« 詩稿:「口説いてみる」 | トップページ | 詩稿:「闇に呑まれぬために」 »

2008/10/16

新しいPCスピーカー

先日、録画したアニメを見ていて。なんか音が変だと感じました。調べてみると右のPCスピーカーから音が出ていません。

故障部位をチェックしてみて。スピーカーのヘッドフォンジャックにヘッドフォンを繋げてみると左右両方とも音がでます。右のスピーカーは左のスピーカーの右スピーカー用ジャックに繋ぐかたちなのですが、右のスピーカーを試しにヘッドフォンジャックに繋げると音が出ます。で、左スピーカーの右スピーカー用ジャックにヘッドフォンを繋げると音がでません。
どうやら左スピーカーの右スピーカー用ジャック周りが壊れたみたい。

今まで使っていたPCスピーカーはSONYのSRS-PC51という品物でした。四角じゃなくて耳みたいというか、ハート型を半分に割ったみたいというか、そういう不思議なかたちをした品物でした。普通のPCスピーカーみたいにモニターの脇にも置けますが、ちょっと組み替えるとモニターに貼り付けることもできるのが購入理由でした。あのころはなるべくスペース節約と思ってそのタイプにしたんですが。でも、アパーチャグリル式の、つまり、トリニトロンとかダイヤモンドトロンのCRTだと、アパーチャグリルが共振して画面がぶれるのが欠点でした。しばらくしてモニターに貼り付けるのはやめちゃいました。

SRS-PC51は最古参のPCパーツになってました。もう10年くらいは使っていると思います。ま、あまり壊れることはないパーツだし、PC技術の進化にも関係ないし。もっと音のいいのにしたいとか5.1ch化とか考えることもありますが、優先順位は低いです。

まぁしかし、10年も使って壊れたのだから、そろそろ買い換えようかと思いました。
で、量販店へ。

081016 買ってきたのはこれ。LogicoolのX-140です。量販店で4千円弱でした。「鳴ればいい」程度のスピーカーなら千円も出せばありますが。でも、店頭のデモ機で試聴すると、他の安価な小型スピーカーと明らかに違う音がしました(もちろんさらにお金を出せばもっといいのもありますが)。ま、スピーカーは長く使えるものですし。

あるいは5.1chタイプとか、デジタルとか、そういう方向性もありますが、そうなるとリアスピーカーとか置くために部屋の模様替えも考えないといけないし、それはまた懐の暖かい時に検討しましょう。
ちなみに今使ってるサウンドカード、玄人志向のCMI8768P-DDEPCIは最大8ch出力までサポートします。

(あとでネットで調べるとお値段はもっと安いところもあるみたい。AMOZONですら3千円ちょっとだし。ま、すぐに必要だったので…)

X-140は2つのドライバーを搭載とあります。オーディオ用語には疎いのですが、ドライバーってスピーカーのことかしら?そのせいか音がいいです。低音がよく出る感じですね。SRS-PC51とは別次元って感じ。ゲームをやってもMP3を聴いてもいい感じです。やっぱりいい音で聴くのはいいなぁ、って。

サウンドカードの設定を間違えて、リバーブがかかったままになってたの、SRS-PC51では気がつかなかったのが、X-140だと気がつきました。っていうか、リバーブがかかってるの、最初はスピーカーの癖というか仕様かなぁ、だったらちょっとリバーブがきつすぎて嫌だなぁと、買い物失敗したかなぁと思いました。

コントロール類は右スピーカーについてます。電源兼ボリューム、トーンコントロール、ヘッドフォンジャック、外部入力ジャック。ACアダプタは左スピーカーに内蔵されています。コンセント周りもすっきりですな。でも、電源周りから音声までのコードを一体化しているので、細いコードとジャックで左右のスピーカーが繋がっていたSR-PC51と違って、X-140は取り外せないかなり太いコードで左右のスピーカーが繋がってます。左右のコードを狭い場所を通して繋ぎたいというような場合はちょっと困りますが。

コントロール類が右側についているというのはオーソドックスなデザインですね。SR-PC51みたいな左スピーカーの側面につけるデザインというのも考えられている感じがして好きだったのですが。右手でナニかしながら左手で音量調節とかできますし。

さて、X-140も10年ぐらいは使えて欲しいです。いや、5.1ch化してみたいという思いもありますが。ドルビーサラウンドでDVD鑑賞も楽しいでしょうし、ゲームで後ろからも音が聞こえてくるのもド迫力でしょうが。デジタル接続もノイズフリーで嬉しいかと。

ま、ほんと、今まで私が手にしたなかでいちばん音のいいオーディオシステムになっちまったようです。いろいろ音源を聴き直して感動しています。

|

« 詩稿:「口説いてみる」 | トップページ | 詩稿:「闇に呑まれぬために」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 詩稿:「口説いてみる」 | トップページ | 詩稿:「闇に呑まれぬために」 »