« ふたたび河北へ | トップページ | 迷惑電話 »

2009/01/17

凄いけど、意味のない偶然

会社帰り、地下鉄駅を降りて(地下鉄だと「登った」という方がいいか?)、歩いているとどっかで見かけたような女の子とすれ違いました。
「どこで見かけたんかいな?」とう~んと考えて、ハタと膝を叩きました。
病院で隣に座っていた女の子でした。

ギプス姿が痛々しい感じがして、憶えていました。
私はおかげさまで捻挫まではあるけど、骨折の経験はありませんが。
痛いのかしらと思ってました?

ま、地元だからそういう事もあるかもしれないけど。

んで、またまたふたたび膝を叩いて。
あ、そうか、ギプスしてるところが手元のフロイラインリボルテック・綾波レイ包帯版と同じ場所か。
だから病院でも気になったのかと気がついて。

しかし、凄いけど、訳わからない偶然ですな。

ほんと、私って意味のない凄い偶然が多いような気がします。
おかげさんでご縁に恵まれてる部分もあるけど。

もちっと偶然でも、もっと意味のある偶然が欲しいなぁ…。
可愛い女の子と知り合って、趣味も合って、たちまち打ち解けて彼女になってくれるような。

もうちっとそういう方向性の偶然をお願いしたいのですが。
そういう偶然かと思ったら思いっきり振られたり…。

神様の、いぢわる。

|

« ふたたび河北へ | トップページ | 迷惑電話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/43766028

この記事へのトラックバック一覧です: 凄いけど、意味のない偶然:

« ふたたび河北へ | トップページ | 迷惑電話 »