« 久しぶりのリハビリ | トップページ | 今期のアニメと来期のアニメ »

2009/09/28

【懺・】さよなら絶望先生第十三話

さて、毎週楽しみにしていた懺・さよなら絶望先生も第13話の最終回。

今回は
Aパートが「誤字院原の敵討」、
Bパートが「われらライナス」、
Cパートが「楽天大賞」、
そしてエンディングを挟んでDパートが「夜間きよ飛行」でした。

『誤字院原の敵討』は今期おなじみの単行本未収録話なんですが。
CとDパートも単行本で読んだ記憶がないので未収録話なのかなぁと思いつつ、クリスマスのころ、冬のおはなし。冬のおはなしならもう単行本に収録されてるはずでは…と思って、オリジナル回かなと思ったのですが。調べてみると増刊号掲載で単行本未収録話だったようです。そういうのは単行本に入れない場合があるようですね。でも、『さよなら絶望先生』はほぼ1話完結型だし、話の流れを壊す事も少ないと思うので、収録してほしいものですが。

(以下ネタバレゾーンにつき)

プロローグの「前巻までのあらすじ」はほぼウィスパリング・ボイス。ほとんど聞き取れなかったけど。
毎回声色を変えてきた声優の齋藤千和さん、凄いです。今期だと『化物語』の戦場ヶ原ひたぎ役も良かったし。
斉藤千和さん凄いなと思ったのは『ケメコデラックス』のケメコ役&エンディングの『プリップリン体操』からだったのですが。実際にできる『プリップリン体操』のDVDとか出ないかな?あの歌なら体を動かすのが億劫な私でもフィットネスできそうです。

声優さんの技量というのは出せる声の種類のレパートリーと、演技力という部分があると思うのだけど。『【懺・】さよなら絶望先生』でレパートリーの広さを、『化物語』で演技力の優秀さ、遺憾なく発揮されているなぁと思いました。
特に戦場ヶ原ひたぎみたいなややこしい性格のキャラクターの演技とかとても大変だったと思いますが。ほんと、いっぽ間違えればただの電波キャラになりそうなのに、演技力でほんと愛おしいキャラになってると思います、ひたぎは。

「誤字院原の敵討」は校内美術展を舞台に、「人は小さな間違いには気づくけど、大きな間違いには気づかないものだ」というような見識が展開されていくお話。誤植関係のネタは事情があってちょっとゾッとするのだけど…。

額縁がついたような絵柄になっていて、「実は今回のおはなしは絵物語だったというオチかな?」と思ったのですが、ぜんぜん違うオチでした。単行本未収録回で原作未読で見るのも思わずな展開で面白いものです。

冒頭、絵を水平にきっちりと掲示させる木津千里。それに付き合わされて倒れまくってるクラスメイト。
映画の美術さんだかに「水平の鬼」と呼ばれる伝説の方がいらっしゃるとゴールデン街の酒場で聞いた事があるのをちらと思い出したり。

090929_1 ラスト、テロップで「タイトルの大きな間違い気付きましたか?」とあって、オープニングを見返して見ましたが、最初解りませんでした。某所に指摘があってあっと驚いたのですが。
タイトルが『さよなら絶望生生』になってました。ひっくり返りました。
こういう、ルールとも認識できないくらい身に染み付いたルール化されたお約束に気付き、それをぶち壊して見せるの、前衛の要諦だと思います。こういうお遊び、好きなんですが…。でも、メインタイトルで番組名間違えるの、いいのかしらん?

「われらライナス」は“安心毛布”のおはなし。個人的に昔『ピーナツ』(チャールズ・M・シュルツのあのスヌーピーとか出てくる漫画)が好きで単行本何冊か読んだことがあるので、そういう意味でも面白かったです。

小森霧が普段被っている毛布は彼女愛用の安心毛布。それを量産して国民を安心させようとする政府。その安心毛布生産ラインに組み込まれ、次々と毛布を被らされる小森霧。顔を真っ赤にして息も絶え絶えになる小森霧がちょっとHな感じがしてグッときました。…いや、まぁ、毎日万単位で毛布を被っては外しされてたら、肩のあたりとか赤ムケになりそうですけど…。

しかし今の国民にいちばん必要なのが「安心」であるのは確かなことのように思われます。
いや、ま、潰れかけの会社に勤めてる私の事情もあるのですが。世の中には不況関係なくけっこうのーてんきな人(主に親が金持ちという理由で)もいるのだなという経験を最近しましたけど。うらやましいやい。
しかしその「安心」は既得権益の保護とそれから外れた者の疎外というかたちであってはならないと思ってます。いや、閑話休題ですけど。

「楽天大賞」は「流行語大将」という“裸の大将”の流行語版が出てくるおはなし。
甚六先生がかっちょよかったです。今までもさんざんいろいろ訳アリっぽい描かれ方をしていた甚六先生でしたが、今回はいよいよ実戦で腕前の披露でありました。
校内に入ってこようとした大勢のいろんな“大将”を素手で片っ端からやっつけます。小節あびるパパが伝説の「砂漠のネリ消し」部隊の元隊員じゃないかって話が前にありましたが、ほんとうは甚六先生が砂漠のネリ消し隊員だったのでは?いや、あびるパパと同僚だったりして…。

「夜間きよ飛行」はクリスマスパーティーの夜、関内・マリア・太郎が「清しこの夜」を「きよ彦の夜」と勘違いしたら、本当にきよ彦がやってくるおはなし。
クリスマスの真夜中というのに絶望少女総登場(一部いませんでしたが)。お~い、みんなお泊りしてたのかよ!小森霧と常月まといは毎日学校にお泊りしてるだろうけど。俗だったかであった「みんな先生のお手つき」発言はあながち間違いではないのか?
(あ、そうそう、可符香の着けてたヒイラギの葉と赤い実の髪留め、むちゃくちゃかわいかったです。ほんとに作っても売れるかと思います)

そういえば懺・さよなら絶望先生では常月まといの「ええ、ずっと」という決め台詞が印象的でしたな。まとい役の真田アサミさん。今年は『まりあ†ほりっく』の宮内かなことか、『けいおん!』の山中さわ子先生とか、印象的でした。さわ子先生は嫁に欲しいぞ。

090929_2 「絶望先生えかきうた」はなんと!大槻ケンヂのご出演でした。
びっくりです。このアニメになった大槻ケンヂ、4期があるとしたらレギュラーで出ないかなぁ。元ノーマン・ベイツ(筋肉少女帯オフィシャルファンクラブ)会員としても見たいです。
隣の木村カエレはもう出てるんじゃ、2回出るのもアリなのかなと思ったのですが。よく見るとどうやらカエレの別人格の木村楓モードのようですね。だからアリなのか。
しかし、木村カエレ役の小林ゆうさん。絵が上手い下手を通り越して“凄い”です。小林ゆうさんの内面に外界はどのように映っているのか、いちど見てみたいと思うのですが…。発狂しちゃうかな?

090929_3 懺・さよなら絶望先生のオープニングは寺山修司をはじめとして、昭和40年代あたりのアングラアートを元ネタにした絵がいろいろ出てくるんですが。
これは寺山修司の演劇実験室◎天井棧敷の『犬神』のポスターが元ネタ。

土曜日拝見したかわなかのぶひろ先生の粟津潔を追悼する映像作品で、元ネタの犬神のポスターがチラッと映って。あ、このデザインは粟津潔だったのかと解りました。しかし一瞬映った時「あ、絶望先生だ!」と思った私はなんてポロロッカなんでしょう…。

という方向で毎回楽しみにしていた『【懺・】さよなら絶望先生』も終わりました。
さみしいです。
今回は手堅くまとまった作りになってたなと思います。もう3期ですし。
2期ほど無茶苦茶なお遊び回、はっちゃけた部分はほとんどなかったと思いますが、それでも要所要所にお遊びがあって、面白かったです。劇団イヌカレー回とか面白かったし。

単行本未収録回を原作に使うというのも面白かったです。効率的なシステムの構築、短納期を試す実験的な意味があったのかもしれませんね、制作会社のシャフト的には。
また、原作を単行本で読んでいる私にとっては知らない話が時々あるというのも新鮮で面白かったです。

4期もあるといいなと思ってます。あるかなぁ…。

|

« 久しぶりのリハビリ | トップページ | 今期のアニメと来期のアニメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/46335742

この記事へのトラックバック一覧です: 【懺・】さよなら絶望先生第十三話:

» ◎懺さよなら絶望先生第十三話最終話「誤字院原の敵討/われらライ... [ぺろぺろキャンディー]
キッチリさんが絵を完璧に飾るが、上下逆さまだった。今回のテーマはよくある間違い。ヒトウさんは、もちろんをモロチンといっていまう。写植ミス。脱北者を敗北者って書いてた。ニシとニオカを間違う。カフカさんは間違っても気づかないフリをする優しさがという。そして...... [続きを読む]

受信: 2009/11/21 19:10

« 久しぶりのリハビリ | トップページ | 今期のアニメと来期のアニメ »