« 新アニメ『天体戦士サンレッド』第2期 | トップページ | 新アニメ『生徒会の一存』 »

2009/10/06

新アニメ『夏のあらし!春夏冬中』

さて、新アニメ話、いよいよ期待の『夏のあらし!』第2期の『夏のあらし!春夏冬中(あきないちゅう)』であります。
前々クールの第1期を見るようになったきっかけは「ぱにぽにだっしゅ」「さよなら絶望先生シリーズ」「まりあ†ほりっく」などなどでファンになった新房監督作品だから、だったのですが。

『夏のあらし!』ってのは、六十数年前、横浜大空襲で死んだ少女たちの幽霊と、現代を生きる者たちの物語…と書くと、なにやらお涙頂戴シリアスなおはなしのように聞こえますが。
本作は新房監督らしいお遊びたっぷりなコメディ作品に仕上がりつつも、シリアスな部分もきちっと押さえた作品になってました。

という訳で2期も待ちかねていました。ただ、1期の好評を受けて、というかたちではなく、最初から分割2期で企画されていた作品のようです。

さて、おはなしは。
最初はやっぱりサービス回という事かしら?
喫茶「方舟」の面々が海水浴に出かけるお話、水着回でした。
(以下ネタバレゾーンにつき)

プロローグ、主人公の熱血中一少年・はじめちゃんの創作時代劇というかたちで設定なんかをさらっとおさらい。2期から見始めた人がどのくらい理解できたかは解らないのですが。

今回オープニングテーマは「やくしまるえつこ」さんとおっしゃる方だそうです。どういう方かは存じ上げないのですが。1期のテーマの面影ラッキーホールさんも名前くらいしか知らなかったけど。
1期の特濃トンコツスープみたいな歌よりはややおしゃれっぽくなってます。でもやっぱり少々マニアックな感じがしますが。夏の前の放送と夏終わってからの放送という違いも歌のタッチの違いとして考慮されてるのかしら?夏が終わってから第1期のテーマだと少々暑苦しいですし。

登場する女性たちのヌードのシルエットが出ていた1期オープニングアニメーションからさらに進んで、今回はバスルームがモチーフ、女性たちがヌードで登場します。もちろん乳首とかは描かれていないようですし、あっさり目のヌードですが。石鹸の泡に浮かぶクレジットがおしゃれかと。アナログだと読みづらいけど。
1期であった紙芝居のお遊びは今回はないみたい。

マスターの発案で海に行く方舟の面々。まずはお店の控え室でマスター提供の水着を試着したり。サービス満点です。

しかし、皆さん露出の多い水着ですな。恥ずかしがり屋のカヤでさえビキニ。加奈子だけワンピースみたい。でも、前が深く切れ込んでいて、おヘソが見える水着。ビキニよりセクシーかも。
さすが前期ヘソアニメの名をほしいままにした作品です。いや、あたしもちょっとヘソフェチのケがありますし…。
そういう露出の多い水着、戦中派っぽくない気もしますが、でも、60年間ずっと夏だけ若い娘さんのままでいたらそうなるのかしら?現代に染まるとか。
しかし演出的にはひとりぐらいワンピースとか大人しめの水着がいたほうがアクセントになるのではと思います。
(潤のスク水姿がチラッと出てきますが。お尻を直したりしてあ・ざ・と・いですわ)

今回、カヤだけが知っていた、上賀茂潤が実は女の子だってひみつ、あらしさんも知るところとなります。おはなしとしての進展はそのくらいかな?
ま、はじめちゃんと潤はラスト、くっつくのかな?もうくっつけばいいじゃないって思いますが。お似合いでありますよ。はじめちゃんだったら潤が嫌悪している、しかし自分の中にもあると自覚している“女”を、潤自身が受け入れ、花開かせる事ができるんじゃないかしら?潤はもともとモデルで美人だし、そうなったらとても可愛らしくなれるんじゃないかしら?女のいやらしさも自覚して、それは乗り越えようとするならば、イイ女になるのではないかと。

あとはお遊びたっぷり。

「塩ください」の人も前期に引き続いてレギュラー出演みたいだし。あと、実写シーンもありました。ちょっと色味をいじって、アニメパートとそうひどく違和感を感じさせるようにはなってないですが。
それから『さよなら絶望先生』から始まって、いろんな新房作品に登場する“絶望”シーン、ハイライトの強いモノクロの絵で、登場人物がかぶりを振るシーン、も出てきました。
ここらへんのお遊びも、毎回楽しみなところです。

あと、今回はシリアスパートはどうなるのかなというところ。グラサンにまつわるおはなしも、やよゐと加奈子を巡るおはなしももう1期で決着ついてますし。
新しい登場人物とそれにまつわる戦時中の話がまたあるのでしょうか?
シリアスパートも良かったので、こちらもどうなるか興味しんしんです。

あとはどういう結末をつけるかですね。原作もまだ連載中みたいなので、そうきっちりとは結末をつけない、終わらせないと思いますが。
そして、今時は結末つけない終わらせ方でもいい時代ですし、むしろ次期を作れる余地を残しておいた方がいいという方向ですし。
昔は子供向けテレビ番組でも、雑誌連載でも、きちっと終わらせるのがスジでしたけど。
「ドラえもん」とかも連載が終わるときはきちっと最終回としてケリをつけてたけど。

しかし3期があるとしたら、40話近く、つまり、夏休み1日1話と考えてももう夏休み終わりますな。

今回エンディングはありませんでした。1期もそうだったかな?まぁ1話はいろいろ詰め込まなきゃいけない部分もあるし。
それと、加奈子とやよゐのおはなしコーナーは今期はないのかな?やよゐがタイトルを明かさぬままある漫画の紹介をして、その漫画の決め台詞を言うってコーナー。
あれはもともと後半にならないとほとんど出番がない加奈子とやよゐを出すためのコーナーだったそうですが。今ふたりは方舟の従業員として最初から出てますし。

加奈子が眼鏡美人という設定とお遊び。
しかしあたしは眼鏡かけなくてもいけるぞ。ちょっと性格きつそうだけど…。
ま、初めて好きになった女の子がそばかすっ子だったというあたしの個人的経験もあると思いますが。

エンドカード、セーラー服姿のあらしさん。スカートの下にシュミーズを着ているようですが、シュミーズを着てればセーラー服上下の隙間からおヘソは見えないと思いますが…。
ペティコートなのかしら?いや、女の服はよーとわからんですが。

という方向で、『夏のあらし!春夏冬中』第1話、楽しみました。
ほんと、どういう方向に行くかはまだまだわからないのですが、毎回楽しみに見ようと思ってます。

砂に揉まれて丸くなったガラス片。私もちょっと欲しいな。
今度海に行く機会があったら探してみましょうか。

|

« 新アニメ『天体戦士サンレッド』第2期 | トップページ | 新アニメ『生徒会の一存』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/46411143

この記事へのトラックバック一覧です: 新アニメ『夏のあらし!春夏冬中』:

« 新アニメ『天体戦士サンレッド』第2期 | トップページ | 新アニメ『生徒会の一存』 »