« お片づけ終了(か?) | トップページ | ダダカン展をちょっと覗いて »

2008/09/15

あし歌さん@深夜寄席

土曜日の夜は新宿末廣亭へ。
三遊亭あし歌さんご出演の深夜寄席を拝見しに。

当夜のご出演は
三遊亭あし歌さん、
三遊亭歌彦さん、
春風亭栄助さん、
古今亭菊可さん、
古今亭志ん太さん、
でした。
この秋二ツ目から真打昇進される皆様。

末廣亭の深夜寄席、上野鈴本の早朝寄席、そして、1度しか行ったことがないのですが、池袋演芸場の福袋演芸場もだと思いますが、二ツ目さんの勉強会という趣向であります。
だから、今回の深夜寄席は、今秋真打昇進される皆さんの卒業興行という趣向です。
(落語家さんには、見習い、前座、二ツ目、真打という階級があって、真打で一人前となるそうです)

9時会場、9時半開演だったのですが、末廣亭には9時10分くらい前に到着。
もうその時点で大行列で、角を回ってしばらく行った所でした。私の後ろも見る間に長蛇の列。ややあって客入れ。いちばん後ろの席に何とか座れました。

初めて行った末廣亭の深夜寄席は5年前の夏でした。今は真打で柳家獅堂さんになってる柳家風太郎さんご出演ということで伺いました。
その頃は開演ギリギリに行っても最前列に座れたんですが。前回あし歌さんご出演の深夜寄席はあちこち回って早めに着いて、入場待ちの最前列だったです。で、ふと後ろを振り返ると長蛇の列で驚いたのですが。落語ブームなのかなぁ。

なぜ、今、落語ブームなのでしょうか?流行りモノには疎い私なんですが、なんがきっかけなのかなぁ。
時代が閉塞状況を迎えていて、その突破口を求める動きのひとつとして、日本古来の伝統への回帰があるのでしょうか?

ここで、堀井憲一郎の『若者殺しの時代』(講談社現代新書)を引用します。

いまの若者は、とりあえず大きなタームの尻っぺたにいる、ということを感じていればいい。
すきあらば、逃げろ。一緒に沈むな。
うまく、逃げてくれ。
(中略)
外へ逃げると捕まるなら、だったらおもいきって逆に逃げるってのはどうだろう。
内側に逃げるのだ。
それが、“日本古来の文化”を身につける、ということなんだけど。
都々逸。古武道。落語。
文化というのは、たとえばそういうものだ。(194-195p)

私が『若者殺しの時代』を読んだ時、いきなりこういうくだりが出てきて面食らったものですが。堀井憲一郎ご自身がお好きな方らしく、最近落語の本を出版されているようです。近いうち読もうと思っていますが。

ま、あまりややこしく考えずに楽しみましょうよ…

三遊亭あし歌さんが最初でした。演目は『宗論』。私があし歌さんの『宗論』を拝見するのはは初めてだと思います。『宗論』自体、テレビやラジオや本で知らなかった、今まで落語会で一度しか聴いたことがなかった演目だったので、嬉しかったです。私は誰かの信者となってついて行くのは無理っぽいけど…

次が三遊亭歌彦さんだったかしら。間違えていたらごめんなさい。
演目は知らないのですが、子供がお父さんと「何も買わない」って約束でお祭りに行くお話でした。

お家が貧乏で何も買えないという前提でもあったら違ったでしょうが。お父さんに手を引かれている子供の姿を演じる歌彦さんも決まっていて、子供の屋台の品物に惹かれる気持ちも、、欲しいけど駄目なんだよなぁって子供の気持ちが痛いくらい胸に迫ってきて、なんか聴いてて切なくなってきました。安いのだったらオイさんがなんか買ってあげるヨォ!って気持ちになりました。

三番目が春風亭栄助さん。新作でしょうか、『生徒の作文』って演目だったと思います。小学4年生かな?担任の友達が生徒の作文を読むという趣向のお話。その作文が奇妙な味で。ブラックユーモアでした。
栄助さんはこういうブラックユーモア新作の噺家さんとして活動していくのでしょうか。

四番目が古今亭菊可さんでしたか。間違っていたらごめんなさい。演目は『巌流島』でしたか?巌流島は故郷の地元であります。
テレビとか本とかでおなじみの演目ですが。この、老武士の機転はとても愉快です。切り結んで勝つだけが勝つことじゃないってね。

そして最後が古今亭志ん太さんでした。これも演目は解らないのですが。日常生活を義太夫ミュージカルにしちゃう人って趣向のお話。
皆さん二ツ目最後の高座、その最後として、思い出話。志ん太さんが落語家を志したきっかけとか。それも志ん太さんおひとりではなく、今宵の皆さんにもそういう時があったのだろうなぁと思わせる語り口、見事でした。今夜のご出演、キャラクター的には志ん太さんがいっとう好きに思いました。

という方向で、三遊亭あし歌さん最後の二ツ目の高座、楽しみました。
しかし、落語ブーム。休日の寄席は混みそうですな。
あし歌さんの真打襲名披露興行、できたら平日に有給とって観に行きたいです。

|

« お片づけ終了(か?) | トップページ | ダダカン展をちょっと覗いて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/42486460

この記事へのトラックバック一覧です: あし歌さん@深夜寄席:

« お片づけ終了(か?) | トップページ | ダダカン展をちょっと覗いて »