« 「SERAPHITA」 | トップページ | 『私は哀しいアコルデオン弾きなの』 »

2009/03/12

生涯医療費は?

<川崎の医師>講演会で「どんどん吸って早く死んで」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090312-00000010-mai-soci

崎市立井田病院(中原区、関田恒二郎院長)の男性医師(55)が、7日に富山市で開かれた講演会の質疑応答で「禁煙が進むと医療費がかさむことは明らか。どんどん吸って早く死んでもらった方がいい」と発言していたことが分かった。禁煙推進団体は「人の命と健康を守る医師の発言とは思えない暴論」と抗議した。医師は取材に対し「真意が伝わらず誤解を生んだ」と釈明している。

とか。

別に揚げ足取りをするほどの発言ではないと思いますが。

政府は喫煙者が医療費を押し上げると喫煙者狩りを進めていますが。
非喫煙者が長生きするとしたら、医者にかかる機会は増えるわけで。
生涯医療費はほんと、どうなるんでしょうか?
そこらへんをこの先生はつついてしまって、だから騒ぎになったと思いますが。
痛いところをついてしまったのではないかと。

もちろんそんなのは建前に過ぎないとは思ってますけどね。

何度か書いていますが、人は宿命として「差別する動物」だと思ってます。
そして、世の中は差別をなくす方向に進んでいて。
それはとてもよいことなのだけど。
ただ、「差別する動物」としての人間は差別対象を常に求めていて。
だから、差別の対象として“喫煙”が用いられていると。
世の中から差別が消えていくのと反比例して喫煙者差別は激しくなってると。

もちろん、性別人種民族宗教障害といった差別より、喫煙者差別のほうがずっといいとは思います。
そして、なんだったらあたしがスケープゴートになってやるよん、あんまり酷くいぢめないでいてくれるならねって喫煙者の私は思ったりしますが。

しかし、それ以前に、人は「差別する事」を含めて、ダークサイドもあるものという認識も大切かと思いますが。
どうも最近ライトサイドばっかりの物言いが増えているような気がします。キレイゴトばかりの物言いの中、人の闇は抑圧されてきていて。抑圧されて いるから闇が変なかたちで時折噴出しているのではないかと思っています。ダークサイドをライトサイドと思い込んでのキレイゴトとか。

そして、そういう時代だからこそ、こういう時代を前提として、私は闇に興味を持ちますし、「闇にこそ真実がある」なんて言い方もします。

|

« 「SERAPHITA」 | トップページ | 『私は哀しいアコルデオン弾きなの』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/44321726

この記事へのトラックバック一覧です: 生涯医療費は?:

« 「SERAPHITA」 | トップページ | 『私は哀しいアコルデオン弾きなの』 »