« 『自分探しが止まらない』 | トップページ | 三上寛さん@無力無善寺 »

2008/03/04

mixiの新規約

『ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記』の2008年3月3日付「ミクシイはあなたの日記をあなたに無断で商品化します」の記事で知ったのだけど。
4月1日付でmixiの規約が変わって以下の条項が加わるようです。
以下、http://mixi.jp/rules_sample.plより。

第18条 日記等の情報の使用許諾等
1本サービスを利用してユーザーが日記等の情報を投稿する場合には、ユーザーは弊社に対して、当該日記等の情報を日本の国内外において無償かつ非独占的に使用する権利(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変等を行うこと)を許諾するものとします。
2ユーザーは、弊社に対して著作者人格権を行使しないものとします。

という事のようです。
そのうち『電車男』みたいな「2ちゃんねる本」みたいなのをmixiが出したりするかもしれない、そのときはトラブルなく出したいということなのでしょうかしらん。

今、mixiは無償コースで使っているし、有償コースにしてもたいした金額じゃないです。だから、mixiはページ内広告とかで収益を上げているのでしょうし、色々お金を生み出す算段をしているのも理解します。ある程度は金儲けのネタにされても仕方ないとは思っていますが。ご商売だから。

「ご商売だから」ってのは、大阪生まれの母方の祖母がよく言っていた台詞です。大阪人らしい言葉だと思いますが。私も良く使う言葉になってるし、物の見方にも染み付いています。

ただ、プロの物書きさんとか、きわめてプライベートな事を書いている人が、たとえ個人が特定されない紹介のされ方をしたとしても、それを他者に公開することが許されるかどうかはわかりません。(個人が特定される書き方をすると、個人情報保護法違反になるかと思いますが)
まぁ、プロの物書きさん、そして有名人の書いた文章と、一般人の書いた文章が素性がわからぬままに並列に載っているという趣向も面白いかもしれませんが。

しかし、利用するならひとこと連絡ぐらいあってもいいと思いますが。でも、そういう許諾を得るシステムにすると、ひとりでも「嫌だ」という人がいればこじれるから、こういうシステムにしたのでしょうか。

mixiは使い方次第ではいくらでもカネを生み出す巨大情報集積体になってるかと思います。一般向けにmixi本を出したりする以外にも。

例えば、市場調査でAという商品の評判を知りたいとしたら。mixi上でAの名前を検索して、どう書かれているか調べる。あるいは、文書分析能力のあるインテリジェントなシステムを使えば、Aについて、良いか悪いか、高いか安いかとかいった、アンケート的な評判を導き出す事も可能でしょう。普通のアンケートによる市場調査より、構えてない分、忌憚のない評判を調べられるかもしれない。
そういう、mixiとクライアント間のクローズドな使い方も有効かもしれない。

ま、ほんと、タダで使っている以上、こちらが運営費を持たないというシステムである以上、ある程度こういう事はありえるかと思いますが。
でもやっぱりちょっと気持ち悪いですね。
ある日、本屋さんの店先で本を立ち読みしていたら「この文章どっかで読んだような…、あ、俺の書いた文章じゃん。」なんて事が起こるのでしょうかね。

まぁ、カネ出してまで読みたい文章を私は書いてないと自覚してますけど…。

|

« 『自分探しが止まらない』 | トップページ | 三上寛さん@無力無善寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/40367523

この記事へのトラックバック一覧です: mixiの新規約:

« 『自分探しが止まらない』 | トップページ | 三上寛さん@無力無善寺 »