« 母檸檬さんのライブ | トップページ | 暖房 »

2008/11/10

『Alamode Night 34 featuring pays-des-fees』

昨日は田町のStudioCube326へゴシック・ロリィタイベント『Alamode Night 34』を見に行きました。
電氣猫フレーメンさん、マイミクりむさんのファッションレーベル「pays-des-fees(ペイ*デ*フェ)」さんのファッションショー、人形作家清水真理さんの展示、そしてマイミク素股QさんのDJ、いろいろファンな方がたくさんご出演というので。
なんか不思議、StudioCube326のイベント、よく行きます。まったく場違いな自分なのですが…。

ご出演はステージが、
MONT★SUCHT -zweit-さん、
てンぬイ☆ さん、
電氣猫フレーメンさん、
Pudding Alamodeさん、
ペイ*デ*フェさん、
NOROさん、
Rose de Reficul et Guigglesさん、
展示が、
清水真理さん、
ペイ*デ*フェさん、
ガラスの小鳥社さん、
写真作家Aliceさん、
DJが、
りむさん、
素股Qさん、
そしてVJが、
コケカキイキイ さん、
でした。

ぜんぶの感想はちょっと書ききれないのですが…。

てンぬイ☆ さん。どこかで見かけた方だなぁと思ったら、去年だったか一昨年だったか、高円寺の円盤で母檸檬さんの対バンで拝見した方でした。アニメーション作家の真 珠子さんともうおひとかた女性の方のデュオ。真珠子さんのアニメーション作品も母檸檬さんのライブで拝見した記憶があります。真珠子さんのアニメーション は、女の子の描くような、チムニーさんの作風に近いかしら?ちょっとたどたどしい絵が動く作品ですが。てンぬイ☆ さんも、そういう女の子の歌でした。

電氣猫フレーメンさんは今回幽蘭さんと瓏砂さんのおふたりでした。幽蘭さんがキーボードと歌。瓏砂さんが朗読と歌。その他鳴り物も取り混ぜて。
幽 蘭さんはVEXATIONというゴシック・ロリータバンドに在籍していらしたのですが、そのVEXATIONの歌「ジョーカーサンドマン塔の上」に出てく る眠れぬ姫のお話、それを朗読する瓏砂さん、その間におふたりの歌が挟まるというかたちでした。いや、歌の間に朗読かな?
ちょっとお道化た感じ。楽しかったです。

ペイ*デ*フェさんのファッションショー。“ファッション”なる言葉からは百万光年離れている私ですが、でも、いろいろなお洋服をつけた人たちの ショー、楽しかったです。男性もいらっしゃいました。手に乗せたガラス球?をまるで無重力状態の中というか、CGで描かれたみたいというか、重量感なくふ わふわとした感じで操る方がいて、凄かったです。

お洋服、ドレスとかワンピースとかいろいろ。ほんとどうやってあんな服を思いつくのかしら?その、不思議な感触が面白いです。やっぱり考えが違うけど、なんか面白く感じる人の作品に触れるというのは、いい刺激になるものです。
ほんと、いつかりむさんにこういうイベントに着ていく服をこしらえてもらうのが夢ですが。なんか、思いもつかないけど、素敵な服を拵えてもらえそうです。

トリがRose de Reficul et Guigglesさんでした。歌とパフォーマンスという感じでしょうか?衣裳にしろ道具にしろその凝りかた、次元が違う感じがしました。男性の道化服とかちょっと着てみたいなと思ったりして。
Rose de Reficul et Guigglesさんの方が、お客さんに棒つきキャンデーを配っていました。だから、かすかに甘い匂いが漂っていて、「こういう演出もあるのか!」と思いました。

砂糖菓子の宴、ですな。桜庭一樹の「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」的な意味において。私はそれを愛します。ま、ほんと、その場に似つかわしくない人間とは思いますが…。
楽しいイベントでした。

|

« 母檸檬さんのライブ | トップページ | 暖房 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母檸檬さんのライブ | トップページ | 暖房 »