« 引越し2年目 | トップページ | ESET Smart Security »

2008/07/23

ハンターの新作

本屋さんに行ったら、スティーブン・ハンターの新作『四十七人目の男』(上・下 扶桑社文庫)が出ていました。だいぶ迷ったのですが、結局買いました。
えと、まだ読んでいませんので…

ハンターの前作、アール・スワガー物の『ハバナの男』はそこそこ面白かったんですが、今ひとつのれませんでした。ハンターの筆力が衰えた、というより、911以降の「アメリカの正義」にうんざりしていて、そのせいかと思ってるんですが。

それから、ハンターの新作が出ても買わないだろうなぁ、と、漠然と思ってました。
でも、出てみると、やっぱり買ってしまうものですね。

例によって例の如くちょっと苦しい懐具合ですが…。
でも、以前と同じく、文庫版で出てくれたのはほんとに嬉しいです。

ハンターの新作の話は、ちょっと前に聞いていました。
アールが日本でチャンバラをやるって、なんかとても不安な気持ちになったのですが。
これが本作でした。

『四十七人目の男』、原題は“The 47th Samurai”です。忠臣蔵がらみなのでしょうか?

カバーにあるあらすじ紹介によると。

今回は主人公はボブ・リー・スワガー。ボブの元に日本人がやってきて、硫黄島で玉砕した父親の軍刀を探して欲しいとボブに頼みます。どうもその日本人の父親と、アール・スワガーは硫黄島で対決したらしいのですが。
そしてボブは軍刀を探し出し、日本にやってきて、さてお話しは…。という事らしいです。

たぶん、ボブがこの軍刀を使ってのチャンバラとかあるのでしょう。

いつ手をつけるか、ちょっと不安感もありますし、よく解らないのですが。
面白いといいなぁと思います。ほんとここんとこ小説を読まないし、ここらへんで自分の流れを変えたいという気持ちもあります。

ことし半分終わったのに冒険小説読んでないし…

|

« 引越し2年目 | トップページ | ESET Smart Security »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/41947044

この記事へのトラックバック一覧です: ハンターの新作:

« 引越し2年目 | トップページ | ESET Smart Security »