« 『「おたく」の精神史』 | トップページ | 『墓場鬼太郎』 »

2008/01/12

『狼と香辛料』

さて、今期始まった深夜アニメ、お次は『狼と香辛料』(http://www.spicy-wolf.com/)を観てみました。どこだったかな「剣と魔法のない、剣と魔法の世界の物語」みたいなキャッチフレーズを見かけて興味を持ちました。

今期、裸とかパンチラの出てくるアニメとか多いなぁ…、と思っていたら、『狼と香辛料』はオープニングでいきなり、全裸のケモノ少女ですか…。ケモノ少女といっても毛むくじゃらタイプじゃなくて、普通の女の子にケモノ耳とケモノしっぽを装備した状態ですから、それを除けば普通の全裸少女です。

彼女の名前はホロ。狼の精霊だそうです。ある村の農業の守り神とか。そして、村人もホロを信仰し、収穫時などには彼女に捧げるお祭りをしたりします。ただ、どうも新しい領主が新しい方法(科学的方法?)で、収量を高めようとしていて。彼女に対する信仰も薄れ始めているようです。

その事に嫌気がさしたのか、ホロは行商人のロレンスに便乗して、自分の生まれ故郷に帰ろうとします。北の国へ。その道中のホロとロレンスの物語になるようです。

ただ、ホロはメインヒロインになるかどうか。劇中、もうひとり、クロエという娘が出てきます。村の値段交渉人役の女性なんですが。ロレンスはクロエといい感じになるかもです。ただ、ロレンスは行商人ですから、クロエと会える時間じたい少ないと思うのですが。

ホロは本編中もラスト近くになるまでハダカでした。それに対してロレンスは特に反応したようには見えないんです。服か何かを着せようともしないし。で、ふと思ったのですが。今ならケモノ属性とかの人外属性もアリだけど、この世界では、あるいはロレンスは、まだセクシュアリティがそこまで行き着いてない、だから、明らかに“人でない”ホロは、たとえ全裸の女性姿でも人間ではないから反応しない、そういう事だと解釈したのですが。

ラスト、ホロはロレンスが荷馬車に積んであった服を着込みます。ロレンスは「10年かけて集めた一張羅なのに」と言いますが。そう、当時はいい服が欲しいと思っても、服屋で気軽に買い揃えられるものではなく、あちこちで集めないといけないものだったんだろうなと思います。その服はクロエのために用意したものかしら?

「剣と魔法の出てこない剣と魔法の世界の物語」として、どうもロレンスの商人としての物語が縦糸になりそうです。

そして、どうやらクロエはうさんくさい儲け話に飛びついて、ピンチになりそうな感じです。たぶん、ロレンス(とホロが?)ピンチに陥ったクロエを助けるというのが最初のエピソードになりそうな感じですが。

あと、ロレンスとホロとクロエの関係がどうなっていくか。ロレンスがホロを女性と認め、恋仲になっていけるのか?それともロレンスとクロエが恋仲になっていくのか?それにホロはどう対応していくのか?

しかし、「剣と魔法の出てくる」お話しだと気にならないのですが、「剣と魔法の出てこない」お話しだと「時代考証とかどうなってるんだろう?」と気になります。中世ヨーロッパのある地方風にどこまでできているかどうかって。服とか家屋とか道具類とか。なんかそう感じる自分が不思議です。“ファンタジー”より“時代物”と感じるからかなぁ。

さて、継続視聴するかどうかですが…。どうもゼニカネ話は苦手です。ちょっと様子を見てみることにします。

しかし結局、今期見始めた深夜アニメで裸とかパンチラが出てこなかったのは『俗・さよなら絶望先生』だけだったね…。前作を見るに『俗・さよなら絶望先生』もそのうち出てきそうだし。

|

« 『「おたく」の精神史』 | トップページ | 『墓場鬼太郎』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/17653040

この記事へのトラックバック一覧です: 『狼と香辛料』:

« 『「おたく」の精神史』 | トップページ | 『墓場鬼太郎』 »