« ジャック・リゴー『自殺総代理店』 | トップページ | 詩稿:「傷つけあいたい」 »

2008/10/29

『ヒャッコ』の謎

録画してある今期開始の深夜アニメももう4話あたりまできてます。
私は30分物のアニメなら、4話を1枚の片面1層DVD-Rに焼いています。
DVDの規格上、いちばんビットレート(≒画質)を上げれば、片面一層DVD-R1枚で1時間弱、30分2話くらいになりますが。ただそうすると2週間ごとにDVD-Rに焼かなくちゃいけなくて、せわしないです。だから、こういう方向に落ち着いてます。
それにしても今期はたくさん深夜アニメを録画しているから、-R焼きがせわしないのですが。

で、『ヒャッコ』も放送4回目になったので、オーサリングしてDVDに焼こうとしたのですが。
チャプタ打ちをしていてふと気がつきました。

『ヒャッコ』は、その話数に「×コメ」という表記がされています。30分でひとつのお話しのときもあるし、2つのお話の時もあります。これもよくあるフォーマットなんですが。
ただ、気がついたのは、「×コメ」がバラバラに並んでいる事です。なんか変です。
第1回放送では「1コメ」、第2回では「2コメ」。それはいいんですが。第3回では「4コメ」と「9コメ」、第4回放送では「3コメ」と「6コメ」になってます。

放送ミスなんてあるんでしょうか?だいたい制作も放送順にこしらえてるだろうし。だから、いきなり先の話に飛ぶ事なんでありえない筈じゃないか?
それとも制作をいろんな所に外注に出していて、どうもそれが順序通りにあがってこない、しかたなく、できあがったお話から順に放送している、そんな事なのかなぁ。そんな事、ありえるのかなぁと思っていたのですが。

どうも某所のスレを覗くと「×コメ」というのは原作マンガの順番みたいです。
で、原作どおりの順番にせず、バラバラにオンエアしているのは、新キャラを早く出すためらしいとか。

『ヒャッコ』は1話完結スタイルなので、アニメ化順は必ずしも原作順じゃなくてもいいとは思いますが。でも、原作の順番でナンバーを振るのも妙な気がします。『ヒャッコ』の原作の版元がかなり力を入れていて、原作のどこにある話かすぐに解るようにして欲しいという要望があったのでしょうが。

ただ、そうなると、シナリオとか大変かと。前の話とのつながり、例えばキャラ同志が出会って、仲良くなって、お互い気心が知れるまでになる、という流れがバラバラになりますし、それをシナリオでカバーしないといけないかと。
残念ながら、「ヒャッコ」ではそこまでのシナリオの完成度はないようですが。某掲示板でも違和感を感じる人がいたみたいですし。

ま、あたしは頭空っぽにして女の子たちのキャッキャウフフを愛でているだけだから、あまり気にはならないけど。

|

« ジャック・リゴー『自殺総代理店』 | トップページ | 詩稿:「傷つけあいたい」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャック・リゴー『自殺総代理店』 | トップページ | 詩稿:「傷つけあいたい」 »