場所はすぐに解りました。
ファッションショーの会場も案内の人に親切に教えてもらいました。
なんか感じのいい生徒さんで。いい感じの学校なのかなと。

だからドレメは学園祭の真っ最中。
あたしの大学生時代とか、学園祭なんていうと引きこもりをこじらせていて、あまりいい想い出がないのですが。

さんざめく学生さんたち。皆さん服飾の世界で活躍する夢や希望を持っているのだなと思うとユメもチボーも持てない背中が煤けきった中年男の私には少々まぶしゅうございました。

SOSUKEさんたちのファッションショーは学生さんのファッションコンテストのエキジビジョンという感じらしいです。まず、学生さんたちの創作ファッションコンテスト。

いろいろ面白いのがありました。しかし、ほんと、そういう服のアイディアを実体化する手法、スキルというのはどうなっているのでしょうか?まずスケッチして、型紙を起こして、縫製するという流れなのはおぼろげに理解できますが。そこらへんのテクニックがまったく想像つきません。

審査員の先生方。やっぱりファッションの学校のせいか、ファンキーな印象の方が多いです。それもうらやましいです。
私の高校時代とか、教師というのは鹿爪らしい顔をして、学生を抑圧するもの、抑圧して型にはめるもの、であって。教師というのは、教師に学ぶというのは、だいたいそういう事という認識も身に染み付いていて。

なんかその空気、うらやましかったです。
学生時代にこういう空気の中に身を置きたかったぞと。

SOSUKEさんたちのファッションショーは新聞紙のドレスのファッションショー。今まで見たのだと、新聞紙ドレスの方はおひとかただったと記憶していますが、今回は新聞紙ドレスの方が数人ご出演でした。

今回ドレメの学園祭にご出展というのは、SOSUKEさんのお仲間がドレメのOBさんで、そのご縁という事のようです。そういうOBさんがショーをやるというのもいいなと思います。

外国の新聞って、紙の色とかいろいろあって、そういう外国の新聞紙ドレスも面白いだろうな、見たいなと思います。

|

« Windws Viata SP1を入れてみた | トップページ | 昨日は無善寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Windws Viata SP1を入れてみた | トップページ | 昨日は無善寺 »