« 『最後の性本能と水爆戦』 | トップページ | NM705iのケースとカバー »

2008/12/17

骨肉ビールと謹成祝花さんのライブ

昨日は大久保のEARTHDOMというライブハウスに骨肉ビールと謹成祝花(ちかなり しゅくか)さんのライブを見に行きました。

当日のご出演は
MONEYi$GODさん、
骨肉ビールさん、
PILL+ハリヤさん、
謹成祝花+石塚俊明さん、
でした。

EARTHDOMに行くのは初めて。山手線新大久保駅(中央線大久保駅でもちょっと遠くなりますがOK)を降りて、道路の反対側に渡って、明治通に向かってちょっと歩いたところにあるライブハウスです。よくある地下にあるライブハウスなんですが。

内装は黒、サイケ調の?海洋生物の絵がいくつか白いペンキで描かれています。けっこう広いです。スタンディングスタイルですが、テーブルと椅子、そしてベンチが少し出されています。椅子が空いていたので座りました、もうトシなのよ…。

んで、ドリンクを取りに行こうと思ったのですが…。ドリンクカウンターが見当たりません。ビールサーバーの置かれた小さなブースはあるみたいですが、そこは明かりも落とされて誰もいません。そこの貼り紙によると、舞台左手の通路の先にドリンクコーナーがあるみたい。

で、そこを入ってドアを開けると。なんとびっくり、けっこう広い酒場スペースがありました。こういうのを私は密かに「アピア式」と呼んでいるのですが。で、なにを頼もうかとメニューを見るとまたびっくり。ビールは500円なのですが、アルコールドリンク、例えばカンパリソーダとかラムコークとかは300円です!アルコールドリンク300円は初台のThe DOORSがそうなんですが、あちらはちょっと入場料高め。EARTHDOMさんは予約なしワンドリンクつきで今回は2500円の入場料でした。だいたい普通の価格帯かと。呑んべの味方、EARTHDOM偉い!であります。

んで、まずはビール。ちびちびやりながら、ややあって開演。

最初がMONEYi$GODさん。EG&EB&Drのオーソドックスな3ピースにヴォーカルの方という4人組バンド。ハードロックかな?なんかとてもいい感じにのれるバンドでした。

お次が骨肉ビールさん。独唱パンク主催のチバ大三さんと斉藤睦さんのバンド。ソロではギターのチバさんがエレキベースほか、斉藤睦さんがエレキギターほか、という担当です。
骨肉ビールさんも久しぶり。そして、「骨肉歌謡祭」以外で骨肉ビールの演奏を聴くのは初めてになるかと。

骨肉ビール、という名前に影響されたせいかと思いますが、ここ数年私、人を見るときに「骨の人かな?肉の人かな?」と思うようになりました。例えば三上寛さんは肉の人と思うし、お世話になってる内藤陳・日本冒険小説協会会長は骨の人だと思います。あたしはもちろん肉の人でありますが。

新曲もありました。朝のなんとか(失念失礼!)という曲。あたしはもう朝のアレはなくなってしまったので、それがわかるのにちょっと時間がかかりました。
最後の曲は「臍の下ロック」でしたか。斉藤睦さんのギターが三味線みたいな甲高い旋律を奏でるので好きです。三上寛さんも津軽三味線みたいな旋律を感じるときがありますし、三味線系をちょっと聴き込みたいという気持ちもありますが。なかなか手が回りませぬ。

3番目がPILL+ハリヤさんさん。ドラムスとアコギ。ギターは時折ライブで見かける鍋の蓋みたいなのがついた奴です。又吉究さんもアコギの時はそういうギター使ってたと記憶しています。
演奏はワンセッション。音の奔流。その音の奔流がひとつの旋律に収束していくの、背筋がゾクゾクするほど興奮します。

トリが謹成祝花+石塚俊明さん。謹成祝花さんはろみさんが高円寺のShowBoatでよく演奏されてたときに、対バンで何度か拝見しました。

ダンスと言えばいいのか、演奏と言えばいいのか。舞台狭しと踊りながらマイクをぶんぶん振り回したり、ドラムセットのシンバルを膝で蹴り上げたり、声を挙げたりするというスタイルの方です。
今回は石塚俊明さんが加わってのユニット。もちろん石塚俊明さんは三上寛さんとも共演されています。そのスタイルで拝見したこともあります。この前の三角みづ紀さんたちのポエトリーリーディングの会では、三角みづ紀さんと共演されたのも拝見しました。

今回のライブ、石塚さんのドラムセットにドラムシンセもあって、いろんな音がありました。
なんかほんと、ちょっと違う世界に遊ぶような感覚でした。

という方向で楽しいライブでした。

月も出てるし、星も見えるのに、なぜか小雨がぱらついてる不思議なお天気の中、帰宅。

|

« 『最後の性本能と水爆戦』 | トップページ | NM705iのケースとカバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/43442005

この記事へのトラックバック一覧です: 骨肉ビールと謹成祝花さんのライブ:

« 『最後の性本能と水爆戦』 | トップページ | NM705iのケースとカバー »