« 夏至も過ぎて | トップページ | 『けいおん!』考 »

2009/06/25

「与信」って何だろう?

クレジット会社からお知らせが届きました。
お上のご通達により、与信枠を引き下げるとの事。

なんか持ってるクレジットカード類トータルで年収の三分の一にするとかで、一気に枠が下がりました。
そりゃ年収手取りのだいたい三分の一にされましたが。そういう年収を把握されてるのかと思うとちょっとむっとしましたな。いや、金を貸す相手の年収とか把握するのは当然だとは理解しますが。

どっちにしろ枠いっぱいまでクレジットカードを使うつもりはまったくないので問題はないのですが。
もう自分にも世界にも徹底的に絶望して、与信枠いっぱい遊興して首吊るって事でもない限り、問題はないのですが。

クレジットカードの使い方の上手い人ってのはいます。日常のちょっとした買い物にもクレジットカードを使って、ポイントを溜めて上手に利用するって人。資金繰りの上手い人。

私は財布の中身と預金通帳の残高で資金繰りを勘定するしかできないので、クレジットカードもなるべく使わないようにしています。プロバイダーの支払いとAMAZONとあと通販サイトの決済くらい。

プロバイダーの支払いは自動引き落としとかないのでクレジットカード決済は続けるつもりですが、通販系は対応しているなら振り込みとかになるべく切り替えようと思ってます。勤務先の状態も思わしくないので、なるべく借金はせず、即決済にしていって、自分の手持ちのお金の残高をすっきりさせておこうと思ってます。AMAZONもコンビニでプリペイドカードがあるようなので、そのうちそっちに切り替えようと思ってます。

ま、ほんと、なるべく借金はせずに、クレジットカードも使わずに生活したいものです。
そういう部分、しっかりしておきたいものです。

しかし、まぁ、ここ近年はそういう自己破産の話もネット上でよく見かけますな。そのノウハウとか。

昔、ある政治家が、日本人は真面目に借金を返すが、アメリカには黒人やヒスパニックなんかがいて、破産しても明日から金返さなくても良いアッケラカのカーだ」なんて失言をしたそうですが。

今じゃいちばんエラいはずの日本政府がそうですな。返すあてのない借金をしてバラ捲いてる。

2014年には債務はGDPの2.3倍以上にふくらむので、財政赤字を維持可能にするには、少なくともPBの赤字を半減させる必要があるというのがIMFの予測だ。この控えめな目標を実現するだけでも、GDP比14.3%の増税が必要になる。これを消費税(税率 1%でGDP比0.5%)だけでまかなうとすると、約29%増税して消費税率を34%にしなければならない。

(池田信夫 Blog(http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo)より、「発散する財政赤字」(http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/a3e3c15c6220ee12d02bbb783390179b)から引用)

お上がそんなんじゃ、下々の民が「破産しても明日から金返さなくても良いアッケラカのカーだ」なんて思うようになっても仕方ないと思いますが。

もちろん必要なら借金もして、いちばん儲かる方法でやっていくのが「エコノミカル・コレクト」なんでしょうが…。
どうも私はそういう人間じゃないらしいです。

しかし、与信枠を勝手に引き上げたと思ったら(もちろん頼めば下げてくれるのでしょうが)、お上がお達しがあったからとさくっと引き下げたりして、勝手なものだと思います。

|

« 夏至も過ぎて | トップページ | 『けいおん!』考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏至も過ぎて | トップページ | 『けいおん!』考 »