« 鈴木美紀子さん@Special Color | トップページ | 平井イサク氏死去 »

2007/12/02

電脳コイル最終回

今、録画してあった電脳コイルの最終回を見て深いため息をついたところだ。
(という文章を思いつきましたが、元ネタが思い出せませぬ)

終わっちゃいましたね。
いい最終回でした。

「人は痛みと苦しみの中を征かねばならぬ。」
“ハードボイルド”ですな。また、鈴木志保さんの作品にも通底するかと思います。

謎とか、細かい整合性を検証すればどうなるか分かりませんが、きれいに纏め上げてると思いました。それが大事なんだと思います。細かい整合性はどうであれ、あとに違和感が残らなければ。

『電脳コイル』は“Children Without Adults”なお話だったと思ってます。『苺ましまろ』とか『みなみけ』みたいな。お話に大きく関われたのは女“性”としてはアガってるメガばあくらいでしたし。『苺ましまろ』にちょくちょく顔を出して騒動に巻き込まれるおじいさんみたいに。

だから最後、あまりお話しに関わってこなかったヤサコのお父さんがぽっと出てきたのはあれっと思いましたが。お父さんは謎の核心に近い立場の人だし、もっとストーリー関わらせようと思えば関われる立場だったんですが。たぶん、“Children Without Adults”である以上、わざと外していたと思うのですが。ただ、やっぱりラスト、自分の子供のピンチに何もできないお父さんじゃダメじゃんって配慮だったのかなぁ。

髪を下ろしたイサコ、最強ですな。『超時空要塞マクロス』で濡れて髪が下りた早瀬美沙にときめいてから、どうも髪を下ろしたキャラに弱いっぽいです。

電脳コイルに惹きこまれたいちばんの要素は、やっぱり「電脳メガネ」というガジェットに尽きると思います。
『ニューロマンサー』から“電脳空間(サイバースペース)”を知りました。ヴァーチャルリアリティの技術として、ヘッドマウントディスプレイも知ってましたし。実景とデータを重ねて表示する、戦闘機とか戦闘ヘリの技術もミリタリー雑誌で読んでましたが。それらを統合した「電脳メガネ」というアイテムは思いもよりませんでした。

かつて、寺山修司は「“虚構”と“現実”があるのではない。“虚構っぽい虚構”と“現実っぽい虚構”があるだけだ。」と言っていたそうですが。まさにそのふたつの虚構の狭間を行く品物です。ほんと、もうちょっとこういうのを撹乱するギミックがあればいいのですが。
ここ数年、「ひとは結局、自分が作り出した虚構、“物語”の中を生きているのではないか。」という思いが強くなっていますし。

8月の放送休止期間から急にお話のテンポが上がったのにはちょっとびっくり。それまではむしろゆったり目で、サイドストーリーも多かったのですが。なんか休止開けに急にお話の進行速度が上がった気がしました。ここらへん、もちっと後半にあたる部分をゆっくりと描いて欲しかったなと。

いや、サイドストーリーも面白かったです。“ヒゲ”の回なんて、あれだけで一本の作品としてじゅうぶん見られますし。

マユミとの再会も山場と思うのですが、なんかあっさりと流されてしまって。1話丸ごととは思いませんが、せめてAパートかBパート丸ごと使ってくれたらと思いました。いや実はあそこのやり取り、あまりよく分からなくて。感想を書いたサイトに、「ヤサコはマユミがミチコさんを呼び出そうとしているのを心配してクラスメイトに話したけど、結局そのせいでマユミがクラスで孤立して、いじめられる原因になった」という事だったそうですが。私も似たような経験があって、胸がチクチクと痛むのですが。つうか私ってほんと、対人スキル低すぎ。

劇中の謎の解説が、説明的な台詞で明かされるのにも。もうちょっと何かストーリー的に分かってくるようなかたちの方がよかったかなぁとか思ったりもします。でもそうなると分かる分からないが出てくるかな。

とまれ、『電脳コイル』、とても楽しく拝見しました。
来週からちょっとさみしくなりますな。

|

« 鈴木美紀子さん@Special Color | トップページ | 平井イサク氏死去 »

コメント

自己レスです。
某所に書いた文章ですが、残念だけど、こう思ってもいます…。

「人は痛みと苦しみの中を往かねばならぬ。」。それは、「その先にこそ、ほんとうがある。ほんとうの幸せがある。ほんとうの友達がいる。ほんとうの安らぎがある。」という言葉を担保しているのでしょうが…。希望を持てる若さを失いつつある私にとっては、とてもきつい部分があります。もちろん、「人は痛みと苦しみの中を往かねばならぬ。」という生き方から逃げていたせいもあるかもしれませんけど。

投稿: BUFF | 2007/12/05 07:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/17246777

この記事へのトラックバック一覧です: 電脳コイル最終回:

« 鈴木美紀子さん@Special Color | トップページ | 平井イサク氏死去 »