« はんぶんおわり | トップページ | 今年初めてのライブ »

2008/01/04

福を買う

大学生時代、紳士服店の初売りのバイトをしたことがあります。
「新年に福(服)を買う。」ってことで縁起がいいって話を聞きました。
じゃ、靴を買うのは「苦痛を買う」ってことになるのでわ?と思ったりしますが。

という訳で、穴の開いたジーンズを買い換えることにしました。
ま、若い衆のおシャレさんとかは、ダメージ加工でわざと穴を開けたジーンズをはいたりしますが、キモメンオヤヂが穴の開いたジーンズなんかはいてたらただみっともないだけありますゆえ。
そういえば、深夜+1で景山民夫さんを見かけたことがあります。穴の開いたジーンズをはいていて、その、くだけた感じがさまになっていて、さすがかっこいいなぁと思いました。

ここんとこずっとジーンズはアメ横のマルセルで買ってます。深夜+1で「マルセルでジーンズを買ってます」って言ったら「こだわりのある方ですね」と言われましたが…。その意味が判らなかったんですが、どうやらマルセルは初めてGパンを売り出した店だそうですね。

あたしがマルセルでジーンズを買い始めたのは、ミリタリーショップの老舗・中田商店に行く途中にマルセルがあって、2階に大きいサイズのコーナーがあるのに気がついたからです。私くらいの肥満体になるとズボンを探すのに苦労してるんですが。だから、「あ、あそこで買えばいいや」ってんでマルセルの2階でジーンズを買うようになりました。倉庫みたいな殺風景な場所でしたが、そこに行けば私の入るサイズがあるってのは安心感であります。

ただ、今回、マルセルの2階は普通の販売フロアになっていて、大きいサイズのコーナーは1階売り場の一角に移動してました。
んで、メーカーはLeeが少しあったくらいで、ほとんどエドウィン製でした。そういえば、深夜+1でエドウィンの社員さんが隣にいらして、大きいサイズの探すの苦労してますって話したら、「うちは50インチまでありますよ」って言っていたのを思い出しました。まぁ、アメリカのほうがデブの本場なんだから、アメリカ製のジーンズのほうが大きいサイズはあると思ったりもしますが。

まぁ以前は、「ジーンズはアメリカブランドじゃなきゃヤダ」とか、「ユーズド加工はヤダ、新品を自分で履き古すのがいいんだ」とか、「コットン100%じゃなきゃ認めない」とか考えていたんですが。エドウィンの、混紡の、ユーズド加工の品物にしました。ポリエステル混紡でストレッチ素材です。やっぱストレッチ素材は履き心地がいいですわ。ユーズド加工で若干色落ちした感じになっていて、あと、茶色であと染めされています。暗めの色調のが欲しかったので、いい感じです。ブラックジーンズも見てみたんですが、黒となるとやっぱりいろいろ難しそうだったので、こっちにしました。

そういえば、初めて買ってもらったGパンがエドウィンでした。番組名は忘れましたが、日曜日のお昼にやっていて白いギターがもらえる番組、それのスポンサーがエドウィンでした。そのころは海外ブランドのジーンズなんて知らなかったですな。
大体Gパンそのものがまだまだ不良の着るものという感じで、Gパンをねだってもなかなか買ってもらえなかったのを憶えています。いやほんと、今ではジーンズは普通の服ですが。

という方向で、お正月に服を買った話。

|

« はんぶんおわり | トップページ | 今年初めてのライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/17571667

この記事へのトラックバック一覧です: 福を買う:

« はんぶんおわり | トップページ | 今年初めてのライブ »