« 東京音頭 | トップページ | お盆休み »

2008/08/11

TIMEXの腕時計

さて、普段使いの腕時計はThe Funny Companyの腕時計を愛用するようになりましたが。
それまではミリタリータイプの文字盤の腕時計を愛用していました。ベトナム戦争中、米軍が使っていたタイプ。ここらへんはあまり詳しくはないのですが、黒地に白のアラビア数字で1から12まで、その内側に小さく13から24までの数字が振られているタイプ。軍隊は24時間制ですから。

シンプルで視認性もいいので、民生品でもこのタイプの文字盤の時計、いろいろあるみたいです。それで、いろんなメーカーのそのタイプの文字盤の時計を愛用し続けていました。20年近くそんな感じでした。
それが去年の春、The Funny Companyの腕時計を買って、ほんと久しぶりに違うデザインの時計を愛用するようになりました。

先日のサバイバルゲームの時、久しぶりにCASIOの軍用タイプの腕時計も取り出してみましたが。もう電池切れになってました。Funny Companyの腕時計はフィールド向きじゃないし、ミリタリータイプの腕時計も買い換えようと思いました。

080811 買ってきたのはこれ。TIMEXのミリタリータイプの腕時計です。ケースはプラスチックでとても軽いです。ほんとゴツくて重いThe Funny Companyの腕時計と比べると、まるで装着感がないです。

このTIMEXのプラスチックケースの腕時計、ずいぶん昔からミリタリーショップで見かけていました。初めて見かけたのは20年以上前かしら。現行品はクォーツですが、昔は手巻きタイプだったと記憶しています。
ずっと気になっていたけど、ちゃっちくて、メインユースには使いたくないなと思っていました。ま、サブユースならいいだろうと思って。

さて、このTIMEXの腕時計。ちなみに米国の冒険小説なんか読んでると、TIMEXが安サラリーマンの代名詞に出てきます。あと、ポリエステルのスーツとか。靴はハッシュパピーだったかな?そんなのが安サラリーマンの代名詞みたい。

見ての通りカレンダーさえないシンプルな文字盤。カレンダーもないから普段は止めておいて、使うときだけ動かして、時間を合わせれば電池も長持ちかもしれません。

ベルトはセパレートの2ピースタイプ。ナイロン製の布ベルト。これは1ピースタイプの引き通しの布ベルトに交換したかったんですが。どうもバネ棒がかなり本体寄りにつけられていて、ベルトが通りません。これはプラスチックケースだから、本体を少し削ればいいと思いますが。ま、ちょっと工夫してみましょう。

ちょっと考証的なことを書けば。

ベトナム戦争中、米軍は“使い捨て”の腕時計を採用しました。故障した腕時計を後送して修理して、また送り返すという手間よりも、故障したらそのまま捨てて、新しい時計を支給するほうが手間がかからないという理由でした。最初は金属ケースだったのかな?それからあと、プラスチックケースの品物が登場したみたいです。で、プラスチックケースの米軍軍用時計が出てきたのは70年代と手元の資料にありますから、間に合ったとしてもベトナム戦争末期かしら?考証的にはちょっと苦しいですが。70年代というのも手元の資料にはさらっと書いてあっただけなので、ここらへんはもっと当時の写真を見て考証しないといけないかも。

まぁ、考証的に考えたら、時計は私物とかもありますし。特殊部隊あたりならもっといい品物を使うでしょうし。SEIKOの腕時計も安くて信頼性があるというので人気があった ようです。軍制式の腕時計の支給を受けられなかった、特殊部隊が編成したベトナム少数民族の部隊に、SEIKOの腕時計をまとめて支給した事例もあるようです。ま た、SEIKOの目覚まし時計は同じく安くて信頼性があるというのでベトコンの時限爆弾にもよく使われたそうですが。
だから、ベトナム軍装なら、昭和30年代後半~40年代初期、ベトナム戦争当時の時代(風デザイン)のSEIKOの機械式腕時計でもあながち間違ってはいないと思います。タンスの奥から引っ張り出した品物でもいいかと思います。

あと、当時のタイプのローレックスの金時計がちょっと欲しいんですよね。お金さえあれば。これは面白いエピソードがあって。当時、ベトナムでうろついていたCIAのエージェント、どんな格好をしていても必ずローレックスの金時計を着けていたそうで。それで一発でわかったそうです。ま、金時計ならベルトの コマ1つから換金できる、非常用の資金源という理由もあったそうですが。

あ、そうそう。

NHKの「知るを楽しむ」の開高健特集で、ナビゲーターの重松清がベトナム取材の時、これと似た腕時計を着けていらっしゃいました。「あ、“お好きな”方なんだな」と。このTIMEX製と同じ品物かは判らないのですが。

ちなみにアメ横の中田商店だと4,800円。これとほぼ同じデザインで金属ケース?のSmith&Wessonブランドの奴が3,800円で、実はそっちの方がカレンダーもついてよさげではありますが…。

この暑い季節、こういう軽い、布バンドの蒸れにくい腕時計のほうが快適かもしれません。
夏場は常用するようになるかしら?

|

« 東京音頭 | トップページ | お盆休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/41886131

この記事へのトラックバック一覧です: TIMEXの腕時計:

« 東京音頭 | トップページ | お盆休み »