« 立島さんの展覧会 | トップページ | “家族”というものの行き着く先は »

2007/12/06

自動チューニングギター

数日前、mixiのニュースで知ったのですが、自動チューニング装置つきギターというのが発売されるそうです。
「Robot Guitar」という商品名で、発売元のGibson Japanの製品紹介ページは
http://www.gibson.com/robotguitar/jp/guitar.html
で、ITmediaによる「Robot Guitar」の紹介ニュースは
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0711/14/news072.html
です。
ギブソンのレスポールという、エレキギターの伝統のあるスタンダード品に装着された形になるようです。

ライブハウス通いを始めて6年ちょっとになります。

みんな演奏前にギターで同じような音を出すのがちょっと不思議でした。しばらくしてあれはチューニングしてるって判ったのだけど。
それとエレキギターとかに奇妙な機械を繋いで、踏んづけたりして演奏しているのも不思議でした。それがギターの音を加工する、エフェクターというものであるのを知ったのも後からでした。

ま、その程度の素人だったと。

チューニングメーターなるものを見かけたのもライブハウス通いを始めてからでした。エレキならシールド(エレキギターとかのケーブルをシールドと呼ぶのを知ったのもだいぶ後からだなぁ)の途中に繋いで、アコギならチューニングメーターのマイクを使って、音を合わせる機械があるって知って驚きました。

中学生のころ、フォークブームでしたが。中学の遠足とかでギターを持ち込んで演奏する奴がぼちぼちいました。彼らは音叉を使ってギターのチューニングをしてました。だから、今でもギターのチューニングをするのに音叉を使っているのかなぁと思ってましたが、そんな便利な機械があるなんて知りませんでした。

ちなみにやっぱり連中は女の子にモテて、だからライブハウス通いを始めるまでは、音楽やってる連中なんか「ケッ!」って感じでモテないキモメンとして反感を抱いていたのですが。やっぱり先入観はいけませんな。

ちなみに最近はギターのヘッドにつけるチューニングメーターが流行っているようですな。三上寛さんもしばらく前からそのタイプにしておられるようですし。

こういった自動チューニング機構つきのギター、どのくらい需要があるのかしら?

聴き手としては、確かに、演奏中にギターのチューニングに入るとちょっと白けたりする事があります。
また、日本みたいに、寒暖や湿度の差が大きい風土だと、ギターのチューニングも狂いやすいと思います。どなたの話だったかは思い出せませんが、アメリカのどこかに1ヶ月ギターのチューニングが狂わない場所があるという話を聞いたことがあります。

需要はあると思いますが。でも、チューニングが狂うからこそ、その“ゆらぎ”があるからこそ、音楽は人のぬくもりを持てるのかもとも思います。人だって狂うし、ゆらぎもありますもの。
ただ、最近は打ち込み系とか、それこそチューニングが狂わない音楽もライブで聴きますけど。

昔、誰かのエッセイで読んだのですが、ある有名なバンドはギチギチにチューニングを合わせてから、ちょっとだけチューニングを狂わせるそうです。そういう部分にこそ興趣が宿るのかもしれません。

ちなみにエレキギターは手に入れてるけどザセツしておりますが。チューニングからして私には難しいです。チューニングメーターを見ると、だいたい弦を弾いた瞬間とその後に続く音じたい音程が違いますし、どちらで合わせるのかすら知りません。もし私がギターをきちんと弾けるようになると決心して、そうなるめどがついて、なおかつお金があれば欲しいと思うでしょうが。

ITmediaの紹介記事によると2,500ドルくらいだそうです。単純計算だと28万円くらいですか。あと、日本代理店がどのくらいふっかけるかわかりませんがね。まぁ、普通の収入のサラリーマンで熱心な人ならそう出すのが大変な額ではないかなぁ。ま、私は普通の収入のサラリーマンではありませんが。低所得者層のほうですが。

ITmediaの紹介記事を読むと、チューニングにもスタンダードのほかにいくつかのモードがあるみたい。ジミ・ヘンドリックスの“Voodoo Child”モードとかあるみたいですが。でも、この自動チューニング装置が付いているのはギブソンのレスポールだし、ジミヘンのギターは、あまり詳しくは知らないけど、フェンダーのストラトキャスターの右利き用モデルを左利きで弾いているはず。じゃないとジミヘンの音は出せないそうですが。ジミヘンにこだわる人ならまずそっちの方にこだわるんじゃないかしら。

ほんと、ミュージシャンの方はどう思われるか解りませんが、メカマニアとしては面白いものが出たなぁと思います。いつかライブハウスでも見かける事があるのでしょうか。そのときは頼んでよく見せてもらおうかしら。

いや、まず、ギターを弾けるようになりたいんですがね…。

|

« 立島さんの展覧会 | トップページ | “家族”というものの行き着く先は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/17287488

この記事へのトラックバック一覧です: 自動チューニングギター:

« 立島さんの展覧会 | トップページ | “家族”というものの行き着く先は »