« 『地を這う魚』 | トップページ | Annのお花見 »

2009/04/04

『けいおん!』

この春始まったアニメ、今度は『けいおん!』を見てみました。
女子高に入った女の子たちが軽音楽部でバンド活動を始めるって感じのアニメらしいです。

地上波で見たのですが、4:3の画面でした。今まで見た深夜アニメのほとんどが16:9で上下に黒帯が入る形での放送だったので、上下が画面いっぱいだったのでおっと思ったのですが。セルソフト版だと16:9なのかな?まぁ、放送版とセルソフト版の差別化と言えばアリだと思います。

第1話は主人公らしい唯の女子高入学から、あれこれあって軽音部に入るまでのお話しでした。

まぁ、熱血バンド物というより、女の子たちのキャッキャウフフをまったりと愛でるような作品みたい。部員が全員卒業して廃部寸前の軽音部が舞台です。4人入らないとこのまま廃部とかで、3人までは部員が集まって。だから、先に軽音部に入った女の子たちがうっかり入部願いを出した唯を引き止めるのがお話の山っちゃ山になってます。

そういう事情ですから、軽音部は1年生だけ。先輩はいません。つまり、先輩後輩の上下関係がお話に出ることはないのでしょう。普通の、リアル志向なバンド物ならそれもまた大事なファクターになりそうですが。このようなまったりとした女の子のキャッキャウフフを愛でる作品には不要なのでしょう。そういうファンタジーであると。

また、第1話の時点ですが、他の女の子のキャッキャウフフを愛でるような作品、例えば『苺ましまろ』とか『みなみけ』みたいに、女の子の両親とかは出てきません。唯の入学初日、家でのシーンがあるのですが。ふつー、入学初日の朝なら親と「お前も今日から高校生なんだから…」的なやり取りがあるものでしょうが。遅刻寸前と勘違いした唯がトーストを咥えて家から飛び出すだけです。第1話でおはなしに絡む大人は音楽の女性教諭だけ。これもまた“大人”との接触がほとんどない世界。

女の子だけのゆるやかに“閉じた”世界。そしてそれをまったりと眺めていい気分の私。
こういうおはなし、好きです。大人とのわずらわしい係わり合いや、セックスとか生々しい恋愛沙汰は出てこないで欲しいと思ってる私。このまままったりとおはなしを楽しんでいたいと思う私。そういう需要って一般的にあるんでしょうか。だからこういう傾向の作品がよくある、と。

唯が入部した時点で他の女の子たちはある程度は楽器が弾けるようですが。唯はド素人。楽器は弾けません。エレキギターを任されるようですが、ギターも持ってません。来週あたり楽器を入手するエピソードがあるようです。

ま、ふつーならまず最初は部の備品か先輩や仲間から借りたギターを使って、それから夏休みにいっしょうけんめいバイトしてやっとこさ自分のギターを持てる、でも安物か中古がせいぜい、ってのがおはなしの流れになるでしょうが。リアル志向なら。
でも、どうも次回、唯はギブスンのレスポールをさくっと手に入れるようです。確か2~30万円くらいはするはずですけど。そういう部分もリアル志向じゃない、ファンタジーだなぁと思います。
しかし、レスポールって重いから、女の子には向かないそうですが…。

澪って女の子がエレキベース担当みたい。彼女は黒くて長い髪のすらっとした感じの女の子なんですが。私はエレキギターよりもエレキベースのほうがそういう女の子には映えると思ってます。エレキベースってネックの長いのがありますから、、その、ネックの長いすらっとした感じのエレキベースって、すらっとした感じの女性が持つとほんとに映えます。

昔、今は亡き法政大学の大講堂にポートカスというバンドのライブを見に行った事があります。ポートカスさんのエレキベースがそういうすらっとした感じのシンプルな黒いドレス姿の女性で、すらっとした感じのエレキベースを持っていて、ほんと、かっちょよかったです。

いや、学生時代は学校の軽音楽部の連中、バンドをやってるような連中なんて大嫌いでした。女の子にキャーキャー言われてリア充で。「もてない男」の私としてはコンチクショーな連中だったのですが。(あと、もうひとつ、そういうバンドやってる連中に反感を持つきっかけがあったのですが、それはまた別の話)

しかし数年前インディーズバンドをやってる人たちと知り合い、ライブハウス通いを始めるようになり、そういう偏見もなくなりました。お気に入りのバンドやミュージシャンさんもいくつかできましたし。

あたしも唯の持ってるのとそっくりなレスポールタイプのエレキギター、持ってるんですけどね。アリアプロⅡの30年前くらいの奴。ヤフオクで中古で2万円くらいだったけど。ちょっと触っただけで挫折してしまい、弾けません。また引っ張り出してみようかしら。

とまれ、「けいおん!」、好きな感じのアニメです。
継続視聴しようと思ってます。
ほんと、女の子のゆるゆるなキャッキャウフフの世界が続いてくれますように…。

|

« 『地を這う魚』 | トップページ | Annのお花見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/44559002

この記事へのトラックバック一覧です: 『けいおん!』:

« 『地を這う魚』 | トップページ | Annのお花見 »