« 『寺山修司 劇場美術館』 | トップページ | アホらし… »

2008/06/05

『三上寛と仲間たち』ライブ

昨日は高円寺の無力無善寺へ定例の「三上寛と仲間たち」ライブを見に行ってきました。
ちなみに7月の「三上寛と仲間たち」ライブはないそうです。お気をつけて。

水曜日の高円寺駅。高円寺に行くときはいつもついでにウィスキーを買っている安い輸入食材屋さんも休み、残念。高円寺駅のガード下も水曜日お休みの店が多いので、ちょっとがらんとしていました。

当日のご出演は
無善法師さん、
ニャンゴラ千晶さん、
敬々さん、
岡敬士さん、
そして、三上寛さんでした。

無善法師さん、先日熊野参りに行って来たとかで、巡礼の方の着る、ちゃんちゃんこって言うのかな、袖のない上衣をお召しでした。かわなか先生の『熊回帰線』でも熊野の風景を見ましたが、私もいつか熊野に行きたいです。
無善法師さんはいつも座って演奏なのですが、今回は珍しく立っての演奏でした。

ニャンゴラ千晶さん。こちらはバンド編成です。サイレントヴァイオリンとピアニカの女性と、EGとカリンバ?の男性、サイレントベースの男性と、ドラムスの男性という4人編成でした。
通しで1曲の演奏。環境音楽と言うのかな?旋律を持たない“音”から始まってだんだんと旋律が立ち上がってきて、音楽の“貌”が見えてきて、そしてまた環境音楽に戻るという演奏でした。

お次が敬々さん。
いつもの敬々さんを楽しんで。

それから岡敬士さんさん。アコギにピックアップをつけてのフォーク弾き語り。その愛用のギターというのが二番目の父親に買ってもらった九千八百円のギターだそうです。確かにヘッドとかちゃっちい感じがします。でもそれを愛用していらっしゃるというのが、とてもいい感じがしました。

もちろんトリが三上寛さん。

今回、前説で三上寛さんご出演の『世界で一番美しい夜』のお話があって、三上寛さんの歌うエンディングをちょっと演奏されました。嬉しかったです。いい曲なので、サントラが出たら買おうと思っています。サントラ、劇中三上寛さんがお歌いの曲も入っていると嬉しいのですが。

という方向で楽しいライブでした。
ちょっとクタビレ気味だったので、タクシーで帰宅。

|

« 『寺山修司 劇場美術館』 | トップページ | アホらし… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/41431605

この記事へのトラックバック一覧です: 『三上寛と仲間たち』ライブ:

« 『寺山修司 劇場美術館』 | トップページ | アホらし… »