« FirefoxとJava | トップページ | ビックリハウスアゲインお花見 »

2008/04/06

日比谷カタン@Flying Teapot

昨日は江古田のプログレ喫茶、フライングティーポットさんに日比谷カタンさんのライブを観に行きました。ちょっと前、母檸檬の御手洗水子さんの展覧会で初めてお伺いした場所ですが。

題して『KON-RIN-ZAI #4』という企画ライブとか。
KON-RIN-ZAI、金輪際。拝見するに即興演奏みたいでしたから、「金輪際再演できない」という意味なのだろかと思うのですが。

ご出演は4組。
日比谷カタン 、
小森慶子(sax from渋さ知らズ/高円寺百景)+村上巨樹デュオ、
千葉広樹 、
谷保典、
だったようです。
どなたがどなただかよく解らなかったのですが。

日比谷さん以外は歌なしのインストルメンタルでした。また、日比谷さん以外はサンプラーとかエフェクター類てんこ盛りの演奏でした。サンプラーでその場で録音した音を使ったり。

楽器もさまざま。ギター一丁から、ウッドベース、クラリネット&EGデュオなど。
ウッドベースの方はスピーカーの前にウッドベースを置いて、ハウリング?を起こさせたりした音をエフェクターでさまざまに加工したり、すごかったです。

日比谷さんはトリでした。

『逆牴牾参る』の前半部分、『ウスロヴノスチの切符切り』、MC(普通にMCがあったのも日比谷さんだけでした)、『ヲマヂナイ』から『逆牴牾参る』後半 部分、『あっちの空っていいな』などなど。『対話の可能性』で〆。そんな感じです。(記憶違いありましたらごめんなさい)
今回、日比谷さんも間奏部分が長い構成でした。聞いたことのないようなフレーズも入っていて。

日比谷様、どうもありがとうございます(私信)。

フライングティーポットさん、気軽に行ける場所なら入り浸りたい場所です。
面白そうな本もいろいろ置いてあって。ほんと、半日ぐらい入り浸ってみたい場所です。

今回、前半と後半に別れていて、そのあいだ30分くらい時間がありました。面白そうな漫画があったのでちょっと読んでみました。小田扉とかいう人の作品です。不条理ながら人情味でほろりとさせるコメディーでした。不思議なテイスト。

今回のライブはプログレというか、前衛的な楽曲のライブでした。
私は実験映画とか時々観たりするんですが。こういう楽曲には実験映画の映像が似合いそうです。どんな感じになるかなぁとか考えながら見てました。

|

« FirefoxとJava | トップページ | ビックリハウスアゲインお花見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/40785576

この記事へのトラックバック一覧です: 日比谷カタン@Flying Teapot:

« FirefoxとJava | トップページ | ビックリハウスアゲインお花見 »