« それでは猫は | トップページ | 第3回 千石空房寄席 »

2009/04/13

三上寛さんの「詩学校」

土曜日は三上寛さんの詩学校に行ってきました。
三上寛さんが大阪の方で詩学校をなさっている事はだいぶ前に伺っていました。
参加したかったのだけど、でも、さすがに大阪まで行く根性はありません。
で、こちらでも三上さんが詩学校を始めると伺って、喜んで参加してきました。

ライブハウス通いをしているうちに、何か作品を拵えて発表したいと思ってきました。いちばんの理想は歌う事。ただ中古で買ったギターは部屋の隅で埃をかぶっておりますが。
また、詩を書いてみようかと思いました。ポエトリーリーディングの会もいくつか拝見して、オープンマイクっていう飛び入りのコーナーにも参加してみました。客席からオーラみたいなのが感じられた時もあって、たぶん、人はこのためにステージに上がるのではないかと思ったりもしました。

実はある詩の雑誌に投稿してみたこともあります。しかし、ま、やっぱり、カスリもしませんでしたけど。
そのせいかもありますが、自分の書いた詩を誰かに見てもらって批評してもらいたいなぁという気持ちがだいぶ出てきました。
その方が三上寛さんだったらほんと、願ったり叶ったりであります。

場所は田園都市線の市が尾という場所。渋谷から普通列車で30分ちょっとくらい。住所的には横浜になるみたい。駅にスーパーが併設されてたり、よくあるちょっとリッチな新興住宅地最寄り駅という感じでした。
そこから歩いてちょっと行った場所にあるこじんまりとしたスタジオみたいな場所が会場でした。

各員の席には原稿用紙と鉛筆と消しゴム。原稿用紙は三上さんお勧めの品みたい。鉛筆と消しゴムはどうかは伺いそびれてしまいましたが。書き心地が良かったです。今度自分でも買おうと思います。

三上寛さんの前説があって。三上さんとはちょっとお話しした経験はありますけど。でもやっぱり自分の詩をこれから見てもらうというのは緊張いたしますです。

まず、三上寛さんの課題から。

原稿用紙にタイトルと名前を書いて。それから三上さん指定の場所にフレーズを入れて、それを埋めるように言葉を入れていくというお題。ちょっと考えて、埋めていって。それを提出すると。
今度は同じタイトルで制限なく自分の詩を書くようにと。そして、それを提出すると今度は自分の好きなように書く、と。そんな感じで進行していきました。

実はここんとこまったく詩を書いていませんでした。で、書けるのかなぁと心配したのですが。でも、場の空気が呼び水になってくれたのか、けっこう書けました。
だいたい2時間くらいの詩学校だったのですが、短いのでしたが5~6本くらい書けたかな?
ただ、最後の方になると、どういう風なのを書けばいいのかちょっと解らなくなってきたりしましたが。自由となると。

自分の詩の書き方というのも面白かったです。書いては消し書いては消し。ここらへんはワープロで文章を書いてるせいもあると思います。なんぼでも書き直しができるわけですあから。
だから鉛筆も消しゴムも見る間にチビていって。机の上も消しゴムカスだらけ。そして、会場の鉛筆削り、あたしが独占しました。鉛筆も尖ってるのが好きですし。

詩学校での三上寛さんのご発言、そして、指導された事。
どのくらい自分の血肉とできるか自信はありませんが、でも、自分の中の、自分でも気づかない部分が変わっていくといいなと思ってます。

実は参加するかどうか直前まで迷っていて、主催の方にご迷惑をおかけしたりしたのですが、でもほんと、参加してよかったです。
三上寛さんお勧めの原稿用紙をさっそく買って、原稿用紙を前にする習慣をつけて、いろいろ書いてみようと思ってます。

詩学校終了後、ちょっとだけ皆さんと呑んで帰宅しました。
ほんと、よい体験でありました。

|

« それでは猫は | トップページ | 第3回 千石空房寄席 »

コメント

<追記>
三上寛さんの詩学校@横浜にご興味のある方は、
主催の大塚さんにお問い合わせを!メールアドレスは
qqs66kf9★coffee.ocn.ne.jp (お手数ですが★を@に変えてください)
です。

三上寛さんの詩学校は月一ペース、土曜か日曜に開催。
場所は田園都市線の市が尾から徒歩10分くらいの場所。
会費は参加費5千円+三上寛さんを交えての親睦会費1~2千円程度です。

どうかかよろしくお願いいたします。

投稿: BUFF | 2010/11/22 17:26

40年前、山下洋輔トリオとのjoint以来、聞きツズケテイマス。20年前、博多のスナックで偶然会って包茎術後のチンチンを見ましたあ。

投稿: たかちゃん | 2011/02/22 17:59

あら、三上寛さんとお風呂に入ったことはありますが、そこまでは気がつきませんでした。
詩学校、できましたらよろしくお願いします。

投稿: BUFF | 2011/02/22 18:37

今は会場は西荻窪になってます。

投稿: BUFF(womadinai) | 2011/12/05 16:09

詩学校の日程・開催場所は
三上寛オフィシャルブログ・寛闊
http://ameblo.jp/kan-mikami/
会場の西荻窪・HANAさんのサイト
http://nisiogi-hana.onionegg.com/
にて案内があります。

投稿: BUFF | 2012/11/01 10:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/44656846

この記事へのトラックバック一覧です: 三上寛さんの「詩学校」:

« それでは猫は | トップページ | 第3回 千石空房寄席 »