« 『そらのおとしもの』を見てみました | トップページ | びん博士ご協力『硝子壜の残像』展 »

2009/10/17

パチ屋で声優イベント?

いつもの出勤途中、いつもの地下鉄駅。そこでポスターを見つけました。
見たことあるアニメキャラの絵と、お名前を聞いた事のある声優さんの写真と。
なんだろうなと思ってよく見たら、駅の近くのパチンコ屋のイベント告知ポスターでした。
どうもその声優さんがそのパチンコ屋さんでイベントをやるらしいです。

パチンコ屋に足を踏み入れなくなってもう20年くらいになるかしら。
昔はパチンコ屋に行く事もありました。熱くなって散財してしまい、パチンコ屋を出て真っ青という経験もあります。
ま、今のパチンコは何万も突っ込んで、何万も儲けるか(あるいはスッてしまうか)だそうですが。そういう話を聞くとゾっとしますな。

内田樹の言によると“弱者”とは「“負けしろ”の少ない人たち」だそうですが。その定義によれば私も弱者です。数万円どころか数千円もパチンコでスるゆとりはありません。だからパチンコ屋には足を踏み入れません。ほんと、何万円もパチンコでスれる人たちが、冗談でもなんでもなく本気でうらやましいです。何万円も余裕があったら今度の法事も帰省できるのですが、たまに温泉とかも行きたいし…。そして欲しいアニメソフトがいくつか買えますな。

いや、閑話休題。

アニメキャラとか使ったパチンコがあるのは知ってます。パチンコを知らなくてもパチンコ屋の前を通るたびにそういうパチンコ台を宣伝するポスターとかのぼりとか嫌でも目にするし。

新劇場版ヱヴァンゲリヲンが作れたのも、エヴァがパチンコ化されてお金が入ったおかげという話を聞いた事があります。パチンコ化収入もアニメの大事な収益源になってるのでしょう。
そしてまた『さよなら絶望先生』でやってましたけど、パチンコからポロロッカして元ネタの作品に触れてファンになる人たちというのも増えているそうです。

博打も人生に必要なものということは理解しています。博打によって飛び込んでくる思いもかけないお金というのは、チマチマとした息が詰まるような人生の大いなる息抜きになるということも理解しています。寺山修司が書いたように。
もちろんパチンコや様々な博打で身を滅ぼす人たちのいることも事実ですが。駅の近所のパチ屋もすぐ隣に消費者金融の無人契約機があって、「解りやすい」ですが。

ちなみに漫画家の鳥山明はパチンコ王国名古屋に暮らしながら自身の作品のパチンコ化は決して認めないとか。『Dr.スランプ』や『ドラゴンボール』のパチンコ台が出たら大ヒット間違いなし、なんでしょうが。そういう矜持もまた大いに尊敬します。

いや、ま、閑話休題。

まぁそういうアニメパチンコもたくさんあるから、声優さんがパチンコ屋でイベントというのもありえるのか。しかしそんなの思いもつかなかったとそのパチ屋さんでの声優イベントのポスターを見て思いました。

しかし、声優さんもパチ屋のイベントにまで駆り出されて大変だなぁと思います。いや、ギャラはもちろん発生すると思いますし、声優さんの収入増にはつながるのでしょうが。
しかし、パチンコをなさるような方々、声優さんをありがたがったりするのでしょうか。
それとも女の子が何かしてるなぁなんて、イベントコンパニオンさんとあまり変わらない認識しかされないのでしょうか。そうだったらちょっとさみしいのだけど。

ま、パチンコ屋でも声優イベントがあるということは、秋葉原とか繁華街に行かなくてもご近所で声優イベントを見たりできるということ、あるいは声優さんとか見ることもない地方都市でも声優さんを見られるイベントがあるかもしれないということだし、それはいいことなのかしら?
いや、ま、パチンコ屋に足を踏み入れる気はないし、そのイベントも行く気はないですし。
私自身声優マニアということもありません。

アニメキャラとその「中の人」とは違うということは理解しておきたいですし、また、“現実”を生きる「中の人」たちは、こちらの勝手な思い入れをいつか必ず裏切ることを理解しておりますし。ただ、その「勝手な思い入れ」をビジネス化している、人々を踊らせている、というのが困ったものでありますが…。

それと私は博打とかハマると見境がなくなる性質で、そういう場所には足を踏み入れるべきではないということも重々承知しておりますし。
ハマるのはアニメとかゲームとかだけでじゅうぶんかと。

|

« 『そらのおとしもの』を見てみました | トップページ | びん博士ご協力『硝子壜の残像』展 »

コメント

パチンコ屋(パーラー?)でのイベントって、これ?
 ↓
http://plaza.rakuten.co.jp/terayama/diary/200909280000/#comment

投稿: 原タツヤ | 2009/10/17 13:56

◎原タツヤ様
いや、美輪様なんて凄い方ではないです。
普通の(ただ、ちょっとファンです)声優さんですよ。

そう言えば美輪様のコーナーもある寺山修司ガイド本が新しく出ているようですね。

投稿: BUFF | 2009/10/17 14:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『そらのおとしもの』を見てみました | トップページ | びん博士ご協力『硝子壜の残像』展 »