« 骨肉ビールと謹成祝花さんのライブ | トップページ | 「家族」についての詩 »

2008/12/18

NM705iのケースとカバー

私の愛用しているNOKIA NM705iには、透明プラスチック製のカバーを着けています。こういうアクセサリ類がいろいろあるのが海外携帯の面白いところなんですが。
ただ、このクリアタイプのカバー、けっこう壊れやすいです。今年の7月に夏に使い始めて、もう4個目かしら。落とすとほぼ確実に固定用の爪が折れますし、普通に使っていてもヒビが入ってきたことがありました。

透明カバーをつけたNM705iはきれいなんですよね。気に入ってはいるのだけど。ただ、そろそろ壊れまくるのに音が上がってきました。で、他のカバーやケース類はないかとネットで検索して。で、レザー製のケースを見つけて、それを買ってみる事にしました。

それから用事があってちょっと秋葉原に行ったんですが。そしたら某所でクリアカバーとシリコンゴムのカバーも見つけました。けっこう安かったので衝動買いしてしまいました。

081218_1これが通販で買ったレザーケース。蓋を上に跳ね上げて使うタイプです。
開口部もきちんとしていて、電池(とストラップ交換)以外はケースから出さずに行えます。裏にベルトクリップのキャッチがついていて、添付のベルトクリップでベルトに着けられます。また、キャッチは外せるので、ベルトクリップを使わない時は外して邪魔くさくなくできます。蓋は磁石で止める方式で、開閉も簡単です。

081218_2 で、これが手元のNM705i用カバー&ケース類そろい踏み。
左から透明カバー、前後2分割になってます。中央がシリコンゴムのカバー、これは一体成型のサック状。そして右がレザーケースの裏側です。下にあるのはベルトクリップ。このようにカメラ部分も開港しているので、写真もカバーをつけたまま撮れます。

シリコンゴムカバー、ちょっと好きにはなれませんが、プロテクション性能と価格のコストパフォーマンスはいちばんいいかと思います。3つの品物のうち、キーボードまでカバーしているのはこれだけですし。まだ使ってないので、使用感はどうかわかりませんが。液晶画面をカバーしてないので、シリコンゴムのカバーとレザーケースは別途液晶保護フィルムが必要になりますね。しかし、シリコンゴムのカバー、まるでコンドームみたい…。

とりあえず今はこのクリアカバーに付け替えてみました。どのくらい寿命があるのか試してみたくて、そしてやっぱりクリアタイプがいちばん好きですし。ちなみにクリアカバー、2種類使ってきましたが、つくりを見るとまだ使ったことのない品物です。この品物だったらひょっとしたら長持ちするかもしれません。

ま、ほんと、海外製携帯は専用アクセサリー類がいろいろありますな。これも海外と国内のケータイ文化の違いを感じさせます。

ところで、この写真を撮るためにNM705iの電源を切っていたのですが。
その間に着信がありました。
前回も帰省先から松山に出発しようと準備中に電話がかかってきました。
ほんと、めったに電話のかかってこないMy携帯なんですけどね。
そういう時に限ってかかってくるものです。変なの…

|

« 骨肉ビールと謹成祝花さんのライブ | トップページ | 「家族」についての詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/43453511

この記事へのトラックバック一覧です: NM705iのケースとカバー:

« 骨肉ビールと謹成祝花さんのライブ | トップページ | 「家族」についての詩 »