« どうしちゃったんだろう | トップページ | 次期制式ぱんつ決定? »

2009/09/12

化物語第十話「なでこスネイク 其ノ貮」

さて、化物語も10話目(総集編を入れると11話目ですが)、「なでこスネイク 其ノ貮」であります。
「撫子スネイク」エピソードは2話構成なので、これで完結になります。

今回、「撫子スネイク」のオープニングが入りました。語るような歌。ラップ調?かわいらしいです。撫子の「暦お兄ちゃん」に対する気持ちを歌った歌かな?

(以下ネタバレゾーンにつき)

全身に蛇に巻きつかれた跡のある千石撫子。その解決法を尋ねに阿良々木暦は忍野メメの暮らす廃ビルに向かいます。
忍野メメは言います。撫子にとり憑いた怪異の正体は「蛇切縄(じゃきりなわ)」だと。人の悪意によって遣わされた、つまり呪いによるものだと。暦の説明によると千石撫子の同級生がかけたものらしいです。

メメの話によると本来その怪異が発動することはないそうですが。中学生レベルだし。まず、撫子の解呪の方法が間違っていてたようです。
それとどうやら暦にとり憑いていた吸血鬼の怪異の成れの果て、忍野忍のせいであの神社にはよくないものが集まるようになってるようです。(前回の冒頭、忍野メメに頼まれて暦と神原駿河が神社にお札を貼りに行ったのもそれを防ぐためとか)

呪いを解くのは暦たちでもできるようですが、巻きついた蛇が顔までくると危険とか。一刻を争うと。
なのでさっそくその夜中、忍野メメから貰った解呪のお守りを手に神社へ向かう暦と撫子、そして神原駿河。

自分に告白してきた男の子がいたけど、撫子は振ってしまったようです。そして、その男の子を好きな女の子が撫子に呪いをかけたみたい。

えと、自分の好きな男の子が他の女の子に振られたら、むしろその子は喜ぶんじゃないかしら。私の恋人になってくれるチャンスではと。
それこそ、あみんの『待つわ』みたいに。あなたが振り向いてくれなくても、あなたが振られて私を見てくれるようになるのを待つわ、という歌。
『待つわ』は歌は大流行しましたが。でも、ある雑誌に「自分の好きな相手が振られて傷つくのを期待してるなんて、なんてエゴイスティックな歌」なんて突っ込みを入れる文章が載っていて。ある種のショックを受けました。そう、確かにそうですな。
どんなにエゴイスティックな、醜い欲望でも、それをロマンチックなメロディーに乗せればいくらでも美化できるんだなぁと思うようになったきっかけです。まぁ、本音に正直な部分においてあの歌は人の真実を歌ったものなのかもしれませんが。

しかし、撫子に呪いをかけた女子は違うようですね。「私が好きな人を傷つける人は許さない」と思ったのでしょうか。たとえ自分じゃなくて他の女の子を選んでしまった相手でも。
そういうのって、呪っちゃうのは問題としても、いいと思うのですが。ほんとの優しさだと思うのですが。

体に巻きついた蛇の模様が良く見えるような衣装を用意してと暦は駿河に頼んだみたいですが。駿河が用意したのはスクール水着。それに突っ込む暦。
しかし、スクール水着って駿河はいつ用意したのでしょう。ブルマならジャージの下に履いておけるけど、スクール水着はどうしたのでしょうか?いったん取りに帰宅したのかな?それとも暦の妹のを拝借したのかしら。

暦にはふたり妹がいて、上の妹は身長170センチくらいの大柄な女の子。彼女の水着なら撫子には大きいでしょうから、ぶかぶかスクール水着というお好きな方には堪らないシチュになりそうですけど…。
(ちなみに阿良々木暦の身長は165センチとかで、やや小柄みたい。主人公がやや小柄ってお話は珍しいような気がします。だいたい主人公の男の子って平均身長じゃなきゃ背が高いほうか、低いとすればチンチクリンになるまで低いのが普通だと思うのですが)

解呪の儀式の始まり。メメから貰ったお守りを手に握る撫子。
解呪はいったんはうまくいきそうに見えたのですが、途中でふたたび撫子は苦しみだします。
蛇に巻きつかれた模様が首に達しています。首が絞められているようです。

暦は気がつきます。蛇は2匹いたんだと。
女の子の放った蛇と、振られた男の子の放った蛇の2匹だったと。

先ほど、女の子の優しさはほんとの優しさだと書きましたが、どうやら私の勘違いのようですな。
もうふたり、デキちゃったんでしょうね。それで男の子にとって撫子は自分のプライドを傷つけた憎い奴になっていて。だから女の子は男の子といっしょになって撫子を呪ったのでしょうか。もう撫子は憎悪の対象でしかないと。それは違うと思います。ほんと、ふたりでいちゃつくだけにしときゃいいものを…。

撫子に巻きついた蛇を剥がそうとする暦。無理に剥がすと呪い返しで蛇が呪った人の所に行ってしまうから、それまでは無理に剥がそうとせず、蛇の消滅を待っていた暦だったんですが。
しかし、蛇は強力。暦の脚や腕を砕いてしまったようです。(吸血鬼が憑いていたころの超回復力があるとはいえ、前回「するがモンキー」に引き続きボロボロにされる暦君、哀れ…)
しかし暦は諦めず、蛇を退治しようとします。姿の見えない蛇、気配で見つけようとする暦。

しかし、そこに駿河が飛び込んできます。暦を押さえつけ、気配を消せと。蛇がいなくなるまで。しばらくすると蛇はいなくなりました。どうやら呪い返しで呪った相手の元に去ったみたい。

撫子の呪いは無事に解けました。ありがとうを言う撫子。しかし暦は自分は感謝されるに値しないと思います。呪った相手も助けようとしたのだから、と。
う~ん、これは違うんじゃないのかなぁ。別に撫子は呪った相手に仕返しを望んでいたわけじゃないと思いますし。そういうことは考えない優しい子だと思いたいです、撫子は。
もし感謝に値しないと暦が考えるのなら、それは、呪った相手は救うことができなかったことにおいて感謝に値しないと考えるのならいいのですが。

呪った相手はどういう目に遭ったのでしょうか。それは語られません。
前回冒頭、撫子とすれ違った暦のナレーションで、「もし僕がもっと早くに彼女(撫子)に気づいていれば、この物語はあんな結末にならなかったのかもしれない」と語っていました。時間に余裕があれば、忍野に直接撫子の様子を診てもらえていたら、撫子に巻きついている蛇が2匹いることが解ったろうし、それに対処することができたのでしょうが。
たぶん、この事件は悲劇的な結末、つまり呪い返しで呪った相手が死んじゃったのでは思うのだけど。

原作はどうだか解らないのですが、本作では呪った相手は登場しませんし、どういう人物かもほとんど語られません。
いやらしい、憎むべき人物と描かれていたのなら、「呪いが返ってきて死んじゃってザマーミロ」とでも思うこともできたのかもしれませんが。あるいは切実な人物に描かれていたのなら、「呪ったのは過ちだったとしても死んでしまってかわいそう」と思うこともできたのかもしれませんが。まぁ、本作は主要登場人物のあいだ、少人数のみでおはなしが回っていくスタイルですけどモブキャラとかも登場しませんけど。
でも、こういう切り方だと、いまいち納まりが悪いですな。

撫子の回想によると、撫子がその男の子を振ったのは、撫子が好きなのは暦だったからだそうです。
小さいころ(今もかもしれませんが)、友達のいなかった撫子。暦の下の妹、月火が友達と呼べるただひとりの相手だったようです。そして、月火のお兄ちゃん、暦も優しくしてくれて、撫子の憧れのお兄ちゃんだったようです。
月火と別の中学に入った撫子。月火との縁も自然に切れてしまったようですが。でも撫子はずっと暦のことを想っていたようです。

暦は呪った相手も助けようと考えていたのかな。そういった暦の優しさに忍野メメは警告します。
もう近づかないで、私を無視しなさいとカッターナイフとホチキスで脅してきた戦場ヶ原ひたぎを、離れてしまえばもう無関係な怪異だった八九時真宵を、そして、自分を殺そうとした神原駿河を、暦は助けるのだけど。でも助けなかったらおはなし、始まりませんよね。ちなみに暦に憑いていた吸血鬼の成れの果て、忍野忍を見捨てれば暦の吸血鬼の後遺症も治って、普通の人間に戻れるようですが。

さて、最終的な本作の感想ですが。
残念だけど「駆け足で薄い」なと感じました。

尺としては2.5話か3話くらいは欲しかったなと。話の内容的には1話でも片付きそうな感じですが。でも、語り口のタッチからするとそのくらいは欲しかったです。
2.5話くらいにして、Bパートは次の話を入れれば、次回への引きになったかもしれない。

あと、『懺・さよなら絶望先生』のテロップネタでちょくちょく出ていましたが、どうやらスケジュールがかなりタイトのようです。制作元のシャフトはどのくらいの規模の会社かは解りませんが、『化物語』と『懺・さよなら絶望先生』の2作同時進行はかなりきついようです。

そのせいか、今回あたりになるとだいぶ「薄いな」という印象を受けました。止め絵が多いし。
新房監督の実験映画的というか、前衛的というか、お遊びたっぷりというか、そういう個性的な演出もタッチは残しつつ、だいぶ薄れていましたし。

看板に『サザエさん』のエンディングに出てくる高床式の山小屋の絵が出てくるところが面白かったです。
あと、群雲のかかった月が目に見える演出はいいなと思いました。
でもやっぱり他の新房シャフト作品みたいなお遊びてんこ盛りといった感じとはちょっと違いました。薄口だなぁと。ほんと、僭越でありますが。

あと、えっち系だと撫子のスク水ですか。苦しんでいる撫子の肩紐がずれた様子とか、あと、同じく苦しんでいる撫子が四つんばいになって背筋をそらしている様子はまるで後ろから挿れられそうになってるみたい、とか思いましたが、それほどオォッ!とは思いませんでした。私はスク水属性はないのかな?スク水姿で悶える撫子をもっと細かく描けばもっとクるかと思いもしますが、もうそのくだりあたりになるとシャフト的にも余力がもうなくなっていたようです。

次回から「つばさキャット」編ですね。もう新規ヒロインが出てくるのではなく、今までちょくちょく登場していた羽川翼に怪異がとり憑くおはなしになるみたい。
5話構成だけど、オンエアは2話までで、残り3話はネット配信になるようです。

盛り返して欲しいと思うのだけど…。
お手並み拝見と期待してます。

|

« どうしちゃったんだろう | トップページ | 次期制式ぱんつ決定? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうしちゃったんだろう | トップページ | 次期制式ぱんつ決定? »