« ナンシー関展に行ったけど | トップページ | タカハシカオリさんの展覧会 »

2008/06/14

笑顔ということ

朝、出勤途中。会社の最寄り駅を出て、いつもの通りちょっと荒んだ気持ちを抱えて会社へ向かいながら。

おじいさんとすれ違いました。

おじいさんがこっちを向いてふと微笑を浮かべて。こっちも思わず貰い笑顔して。
それだけで荒んだ気持ちがふっと和らぎました。

達人のおじいさんです。
武道家でいえば出会い頭に知らない間に投げ飛ばされているようなものかしら。

しかし、笑顔ひとつで気持ちが和らぐとは。
ちょっとはっとしたと同時に、どれだけ普段の自分が荒んでいるか痛感しました。

満員の通勤電車。

しかめっ面の、被害者面を、浮かべているOLさんも多くて。
なんでそういう顔を浮かべるんだろうって思ったりもします。
しかし、そういう表情を浮かべているかもしれない自分。

ほんとに、笑顔ひとつなんですよね。
それが浮かべられない。
時々、壊れたような笑顔を浮かべている人はいるけど。

私もあのおじいさんみたいな境地に達したいものです。

|

« ナンシー関展に行ったけど | トップページ | タカハシカオリさんの展覧会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/41529128

この記事へのトラックバック一覧です: 笑顔ということ:

« ナンシー関展に行ったけど | トップページ | タカハシカオリさんの展覧会 »