« アコギも買いました | トップページ | コンパウンド弦 »

2009/06/15

第4回 千石空房寄席

昨日は千石の長屋を改造したギャラリー、千石空房さんへ第4回千石空房寄席を観に行ってきました。

冬に始まった千石空房寄席も梅雨時に突入、傘を忘れてしまったので降られるかどうか気にしつつ千石空房さんへ。いや、振られるのは慣れてますワイ(爆)、いや、慣れないものですけど…

今回は真打の三友亭歌橘師匠と前座の三遊亭歌五さん、おふたりのご出演でした。

まず、歌五さんの「桃太郎」。
お父さんが寝物語に子供にしてやる桃太郎のお話を、リクツっぽい息子が物語論としての考証から講釈垂れるというお話です。
あたしも小さいころからリクツっぽかったから、ちょっと身につまされるお話です。

お次が歌橘さんの「ご血脈」。“血脈”は“けちみゃく”と読むそうです。善光寺さんの縁起話が出てきました。
歌橘さんのピンクの着物も素敵でした。ピンクをいやらしくなく着こなすってのはずいぶん年季がいると思います。

途中ちょっとあって歌橘さんと歌五さんのトークショーモードもあったりして。

トリも歌五さん。「もう半分」。「もう半分」は滝田ゆうがマンガにしたのを読んだ事があります。あの、滝田ゆうの懐かしくほのぼのとした絵柄でこういう怪談系のおはなし、印象深かったです。

ところで、化け猫なんかもそうなんですが、昔の化け物は行灯の油を舐めるのが定番だったのでしょうか?どういう起こりなのかなぁ。昔は間違えて飲んでひどい目に遭った人が多かったのでしょうか。

歌五さんは6月下旬に二ツ目昇進されて、お名前も変わるそうです。今回が歌五さんとしてはおしまいの席になるとか。お披露目は8月だそうです。

おめでとうございます。

|

« アコギも買いました | トップページ | コンパウンド弦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アコギも買いました | トップページ | コンパウンド弦 »