« ぎたーのれんしゅう | トップページ | 『対話の可能性vol.6』 »

2009/10/01

ブルーレイ化してみる

私のPCはDVD-ROMドライブとDVD-Rドライブ、光学ドライブを2台積んでいます。
そうなっちゃったのはDVD-ROMドライブとCD-Rドライブの2台を積んだことがきっかけです。

それからCD-RドライブがDVD-Rドライブになっても2台ドライブ体制は続いていました。
DVD-Rを最初に買ったころ、DVD-Rドライブはまだまだ高価で、だから高価なDVD-Rドライブはなるべく使わず、読み用途ならDVD-ROMドライブを使い、焼く時だけDVD-Rを使うってやり方をしてました。

まぁしかしDVD-Rドライブもかなり安くなって。じゃあ、ドライブ1台体制にしてもいいかなぁとは思っていたのですが。

で、DVD-Rドライブが壊れた時、DVR-SN18GLVってSATAのDVD-Rドライブを買ったのですが。これで統合してもいいかなと。しかしこいつに手こずりました。
マザー上のSATAに繋ぐとDVD-Rドライブと認識されません。たぶん、マザーが古いせいかと思うのですが。

いろいろ工夫して、BOOT ROMを無効にしたSATAカード経由で繋いでやっとDVD-Rドライブとして認識されました。

しかし、これではDVD-Rドライブから起動できません。OSの再インストールとか、CDやDVDから起動させるLINUXとかで遊ぶ時、使えません。

で、まぁ、そういう事情でPATAのDVD-ROMドライブを買ってきてやっぱりDVD-ROMドライブとDVD-Rドライブの2台体制は続いています。
(あと、DVR-SN18GLVはDVDビデオ鑑賞時も風切り音がうるさいです。ふつうのDVDドライブはDVDビデオの時は回転速度の上限を落として風切り音を低減させる機能がついているのですが、これにはついてないみたい。逆に言えばDVDビデオからの動画吸い出しも全力回転でやってくれるので早く済むのですが)

で、DVD-ROMドライブはTEACのDV-516GA-002というのを使っていました。PATAのごくふつーのドライブです。これがここんとこ調子が悪くなってきました。
DVD-Rで焼いたアニメの録画とか、読み込みに時々失敗します。セルソフトのDVDビデオとかはまだまだ大丈夫なんですが、プレスDVDより精度の落ちる?DVD-Rが読めなくなってきてるみたい。これはここんとこ使ってきたDVD-ROMドライブに共通する不調の初期症状なのだけど。数回ヘッドクリーニングをしてもどうも解消せず。

どうも私の場合、DVD-ROMドライブの寿命は2年前後みたいです。短過ぎるような気もしますが。
ま、私はタバコも吸うし、部屋もあまり掃除しない方ですし。タバコのヤニとか埃とか、光学ドライブにあまり良くないせいがあるのではと思ってます。
ま、消耗品と割り切ればそれも仕方ないかもと思ってますし、新しいのを買おうと思いました。しかしもうDVD-ROMドライブなんてほとんど見かけませんが。もちろん読み込み用としてDVD-Rドライブを買ってもいいのですが。値段的にはもうだいぶ安いですし。

んで、ネットで情報を調べていてふと気がついたのですが。Blu-rayドライブも読み込みのみの品ならだいぶ安くなったのがあります。んじゃあ、DVD-ROMドライブ買うよりBD-ROMドライブにしようかなと思って、BDドライブを買ってきました。

買ってきたのはLITE-ONのiHOS104-06というドライブです。BD再生ソフトつきのバルクで7千円弱です。
BD再生ソフトはPowerDVD8のBD editionというのがついてます。フルバージョンより機能は制限されてるけど、BDムービー再生機能はついている、といった感じなのでしょうか?よく解らないけど。
事前にチェックしたところ、PowerDVD8だと私のパソコンのスペック(CPUはSocket939のAthlon64x2 4200、ビデオカードはRADEON1950pro)だとほぼギリギリのBD再生スペックみたい。

ちなみにセルソフト版のPowerDVDの最新バージョンは9で、ブルーレイ再生機能がついているUltra版の価格はダウンロード版で11,800円。けっこうします。セルソフト版のPowerDVD、1回買ったことあるけど、もっとずっと安かった記憶がありますが…。

ベゼル(正面パネル部分)は黒です。私の使ってるPCケースは普通の白っぽいベージュなので(しかしどうしてPCといえばこの色になったのかしら?)、同じ色のが欲しかったのですが、黒しかないみたい。どうしてなのかな?メーカー製の黒いPCに取り付ける予定で発注された品物の剰余品なのかしら?

さて、いよいよ交換作業です。久しぶりにケースを開いて。故障したドライブを取り外し、iHOS104-06はマザーボード上のSATAコネクタに繋ぎました。あ、あとスマートケーブルタイプのSATAケーブルも買ってます。きしめん状の平べったいかたちじゃなくて、丸断面のケーブルです。

さて、ケースを閉じずに通電チェック。BIOS上からも無事に認識されるようです。それからWindws上からも認識されるのをチェック。そして、WindowsXPのインストールディスクを使ってiHOS104-06からの起動もチェック。大丈夫みたい。ケースを閉じて。

よく考えたらこれで私のPCはフルSATA化されました。初めてSATAのHDDを買ってから何年かかったことか…。

091001_1 091001_2 それから今まで使っていたPowerDVD5をアンインストールしてバンドル版のPowerDVD8 BD editionをインストール。
インストール後PCのチェックプログラムが立ち上がります。見ての通り基本再生はパスしてますが、アドバンス再生はネット接続以外ぜんぶダメです。

それからIOデータのテレビ録画&視聴用ソフト・mAgicTVとの相性をチェック。相性が出るという話を聞いていたので。録画も再生もできるし問題はないみたいですが…。

DVDを再生してみて。セルソフトのDVDもDVD-Rに焼いたDVDビデオも無事再生できます。
画質はPowerDVD5から8になってちょっと良くなった感じがします。どこがどうとははっきりと認識できないのですが。鮮やかになったというか…

さて、いよいよブルーレイソフト再生ですな。何かチェック用に安いのを買おうと思ったのですが。AMAZONで検索してみて。
『ダークナイト』のブルーレイ版を買ってみました。AMAZONで2,250円。お手ごろだし。去年劇場で見て面白かったし。
しかし2,250円とは安いなぁ。映画はたくさん売れるからこの値段で出せるのか。それとも『ダークナイト』は人の心の闇を描いた辛気臭い映画だから思ったより売れなくてこの値段になってしまったのか。私は好きですけど『ダークナイト』。

オーダーして翌日には届いて。さて、PCにセットしてみます。ドキがムネムネの瞬間です。

私はDVDもプレイヤーを買わず、ずっとPCで再生してきたのですが。DVD再生に挑戦をし始めた初期のころを思い出します。そのころはマシンスペックもギリギリ、ソフトもまだまだという状態で。カクカクしたノイズの乗ったのを「こんなものかなぁ」と思いながら見ていました。
今のPCのスペックならDVDもよゆーですな。裏で動画エンコとか重い処理をしながらDVDを楽しめます。BDもそのうちそうなるのだろうけど。

BDをセットするとアップグレード確認ダイアログが出てきて、新バージョンのPowerDVD8のパッチが出ている事を教えてくれます。で、新しくして。それから最適化プログラムが働いて最適設定にしてくれるようです。それから再生。

ま、ムービー自体はざっと見る限りコマ落ちやノイズなど起こしてないようです。タスクマネージャで見るCPU負荷率は70%くらいかな。そのくらいまで行くようです。
問題点としては「マウスが使えません」と表示されてメニュー画面が出ないっぽいところあたり。たぶん、再生メニューとして字幕とか言語とか音声の設定画面が出たりすると思うのですが。それは出ません。でもそれはプレーヤーから設定できますし。大きな問題ではないかと。
飛ばし飛ばし再生して最後まで再生はできそうでした。これでOKかなぁ…。

ま、ビデオカードはBD再生支援機能つきのに替えた方がいいと思います。最新の3DCGゲームを遊ばないと割り切れば、再生支援機能つきのビデオカードもそこそこ安くからありますし。
ほんとはそろそろSocket939からAM3に移行もしたいのですが…。

画質はいいと感じました。ただ、それを言うにはDVD版も買って比較しないといけないと思いますし。まただいたい21.5インチワイドモニターでDVDとBDの画質の違いが解るのかという問題もあります。

これでビデオソフトを買う時にブルーレイ版という選択肢が増えました。ま、安いBDソフトがどのくらい出てるか解らないけど。
あとはBDがどのくらい普及するのか、DVDから世代交代していくのか?それともマニアックな規格として、かつてのレーザーディスクみたいなポジションで終わるのか、ですね。
それは安価なソフト、安価なプレーヤーの出現次第と思うのだけれど。

個人的にはこのドライブがどのくらいもつかというのが気になります。せめて今まで使ってきたDVD-ROMドライブくらい、2年くらいもってほしいです。DVDより精度は要求されるだろうから、もっとシビアになるかもしれないけど。
そして、今度買い換える時はもっと安くなってくれるといいのだけど。

ま、そんなとこでした。
しかし、再生環境は整ってもソフトを買うお金がありませぬ…(涙)
『けいおん!』も『化物語』もセルソフトは涙を飲んでお見送り、です。

|

« ぎたーのれんしゅう | トップページ | 『対話の可能性vol.6』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぎたーのれんしゅう | トップページ | 『対話の可能性vol.6』 »