« 『思い出のなかの寺山修司』 | トップページ | 鳥たちの往来 »

2008/04/23

首を絞める結果

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080423k0000m040160000c.html
『光母子殺害:元少年の弁護団、声荒げて死刑判決を批判』
だそうですが。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2008042200060
によると裁判長は

本村弥生さん=当時(23)=と長女夕夏ちゃん=同(11カ月)=への殺意などを一転否定したことを「虚偽の弁解」と断じ、「元少年は犯した罪の深刻さと向き合うことを放棄し、死刑を免れようと懸命になっているだけだ。反省心を欠いており、極刑はやむを得ない」と述べた。

そうであります。

今回の弁護団の姿勢が文字通り「首を絞める」結果になったのではと。

死刑反対なら堂々とその論陣を張ればいいと思うのです。
そこで戦っていれば、たとえ死刑判決が出ても、何らかの有意義なものは残ったと思うのですが。それが将来の死刑廃止につながったかもしれない。

残念ながら後味の悪さと、“人権派”弁護士へ悪印象しか残らなかったようですね。

|

« 『思い出のなかの寺山修司』 | トップページ | 鳥たちの往来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/40968204

この記事へのトラックバック一覧です: 首を絞める結果:

« 『思い出のなかの寺山修司』 | トップページ | 鳥たちの往来 »