« 連休ですねぃ | トップページ | 昭和の日~昭和歌謡祭~ »

2009/04/30

『闇黒楼漫』

火曜日は新宿のURGAさんへ、波流乱満さん企画ライブ「闇黒楼漫」を見てきました。
ろみさん他の方々がご出演というので。

当日のご出演は
マッハドリルさん、
カルカンエコーさん、
ろみさん、
波流乱満さん、
そして、遠藤ミチロウさんでした。

開演は6時半からとかで、ちょっと早めでした。
URGAに着いたのは7時を少し回ったくらい、最初のマッハドリルさんの演奏中でした。

マッハドリルさんはヴォーカル、エレキギター、エレキベース、ドラムスの4人編成のバンド。正統ハードロックといった感じでした。
平均年齢は少々高めな印象を受けました。そういうバンドを拝見すると私もがんばれば音楽活動できるかなって思います。体がついていきそうにないですが。

お次がカルカンエコーさん。カルさんとは日比谷カタンさんのライブで知り合いました。だいぶ後になって音楽活動もされていると伺って。ただ、ライブを拝見したのは1度だけかしら。今回で2度目だと思います。
いつものカルさんとはまた違った白いドレス姿でしっとりとしたエレアコ弾き語りでした。

お次がろみさん。死をテーマにした曲たち。
ろみさんのライブもあまり行けなくなってしまって、耳慣れない曲がメインになってしまって。
ちょっとさみしいものでありますが、精力的に新曲を拵えていらっしゃる様子は嬉しい限りであります。

波流乱満さんも久しぶりになります。なんていうのか、前衛的な、演奏というよりパフォーマンスというような感じのステージです。
ちょっと前は高円寺のShowBoatでろみさん、波流乱満さん、そして謹成祝花さんの三人というブッキングが常で、よく拝見していたのですが。

トリが遠藤ミチロウさん。遠藤ミチロウさんもよく拝見する方になりました。耳慣れた曲もいくつかできました。
遠藤ミチロウさん、ライブハウス通いを始める前からスターリンの伝説はあちこちに書かれたもので知っていましたし、そこから持っていた印象はおっかない感じのする方でした。そして、実際に拝見するともちろん、ステージ上ではパワフルであります。

しかし、オフステージでの遠藤ミチロウさんは、どちらかというと穏やかな、物静かな方のように、いっけんは見受けられます。もちろんその裡に、ステージ上で爆発する、凄まじいエネルギーを秘めていらっしゃるわけですが。

遠藤ミチロウさんのライブを何回か拝見して、そういうことに気がつきました。

今回は客席にも顔見知りの方をたくさん見かけて、不思議な一夜でありました。
帰りがけにゴールデン街の深夜+1に寄って、日本冒険小説協会会報・鷲の原稿を渡しました。4月いっぱいが締め切りだそうなので、何とか間に合いました。

|

« 連休ですねぃ | トップページ | 昭和の日~昭和歌謡祭~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連休ですねぃ | トップページ | 昭和の日~昭和歌謡祭~ »