« モニター修理 | トップページ | ちょっと夏支度 »

2009/05/22

疫病流行記

つう訳で東京でもマスク姿の人がチラホラですな。
ま、用心に越したことはないのでしょう。あたしはメンド臭いのでしませんが。

思うところは「内田樹の研究室」の「ゾンビの教訓」という記事にほぼ同意します。

ただ、マスクとかが品不足なら、予防接種のワクチンが不足なら、まず、子供がかかりやすいそうでもありますし、子供たち優先にして欲しいという思いはあります。オッサンとかはかかりにくいそうですね。子供と糖尿病患者がひどくなるらしいですが。ま、個人的にはもって瞑すべし。

ただ、故郷の甥っ子がかからないように祈っています。

しかし、グローバル化の昨今、疫病の水際での防疫は不可能っぽいですな。
今回は弱毒性でよかったですが。もっと強烈なのが来たらどうなる事やら。

流行地帯から帰国した人間は少なくとも潜伏期寒中は施設に閉じ込めて隔離しておくか、それとも、その場でぱっと感染が解る検査法を発明するか、どっちかないと思いますし。そういうことはもうできないでしょうし。

グローバル化、それは基本的にはいい事なんでしょう。どうやら我々は豊かになれたようですし。また、グローバル化が進んで国際関係の利害が複雑に絡めば、おいそれと戦争もできなくなって、もっと世界は平和になるかもしれない。

しかし、もう一方でこういう疫病の流行が一気に広がる可能性もありますし、また、中国毒餃子事件みたいに、禁輸とかの制裁処置が取れないことを見越して舐めた真似をされる事も起こるのでしょう。

けっきょくどっちがいいかはよく解りません。

そのうちもっとひどい疫病が流行して、“先進国”の人々が死に絶え、我々が「未開」と呼んでいる、隔絶した暮らしを送っている人々が生き残る時代が来るのかもしれませんな。

|

« モニター修理 | トップページ | ちょっと夏支度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モニター修理 | トップページ | ちょっと夏支度 »