« 「渚ようこ~華麗なる賭け~」 | トップページ | すき焼きのたれはエライ! »

2009/02/26

日比谷さんとURiTAさんのライブ

昨日は秋葉原のCLUB GOODMANへ日比谷さんとURiTAさんのライブを見に行ってきました。題して「Blue Wednesday」とか。

医者通いも始まって、その出費も頭が痛い昨今。ライブにいく回数も減らさなきゃなと思ったりしているのですが。今回大好きな日比谷さんとURiTAさんの対バン、一緒に見られるので嬉しいライブでした。

当日のご出演は
須藤かよ さん、
北村早樹子さん、
URiTAさん、
えんこチョップさん、
そして、日比谷カタンさんでした。

GOODMANさんの開演時間は6時半と早いです。それが悩みなのですが。
とりあえずURiTAさんと日比谷さんのご出演は1番じゃないと確認できたのでありがたかったです。
で、1番の須藤かよさんの演奏中にGOODMAN着。

須藤かよさんはピアノの弾き語り。GOODMANさんにはグランドピアノが備品としてあります。
感じとしては、私の拙い音楽知識から見れば、矢野顕子さんみたいな感じの方でした。

2番目が北村早樹子さん。こちらもピアノの弾き語り。ロリィタ系になるのかな?静かな、しかし熱い、現世嫌悪も感じさせる楽曲でした。

3番目がURiTAさん。なんだかんだでURiTAさんのライブも久しぶりです。
GOODMANさんは舞台に幕がついていて、演奏が終わると幕が降りるタイプのライブハウスなんですが。
幕が上がってちょっと驚いたのは、ピアノが片付けられていなかった事。URiTAさんはギターとかリズムボックスはお使いになるけど、ピアノはお弾きにならないと思っていたので。

ところがびっくり、URiTAさん、最初の曲はギターでしたが、そのあとピアノの前に座ってピアノやリズムボックスの演奏でお歌いでした。URiTAさん、ピアノまで弾けるとは。

えと、うまく説明できない感想なのですが…。たぶん、URiTAさんは骨の髄までミュージシャンさんだと思います。いや、その存在そのものが“音楽”なのだと思います。息をするのと同じくらい自然に音楽を奏でる方。"No music,no life."なんて気障な台詞が赤面して逃げ出すくらいの「音楽そのもの」の方だと思います。だから、ギターだろうがピアノだろうが弾きこなせてしまう、そういう「音楽そのもの」な方にとっては楽器の違いは瑣末な事なのかもしれないなと思ったりします。

URiTAさんの持ち歌はたくさんあって、それを変幻自在に演奏されるから、URiTAさんの曲名はよく解らないのですが。最後は「さくら」で〆。
URiTAさんの天真爛漫、天衣無縫なステージ、ほんと楽しみました。

4番目がえんこチョップさん。男性のアコギと、女性のアコーディオンとか色々鳴り物の方のデュオでした。ちょっとキモ入ったかわいい感じの歌でした。
女性の方が、洗うところが金属でできた洋物の洗濯板にお鍋とか自転車のベルとか取り付けて、胸の所に下げるストラップのついた楽器をお使いでした。中ムラサトコ→さんの“素”でもそういう楽器をお使いのメンバーさんがいらっしゃいましたが。あれは自作するのでしょうか?もう出来合いが売られているのでしょうか?つうか洗濯板って今どこで売ってるのか?

しかし、母親が洗濯板で洗濯する記憶のある年代はあのライブハウス会場であたしぐらいだったろうなぁ…

そしてトリが日比谷カタンさんでした。
まず新らし目の曲のカヴァーがあって。MCで客席と掛け合いつつ「ぶるうどらっぐ」。
「ぶるうどらっぐ」を聴くのは久しぶりになるかしら。プレスCDアルバムの「対話の可能性」「ウスロヴノスチ」にはまだ入ってない曲です。私はその前の手売りの頃のCD-R音源で持ってます。

「ぶるうどらっぐ」を聴くと、山本直樹の「ブルー」って漫画を思い出します。エロマンガですが。高校生の男の子が同級生の女の子に誘われるまま、校舎の屋上の天文部の部室で“ブルー”という催淫剤を飲みながらセックスに耽るというお話。その、セックスにふけるしかない高校生活のかったるさってのがいい感じでした。あたしの高校生活もかったるかったけど、セックスにふける相手どころかセックスそのものにご縁はありませんでしたけど。
どこか関係があるのかしら?

それから「ウスロヴノスチの切符切り」を途中まで。それからちょっと懐かし目の曲のカヴァー。あの曲が流行っていた頃リアルタイムで聞いた経験のある年代のお客さんは会場であたしくらいだったかも。そうだよ、立派な中年だよ…。
しかし今まで生きていて同棲ともご縁がありませんでしたな。つーか、ここまで生きてきてにょしょうにまったくご縁がありませんな…。

それから「ヴィリジアンゼラニウム~少女緑化計画」「週末のひととき」。そして「対話の可能性」のリゾート風アレンジver。リゾート風アレンジで最初は何の曲か解らなかったのですが、気がついたときはガツンときました。そしてノーマルverに戻すときのドライブ感が凄かったです。

今回日比谷さんはアンコールがあって、「ヘテロのワルツ」でした。
ほんと、ずっとひとりでそれに慣れてしまってるようです、あたし。そして、“彼女”のような女の子を見つけたと一瞬思った事はあったのですけど…(涙)

という方向でほんと、久しぶりにむちゃくちゃテンションの上がったライブでした。
しかし、2日続けてライブに行くとやっぱりくたびれますな。ほんと、くたびれた中年ですな。

しかし、GOODMANさんの椅子はちょっと苦手。“標準体型”の方なら問題ないのでしょうが。座るだけでずり落ちそうな感じがしますし、長く座ってるとお尻が痛くなります。いやほんと、“標準体型”の方なら問題ないのでしょうが…。

| |

« 「渚ようこ~華麗なる賭け~」 | トップページ | すき焼きのたれはエライ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日比谷さんとURiTAさんのライブ:

« 「渚ようこ~華麗なる賭け~」 | トップページ | すき焼きのたれはエライ! »