« 御命日 | トップページ | ザ・メタボリックス »

2008/02/15

『狼と香辛料』第六幕まで

アニメの感想を書くとブログのほうではいろんな方からトラックバックしてもらえるし、mixi日記の方では足あとが増えるみたいです。ありがたいと思っています。
ただ、アニメ感想系サイトみたいに一話づつこまめにとか書いてなくて、気が向いた時に気が向いたように書くという感じなので心苦しいのですが…。見ても書かないことも多いし。

録画してあった『狼と香辛料』、第6幕まで見ました。1話からの銀貨改鋳を巡るエピソードはこれでひとまず終り、一区切りつくようです。ちなみに第7幕はDVDのみ収録で、次回放送分は第8幕になるとか。まぁこういうDVD版追加エピソードがあるのもご商売だからと理解しております。しかし、DVDを気楽に買える収入が欲しいなぁ。

(以下、ネタバレゾーンにつき)

5話で1話で登場したクロエが再登場してきました。村では交易担当だったようですが、銀貨改鋳に乗じてひと儲け、利権とかを手に入れようと画策していたようです。
そして、クロエたちがついた商会と敵対する商会についたロレンスとホロの敵役として再登場してきました。ちょっとびっくり。

第1話でロレンスを誘惑しようとしていたクロエ。ホロとほほえましい恋の鞘当てをくりひろげてくるのかなぁと思ったら、いきなりえぐい敵役。ホロを捕まえて教会に突き出し、自分になびかずにホロを守ろうとするロレンスを手下に殺させようとするというのは。
女は怖いですなぁ…。

しかし長年にわたり村の麦を守り育ててきた狼の精霊のホロに、そりゃないだろうという裏切り。どうも豊作の感謝は忘れ、不作の恨みは忘れてない様子(ホロの言によると土地を休ませるためにたまの不作も必要だったとか)。ま、人ってのは恩はすぐ忘れて恨みはいつまでも憶えているものですが…。嫌リアルですな。

5話であっさりとクロエたちに捕まったホロ。もともと狼の精霊なのだから、狼の姿に戻れば追っ手なんか蹴散らしてしまえると思いましたが…。そういう荒事に行かないのが「剣と魔法の出てこない剣と魔法の世界(ファンタジー)の物語」なのかなぁとか理解しましたが。たしかに普通のファンタジーなら暴力で追っ手をやっつけたりするのだろうけど、リアルに考えたらそう暴力沙汰にもいけないものだろうからなぁと思ったのですが。

しかし、6話でロレンスともども窮地に陥ったホロは元の巨大な狼の姿に戻り、追っ手を蹴散らします。だったら5話の段階でそうしとけとも思いましたが。ただ、狼の姿に戻るにはロレンス(限定かどうかはわかりませんが)の生き血が必要な様子で、その矛盾しそうなところの整合性は取れてますが。

しかし、そう考えるとクロエの行動が理解できません。ホロが村を守ってきた狼の精霊だとは気がついていた様子でしたが。ホロが狼と解っていればホロを追い詰めるのにも細心の注意を払ったはず。じゅうぶんな数の手勢と狼相手にも戦える武器を用意していたはず。
それをいきなりホロをただの悪魔憑きと言って追っ手をけしかけたり。巨大な狼の姿に戻ったホロにあたふたしたりはしないと思うのですが。

狼の姿に戻ったホロにロレンスが怯えるのもちょっとどうかと。出会った頃はともかく、もうホロは自分を襲ったりしないだろうというくらいの信頼関係はもうできたと思うのですが。いや、正体がホロであると解っていても、巨大な狼が目の前に来れば思わず怯えるものだとは思いますが、そっちのほうが本当かなぁと思いますが。…ただ、ホロのロレンスに対する信頼感にヒビが入らないといいなと思いました。まぁ、ホロは歳経た賢狼ですから、そこらへんは理解できるだけの懐の深さは持っているでしょう。

お別れになるかと思いきや、まぁホロとロレンスは元鞘で旅を続けるようで。ただ、ふたりが別れてしまうことはないと思っていたので意外性はまったく感じなかったです。ここらへんなんかもうひとひねり欲しかったような気がしますが。

しかし儲け話関係はよく解らない、…って言うか、あまり理解しようという意欲がありませぬ。さらっと流してみています。昔は花登筐のド根性商人ものとか「こういう儲け方もあるのか!」とか思いながら見ていたのですが。ここらへんは歳をとるに従って退化していますな。

いやしかしホロ可愛いよホロ…。

と思うと同時に、何十年何百年も生きているはずなのに、人の姿をとる時は十代半ばのかわいい小娘になるホロってずるいなぁとつくづく思います。

|

« 御命日 | トップページ | ザ・メタボリックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/40119437

この記事へのトラックバック一覧です: 『狼と香辛料』第六幕まで:

» (アニメ感想) 狼と香辛料 第6話 「狼と無言の別れ」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
狼と香辛料1lt;限定パックgt;(初回限定生産) メディオ商会から逃れようと、奪還したホロを連れて狭い地下水道を進むロレンス。しかし、ホロの勘を持ってしても入り組んだ地下水道の出口を見つけることは出来なかった。まるで行動を察知されているかのように追っ...... [続きを読む]

受信: 2008/02/16 02:49

» ◎狼と香辛料第六幕「狼と無言の別れ」 [ぺろぺろキャンディー]
メディオ商会から逃れようと、奪還したホロを連れて狭い地下水道を進むロレンス。しかし、ホロの勘を持ってしても入り組んだ地下水道の出口を見つけることは出来なかった。まるで行動を察知されているかのように追っ手が迫り、次第に逃げ場を失ってゆく二人。その時、背後...... [続きを読む]

受信: 2009/10/18 15:57

« 御命日 | トップページ | ザ・メタボリックス »