« 『宇宙をかける少女』第1話 | トップページ | 日比谷カタン@プリズントーキョー »

2009/01/09

『みなみけ おかえり』第1話

『みなみけ おかえり』第1話も見てみました。
『みなみけ』、『みなみけ おかわり』に続く『みなみけ』の第3期です。
『みなみけ』シリーズ公式サイトはこちら
Wikipediaによる『みなみけ』(原作コミック他含む)の解説はこちら
(私は原作のコミックス版『みなみけ』は読んでいません)

『みなみけ』は楽しみに見ていました。で、『みなみけ』が終わると、次週から2期の『みなみけ おかわり』が始まりました。声優さんはもちろんそのままですが、制作会社、スタッフは入れ替えてすぐに2期が始まるという面白いシリーズ展開でした。絵柄とかもお互い統一するということもなく、少々違うタッチの作品として『おかわり』は始まりましたが。

『みなみけ おかわり』は「ちょっと違うんじゃない?」という感じがして、見なくなってしまいました。原作は未読なので、原作準拠だとどっちがいいかとかは言えないのですが。「女の子のキャッキャウフフをほのぼのと愛でる」という見方は『おかわり』だとちょっとそがれたような気がしました。どっか悪い方向に“リアル志向”というか。

『みなみけ』はリアルそうに見えてリアルじゃないお話だと思ってます。
剣や魔法や異世界の住人とかは出てきませんが。

だいたい、南家三姉妹の両親がなぜいないのか?両親がいなくて生活費はどうしているのか?とか、まったく説明がされません。もしそういう疑問に囚われてしまうと本作は楽しめなくなるような気がします。
そういうのを気にしない、いや、さらに進んで、そういう疑問点に気づきもしない、というのが『みなみけ』を楽しむ資格かもしれません。そうやって作品世界に入って、女の子たちのキャッキャウフフを愛でていればいいのではないかと。

(例えば、「トレンディドラマ」なんかも、「なんでこいつらこういう生活ができるだけのカネ持ってんだ?」なんて素朴な疑問を抱くような作品がたくさんあったようですが。ま、「トレンディドラマ」も一種のファンタジーでしたのでしょう。バブル時代の)

そういう部分、本作の設定に疑問を感じず作品世界に溶け込めるというのは、ある意味、現代人の「家族(観)の崩壊」を表しているのかもしれませんが。
そして、私がそういう見方ができているということは、私の中でも「家族観」が崩壊しているのかしら。もう長いことひとり暮らしだし。“家族”を作ることもできなかったし。

『おかわり』だと、なんか中途半端にリアル志向が入ってきて、その興趣がそがれたような気がしました。ま、第1話から温泉回で、三姉妹の入浴シーンがあって、ソッチ方面のサービスは充実していたような気がしますけど。だから、『おかわり』は中途で見なくなってしまいました。

さて、『おかえり』ですが。

第1話は初詣と家庭訪問のお話しなど。

家庭訪問のお話で三姉妹の両親不在の説明があるかもと一瞬思いましたが、それはスルーで、三姉妹のいとこのタケルおじさんが自然に応対していました。しかし、この家庭訪問のエピソードはいつごろの設定だろ。新茶が出てきますが、年明け直後の話なら新茶なんてないかと思うのですが…。

う~ん、まぁ、見られました。ただフックがちょっと弱いかなという感じ。『おかわり』から妙なリアル志向を抜いた感じというか。無印方向に軌道修正したというか。ただ、無印ほどの雰囲気のよさは感じられません。良くも悪くも無難な感じかなぁ。逆に言えばそう惹きつけられる部分もなく、良くも悪くも淡々と拝見しました。

面白いのは構成かなぁ。だいたいアニメってのはオープニング-CM-本編(Aパート)-CM-本編(Bパート)-エンディングって構成になりますが。それにプロローグとかエピローグが入ったりする事はありますが。本作は本編-CM-本編-オープニング-本編-CM-本編-エンディング-本編という変わった構成でした。1話とか最終話は変則的な構成にする事も多いですから、これが1話だけなのか、全話通してこうなのかはわかりませんが。

うぅむ…。悪くはないと思います。継続視聴するかどうかはわからないけど。ただやっぱり弱いような気がします。どっか元気がないともいえるかも、です。

とりあえずしばらく録画は続けて、視聴しましょう。
(実は『おかわり』もいちおう全部録画してDVD-Rに焼いてはいるのですが)

|

« 『宇宙をかける少女』第1話 | トップページ | 日比谷カタン@プリズントーキョー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/43667393

この記事へのトラックバック一覧です: 『みなみけ おかえり』第1話:

« 『宇宙をかける少女』第1話 | トップページ | 日比谷カタン@プリズントーキョー »