« 万有公演『螺旋階段』 | トップページ | 「知るを楽しむ」澁澤特集 »

2007/11/13

地球のっとりパーティー

日曜日、ダブルヘッダー第二試合。
笹塚からバスに乗って渋谷へ。原宿クロコダイル(http://www.music.co.jp/~croco/)へ母檸檬さんご出演のライブを観に。題して「地球のっとりパーティー」とか。

原宿クロコダイルは初めて行く場所です。原宿というより渋谷から明治通りを原宿方面に向かっていった途中にあるという感じ。50年代アメリカ風という感じかなぁ。『アメリカン・グラフィティ』に出てくるようなお店です。かなり広くて、ホール係の店員さんも何人かいます。店員さんは無地のウェスタン風シャツが制服みたい。しっかりした食事も出せるようです。ライブハウスとしては大規模店、高級店と思います。

最初のバンドがマヒトとおっしゃるようですが。筋肉少女帯のマヒトさんとなにか関係があるのでしょうか、ご当人のバンドなんでしょうか。
小さいお子さんを舞台に上げてるバンドがありました。ライブステージで見たいちばん小さい子は真黒毛ぼっくすのライブの時でしたが。その記録を破りました。ただ、やっぱり演奏したり歌ったりはもうちょっと大きくないと無理みたいですね。そのときを楽しみにしています。

今回、母檸檬さんは花女さんと水子さんのほか、バックはしゃあみんさんのアコースティックギターいっちょうでした。伴奏がアコギだけだといつもは轟音にかき消される歌詞がじっくりと聞けます。いい感じでした。

それから元・“たま”の石川浩司さん。小さなボディのアコースティックギター?の弾き語り。

たまは「いかすバンド天国」でブレイクしたバンドと記憶しています。お世話になってる日本冒険小説協会・内藤陳会長が「イカ天」の審査員をつとめていて。あのころ、土曜日は日本冒険小説協会公認酒場・深夜+1で飲んだくれてそれから下宿に帰って寝るというのが生活パターンでしたので、「イカ天」自体はほとんど見てなかったのですが。深夜+1で会長のイカ天話を聞いたりしてました。また、当時バンドやってる人がカウンターの中に入っていて、会長がその人から音楽用語を教わっていたりしたのを憶えています。
ま、「イカ天」を見てなかったというのはアマチュアバンド、インディーズバンドの世界に興味がなかったという事でもあり。ほんと、あの頃はライブハウス通いが趣味になるとは思ってもいませんでした。

石川さんのはギャグパフォーマンスっぽいステージでした。でも、その中にちょっとペーソスもあったりして、沁みてくる部分もあったりして。。

土曜日は出勤日で、そのあと日比谷カタンさんのライブを見て、日曜日はお芝居、そのあとこのライブ、さすがにしんどかったので石川浩司さんのステージを拝見して帰宅。

ちょっとヨレてます。

|

« 万有公演『螺旋階段』 | トップページ | 「知るを楽しむ」澁澤特集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/17050510

この記事へのトラックバック一覧です: 地球のっとりパーティー:

« 万有公演『螺旋階段』 | トップページ | 「知るを楽しむ」澁澤特集 »