« 変なトラバ | トップページ | 山の夕焼けはさみしい »

2008/07/25

青歯ヘッドフォン

以前、iPodなんて要らないなんて書きましたが…。
先日機種変した携帯電話、NM705iのプレイヤー機能、楽しく使っています。
通勤電車の混雑の中でも、好きな音楽に浸っていると、別世界に遊んでいるような心地になりますな。確かに使っている人が多い訳だ。

しかし、電車でイヤホンを取り出して。たいていケーブルってのは絡まってるものですな。生きているものは必ず死に、形あるものは必ず壊れ、そしてケーブルってのは必ず絡まるものです。その絡んだケーブルをほぐして耳にはめ込み、それからカバンから携帯電話を取り出し、ジャックを差し込み、携帯電話はワイシャツの胸ポケットに入れて。
ケーブルをほぐす面倒、満員電車、ケーブルが他の人に引っかかってしまい、ごめんなさいしたりするのもちょっと困りものです。

で、NM705iにはBluetooth機能がついてます。ならBluetoothヘッドフォンならコードレスでばっちりじゃないかと。
で、どんな品物がいくらぐらいであるかなとネットで探してみて。大体1万円以上コースですな。でも、ちょっといいなと思ったBluetoothヘッドフォンが廉く売られているネットショップを見つけて。そこでヘッドフォンを買ってみました。

080725_1 080725_2買ったのはこれ。SONYのDR-BT22という品物です。買った理由は完全にコードレスだから。Bluetoothヘッドフォンでもコードタイプがけっこうあります。コードが絡まるのがいやでコードレスが欲しいのだから、完全コードレスのこいつがいいかなと思って。

ご覧の通り折りたたんで コンパクトにできます。ただ、折りたたんだ状態でロックする機能はないので、カバンに入れておくとバラけてきます。ゴムひもか何かでゆるく縛ったほうがいいみたい。

折りたたんだ状態で一緒に写っているのは充電用のACアダプター。DR-BT22はリチウムイオン電池内臓で、取説によると3時間の充電で最大11時間音楽とか通話とかに使えて、最大100時間待ち受けできるそうです。そう、マイクもついているのでハンズフリーヘッドセットとしても使えます。ただ、自動車の運転とかでは両耳を塞ぐタイプのヘッドセットは使用禁止だそうなので、運転中には使えません。ご注意を。

さて、Bluetooth機器ですから、NM705iとペアリングという操作が必要になります。携帯とヘッドフォン、相互に認識させる操作ですな。DR-BT22をペアリングモードにして、NM705iのBluetoothをオンにして。それだけで見つけてくれるかと思ったら、NM705iのメニューから「機器検索」しないといけないみたい。このメニューには「オーディオ機器に接続」というのもあるのですが、そっちの方かと思ったら、「機器検索」のほうでした。

ま、ペアリングが終わって、「自動接続」に設定すれば、NM705iのBluetoothとDR-BT22をオンにすれば、自動的に接続してくれます。もちろんNM705iのスピーカーは自動的にミュートされます。
で、使ってみます。

コントロール類は右側のスピーカーユニットについてます。左側に充電用のジャックがあるので、左側にバッテリー、右側にメカというレイアウトなのでしょうか。
コントロール類は電源兼ペアリング、ボリューム、早送り・巻き戻し・一時停止、電話機能で使うマルチファンクションボタンといったものがついてます。ボリュームはNM705iのボリュームと同期はしません。早送り・巻き戻しは演奏中のプレイリスト内で移動できます。

前に書いたように、マイクも内蔵されているので、電話もかけられますし、音楽を聴いている最中にそのまま電話を受ける事もできます。
NM705iはボイスコマンドに対応しているので、マルチファンクションボタンを押して携帯のアドレス帳に登録した相手先の名前を呼べば、(きちんと認識されれば、)自動的に先方に電話をかけてくれます。また、ボイスコマンドでの機能呼び出しもできます。
ま、通話中の姿はなにやら独り言をブツブツ言っているアブナイ人、ですが。

さて、通勤電車で使ってみました。

携帯本体はカバンに入れて使ってみましたが、音はたまに途切れます。デジタル接続なのでノイズが入るということはないですが、途切れはします。きっかけはわかりません。カバンが引っ張られてとかいう局面ではありませんでした。何か電波を出しているものが近くにあって、混信してしまうかたちなのかしら?

操作はちょっと慣れれば問題ないです。ボリューム調整も曲の早送り、巻き戻し、一時中断もヘッドフォンを着けたままでできます。
ただ、NM705iを見ながらの操作だと、NM705iのバックライトが自動的に消えて、曲名が見えなくなるのがネックですが。それならNM705i側のボタンで操作すればいいわけだし。

装着感はちょっとゴロゴロするかな?やっぱりいろいろメカが詰まってるぶん、若干重い感じがするようです。ヘッドフォンのイヤーピースでとまっているというより、頭のてっぺんにヘッドフォンが引っかかっているという感触です。ただ、これは私が特大頭で、普通の人よりフィット感が違うという部分も考慮に入れてくださいな。
大体私って特大頭、そしてデブで首の後ろに贅肉がついているので、せっかく買ってきた首の後ろを通すタイプのヘッドフォンが使えなかったという悲しい経験もありますし…(爆)

あと、パソコンにも繋いでみました。PCのBluetoothアダプタをオンにして、ペアリングを済ませてから動画ファイルを見てみましたが、 PCのスピーカー出力はミュートされて、自動的にヘッドフォンから音が出るようになります。サウンドカードからの出力をリダイレクトしているのか、それ自身のサウンド機能によるものかはわからないのですが。つまり、サウンドカードのイコライザーとかゲーム用の3Dサウンド機能が活きているかどうかわからないのですが。

ま、Bluetoothデバイスはキーボードとかマウスとかもそうですが、若干のタイムラグが発生するのでゲームとかには向かないそうですし、こっちは有線でも文句はないです。それに、PCとNM705iとでDR-BT22のデバイスの取り合いになるのも不便ですから、PCとの接続は切っておきました。

いちばん大事な音質については可もなく不可もなくという方向で。だいたい耳の病気はしょっちゅうで、私の耳はだいぶバカになってますから。

しかし、思わず廉い価格で手に入りましたし、コードレスはやっぱり便利です。ただ、コードレスな分、置忘れとか紛失に気をつけないといけませんね。紛失防止用に紐をつけたりして…。となると元の木阿弥ですな。

|

« 変なトラバ | トップページ | 山の夕焼けはさみしい »

コメント

自己レスです。
1年ちょっとに使用で本機は壊れてしまったので、SONYのDR-BT25NXに買い替えました。
その記事はこちら
http://buff.cocolog-nifty.com/buff/2009/09/post-2779.html

投稿: BUFF | 2009/09/18 10:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/41965298

この記事へのトラックバック一覧です: 青歯ヘッドフォン:

« 変なトラバ | トップページ | 山の夕焼けはさみしい »