« 『街場の現代思想』 | トップページ | 都電で母檸檬さん »

2008/06/21

日比谷さん@スターパインズカフェ

昨日は吉祥寺のスターパインズカフェに日比谷カタンさんのライブを観に行ってきました。
サル・ガヴォというバンドの『ストレンジ・デバイス』というアルバムのレコ発ライブとか。

当日のご出演は
Tango-jackさん、
日比谷カタンさん、
そして、サル・ガヴォさんでした。

スターパインズカフェは好きなライブハウスです。カフェの名の通り、シアターカフェといった感じ。天井が高くて2階席もあるし。いちど、三上寛さんのバンドのライブで、ドラムスの石塚俊明さんのドラムスティックが折れて、ステージの高い天井の上の方までポーンと跳ね上がっていったのを憶えています。

んまぁ、高級店であります。入場料もそれなりに高くて。吉祥寺は終業後に駆けつけるのはちと遠いせいもあり、あまり行くこともないのですが…。

今回も開演ギリギリに到着。

最初がTango-jackさん。バンドネオン、アコースティックギター、ダブルベース、ヴァイオリン、ピアノという編成のバンドでした。リーダーの方がお使いなのはアコーディオンかなぁと思ったのですが、バンドネオンという楽器だそうです。

MCによると「タンゴっぽくないタンゴ」(だったと記憶しています)とか。確かにタンゴと聞くとタンゴかしらと思うのですが。ここらへん、私にまったく素養がないので。タンゴも昔ながらのタンゴしか聞いた経験がありませんし。モダン・タンゴっていうジャンルもあるのかしら?でも、面白かったです。知らないなりに楽しめました。

お次が日比谷カタンさん。『逆牴牾参る』前半から、聞いたことがないような間奏に入って、『ウスロヴノスチの切符切り』途中まで。MCを挟んで『逆牴牾参る』後半、だいぶアレンジされた『対話の可能性』で〆。こんな感じだったかと。

トリがサル・ガヴォさん。鬼怒さんとおっしゃる方のバンド。鬼怒さんのソロは日比谷さんの対バンで聞いたことがある記憶がありますが…。
鬼怒さんがエレキギターで、あと、ピアノ、アコーディオン、ウッドベース、ヴァイオリンという編成のバンドでした。

鬼怒さんのMCによると「タンゴに影響を受けたよく解らないもの」(だったと記憶していますが…)という楽曲でした。色々な要素が入っているそうです。そこまでは理解できませんでしたが、楽しかったです。演奏時間1時間半強、たっぷりでした。

さて、日比谷カタンさんはこのライブを最後に2ヶ月ほど活動休止に入るそうです。7月4日、金曜日のオールナイトイベントにはご出演されるようですが。面白そうなイベントなんですが、翌日の5日は出勤日なので動けません…。

以前にも日比谷さんは活動休止されたことがあります。活動休止中活動もボツボツとあったのですが。まぁ2ヶ月、長いような気もしますが、漫然と時を過ごしている私にとっては、過ぎてしまうとあっという間でしょう。そして、日比谷さんはたっぷりとパワーアップされてくるかと思います。

その日を楽しみに、です。

|

« 『街場の現代思想』 | トップページ | 都電で母檸檬さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/41604467

この記事へのトラックバック一覧です: 日比谷さん@スターパインズカフェ:

« 『街場の現代思想』 | トップページ | 都電で母檸檬さん »