« ケーブルテレビのメンテ | トップページ | 『アフリカの印象』 »

2009/06/20

ギター小物たち

先日アコギをオークションで入手したのに伴い、追加購入した小物たちの件について。

090620_1 クリップオンチューナー、KORG AW2G。
実はアコギの6弦をチューニング中にぶち切ってしまいました。チューニングメーターで合わせていたのですが、チューニングメーターが反応せず、「なかなか合わないなぁ」と思いつつペグを巻き上げていたら巻き過ぎてぶち切ってしまいました。

よく考えたら扇風機をかけながらチューニングしていました。たぶん、その雑音が入ってしまったのでチューニングメーターが反応しなかったみたい。
エレキならシールドでチューナーと繋ぐので、そういう雑音も問題ないのですが。アコギだとチューナーのマイクを使うので雑音が問題になるようです。

という訳で、ヘッドとかにつけるクリップオンタイプのチューナーを買いました。それならギターの振動を直に拾うので、雑音にも強いかなと思って。
この、ヘッドにつけるクリップオンタイプのチューナー、最近ライブでよく見かけます。三上寛さんも使い始めたようですし。
あとアコギだとちょっと前まではボディにつけるタイプのチューナーも時折見かけましたが。

便利そうでありますし、コンパクトで持ち運びもしやすそうだし、エレキでもシールドの途中につけるチューナーより、シールド抜けやノイズが乗ったりのリスクをちょっとでも減らせるでしょうし。
そういう意味でもちょっと欲しいなとは思ってました。

買ったのはKORGのAW2Gというモデルです。AMAZONで2千円弱。AMAZON直販じゃなくて、AMAZONサイトから仲介される外部業者の扱い品のようです。届いた品物を見たら、発送元が故郷の住所だったので苦笑い。これも不思議なご縁かなぁ。
ただ、梱包がエアパッキンで一重にくるんで封筒に入れただけだったので、箱とか見事に潰れてました。中身は大丈夫だったけど。ま、やっぱり大雑把な性格の土地柄でありますよ。私も大雑把な性格だし。

使ってみてですが、いい感じです。液晶メーターですが、機械式メーター並みに反応速度もいいですし。
ただ、表示が音程表示なのがちょっと初心者には扱いづらいかなと。今まで使っていたKORGのチューナーは各弦の音程なんか知らなくてもメーターとLEDの表示に従うだけで合わせられたし、オープンチューニングとか半音下げ1音下げもスイッチの切り替えでなんも考えずにできたのですが。
こいつは各弦の音程を知らないとちんぷんかんぷんです。私は最近やっとギターのスタンダードチューニングが6弦からEADGBEなのを憶えましたが。いや、ふつー最初に憶えないといけない事なんでしょうけれども…。

そういう品物ですから、逆にギター以外のチューニングにも使えます。もちろん合わせるべき音程を憶えるのが大前提ですが。スタンダード品のAW2は大小2種類クリップがついていて、いろんな楽器につけられるたいぷ。で、AW2Gはギターヘッド向きの大クリップのみがついてちょっとお安い品のようです。AW2Gでもヘッドとかにこのクリップがつけられそうな楽器、ベースとかウクレレとかにも使えると思います。ウクレレはちょっと触ってみたいと思っているのですが。安くからあるし、持ち運びも手軽だし、弾けるようになればちょっとした宴会芸もできますし。あたしがウクレレ持つと高木ブーかKONISHIKIかって感じですけど。

ちなみに『けいおん!』で梓が使っているのはこのAW2の前になるAW1のYAMAHAブランドへのOEM品、TD-30Mだそうですが…。あまり良く解りませんけど。
AW2の方がバックライトがついていたり、使い勝手はいいそうです。

090620_2 椅子&譜面台&足台。
今までエレキギターを触ってる時は床にじか座りして弾いていたのですが。でもそろそろせめて椅子に座って弾こうかなと。床にぺたんと座ってエレキギターを弾く方はライブでいちどだけ見かけたことがありますが。やっぱり立つか椅子に座るかがスタンダードかと。

他のものを探しに行ったドンキでたまたま折りたたみ式のスツールが八百円ちょっとであったので、それを買いました。あたしの体重にどれだけ耐えられるかがちょっと不安ですが。
で、椅子に座って弾いて、教則本を置くのに譜面台がいると気がついて楽器店で譜面台を。これは千円ちょっと。あと、ストラップをつけずに弾くのに足台も。ま、てきとーに空き箱でも使えばいいのでしょうが、千五百円くらいであったのでそれもついでに。

ただ、足台を使って弾く人もあまりライブでは見かけませんね。最近だとかつてのカレッジ・フォーク出身で最近音楽活動を再開された方がお使いなのを見た記憶がありますが。ヴェテランさんの方々には普通のツールなのかしら?
ちなみに足を組んで右足にギターを乗せるやり方だと足台は要りませんが。足が短い上に腹が出てる私にはそれは苦しいです。

090620_3 あとちょっとした工夫。アコギの室内練習は音が気になるのですが。あるサイトでブリッジの所にティッシュを挟んでギターを消音するっていうやり方が紹介されていました。で、私もそれを応用して、ブリッジの所にハンカチを折り畳んで挟んでみました。もちろん音程も変わるでしょうし、音も「ペンペン」って感じのしょぼい物になりますが。ま、押弦の練習が今いちばんやらなきゃいけないことだし、それについては可能なので、しばらくはこうして練習しようと思ってます。
弦楽器用の消音器ってのも楽器店で見かけましたが。そう高くはない品物ですが。ま、でも、これでいいかなと。

あと必要なものはあるかなぁ…。お手入れ用品とかはぜんぜん持ってないのですが、あればいいものはあるかしら?
それとナットに塗って弦の滑りをよくしてチューニングを安定させるオイルってのも見かけましたが。どうもシリコンオイルっぽいので、エアガン用のメンテナンスオイルを流用してます。大丈夫かな?

ま、いちばん必要なのは練習を続ける根性でありましょうが…。

|

« ケーブルテレビのメンテ | トップページ | 『アフリカの印象』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケーブルテレビのメンテ | トップページ | 『アフリカの印象』 »