« 六月 | トップページ | さらにちょっと嬉しい »

2009/06/02

006Pは高い

またギターチューナーの電源を入れっぱなしにして忘れてしまい、電池を使い切ってしまいました。よくやらかす事です。今までチューナーの電池を切らしたのはぜんぶつけっぱなしにして忘れてしまったのが原因。普通に使っていて電池が切れたことはありません。

こいつは006Pという電池をひとつ使います。角型の奴ですね。ま、入手性はそう悪くはないんですが。コンビニとかでも置いてあることが多いです。でも、だいたい松下のアルカリタイプしか見かけなくて、1個500円くらいします。不注意でダメにするにはちょいと痛いです。

昔、006Pと言えば、トランジスタラジオの電池でポピュラーだったんですが。今はどうかしら?
手元のお風呂用防水ラジオは単三ですけど。チューナーも単三なら電池代も安上がりだし、不注意で切り忘れて電池が切れてもそうダメージ感が大きくないんですが。

秋葉原でもっと安い006Pを探そうかしら。別にアルカリじゃなくてもいいんだし。持ち歩くものじゃないから、予備の電池を常備しとけばいいだけの話です。

実は、ギターヘッドにつける小さなチューナーがちょっと欲しいなと思ってます。
ここ数年よくライブハウスで使ってるのを見かけるし、ちょっと前から三上寛さんもシールド経由につけるチューナーからこのタイプに変えたようですし。けっこう安くあるようだし。
このまま不注意で006Pを切らし続けていくより安上がりかもしれない。
また、シールド経由で繋ぐチューナーと違って、接続が外れる危険性も下がりますよね。

ま、それもいつかと言う事で。

近所のスーパーで006Pを見つけて、2個買って千円弱。
この出費く感じる痛い自分にため息…

P.S.楽器屋さんだともっと安く置いてあるところもあるみたいです(09.6.16)

|

« 六月 | トップページ | さらにちょっと嬉しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 六月 | トップページ | さらにちょっと嬉しい »