« 『化物語』『懺・さよなら絶望先生』第4話 | トップページ | NM705iを1年使って »

2009/07/29

聖地巡礼?

アニメファンの間では、アニメの舞台になった場所を訪れることを「聖地巡礼」と呼ぶそうですが。
楽しいだろうなと思う反面、あまりぞろぞろ押しかけると地元の人に迷惑になるだろうってことも理解します。
また、地元が町おこしの一環として聖地巡礼に積極的に協力している場合もあるようですね。

昨日、会社のお使いで溝の口へ行ってきました。溝の口といえば大好きな『天体戦士サンレッド』の舞台となった場所です。直帰OKということでついでにちょっと聖地巡礼してこようかなと。

こそっと天体戦士サンレッドの聖地巡礼を紹介したサイトをチェック。んで、行きがけの車中、携帯で天体戦士サンレッドの最終回をチェック。こういう時もあろうかと携帯に天体戦士サンレッドの録画した奴を全話入れてあります。

んで、溝の口へ。

先方の締め切りがタイトだったので、オープニングでレッドさんがタバコを吸っていた駅前のペディストリアンデッキの喫煙コーナーでタバコは吸えなかったんですが。ざっと景色を見ながら急ぎ足で。なんか芸人さんがペディストリアンデッキで路上ライブとかやってたみたい。

高津区役所でも用事を済ませて、んで、その足で『天体戦士サンレッド』の最終回でヴァンプ将軍一行が友人連れのかよこさんと鉢合わせした焼き鳥屋さんとおぼしき場所へ。

どうも「たまい」という、溝口界隈で手広くグループ展開しているお店のひとつのようです。
たまいグループのお店は他にも出ていて、オープニングでヴァンプ将軍や怪人たちが呑んでるお店もそうですし、怪人セミンガが出てくるお話しでセミンガと戦闘員が呑んでいたお店もそのようです。

んで、劇中ヴァンプ将軍が頼んでいた、お薦めらしい、「金運つくね」と「牛スジの煮込み」を食べてみました。

「金運つくね」。なんか、小ぶりの焼きおにぎり位の大きさのつくねが2個、串に刺さって出てきました。卵黄がかけられていて、それをまぶしながら食べるみたい。
つくねのひき具合がちょうどいいくらいの粒だちで、しかもボリュームもたっぷり、箸で少しづつ千切りながら、卵黄を絡めて食べるととてもおいしかったです。たぶん、今まで食べてきたつくねでもトップクラスかと。
しかもこれが1本150円。このボリュームでこのお値段とは廉いです(ちなみに2本だと250円とか)。ただ、ひとり1本制なのですが、でも、1本あればじゅうぶんなボリュームです。
金運つくねで金運良くなるといいなぁ…。

「牛スジの煮込み」。私はモツよりスジの煮込みが好物で、居酒屋のメニューに見つけるとだいたい頼むのですが。モツやスジの煮込みってのはふつー、コマ切れ肉を煮込んだものが出てくるものなんだけど。このお店の牛スジの煮込みは違いました。
けっこう大ぶりの器で供されます。大きな肉の塊がごろんと2つ。それから大根の輪切りと煮卵が丸ごと1個とコンニャクがひと切れ。かなりのボリュームです。
お肉はお箸でほろほろと崩れるくらい煮こまれてます。大根や煮卵やコンニャクも、ちょうどいい按配に味がしみています。味はしょうゆ味。しょうゆ味のビーフシチューといった趣でした。

焼き鳥なんかは税込み126円が主流です。これも劇中ヴァンプ将軍たちが頼んだ5串セットにしてもらいました。お任せになるんですが、これだと5本で550円。大動脈の焼き鳥とかもあるみたいで、ちょっと興味を持ったんですが。追加で頼もうとしましたけど、もうお腹いっぱいになったので。

090729 このカットは『天体戦士サンレッド』最終回の当該シーンからキャプチャしたものです。かよ子さんたちの席の様子。
かよ子さんたちも金運つくねと牛スジの煮込みを頼んでたみたい。
串に刺さって2本お皿に乗ってるのが金運つくねで、中央にネギが白く盛られ、黄色いカラシが添えられているのが牛スジの煮込みです。実物もだいたいこんな感じです。
こう見ると、ほんとリアルですな。

このたまい系列のお店には面白いシステムがあります。店外にも席があるんですが、店外席で食べると少し割引になります。暑い盛りに汗をドバドバかきながら、焼き鳥に冷たいビールというのも楽しそうですが。また、寒い時期に熱燗を店外というのも面白そうですが。

ビールのジョッキが400円しませんでした。中ジョッキぐらいの大きさなんですが。これも嬉しいところ。

金運つくねと牛スジの煮込みと焼き鳥を5本。それと突き出しのたれとマヨネーズがかけられたキャベツ。これにビールを3杯くらいでもうお腹がくちくなりました。ぜったい追加注文すると思ったのですが。つくねと煮込みがボリュームたっぷりだったせいかと。
まぁ私自身も食べる量が減ったかなと。昔は焼き鳥屋さんで焼き鳥30本以上、サワーを7杯以上は平気で空けたもんですが。いや、もっと小食にならないといけないんですが。

んで、お勘定は2千数百円。ふつー、私が居酒屋さんに行く時の腹づもりは3千円以上なんですけど。
廉いし、おいしいし、また溝ノ口に行く事があれば寄ろうと思ってます。
『天体戦士サンレッド』も2期があるそうで、そちらも楽しみです。

という方向で、おいしい聖地巡礼のお話でした。

|

« 『化物語』『懺・さよなら絶望先生』第4話 | トップページ | NM705iを1年使って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『化物語』『懺・さよなら絶望先生』第4話 | トップページ | NM705iを1年使って »