« 『動物化するポストモダン』 | トップページ | 四谷伝統芸能祭り »

2007/11/23

『さらば、映画よ!<スタア篇>』

昨日はザムザ阿佐ヶ谷に劇団A・P・B-Tokyoさんの『さらば、映画よ!<スタア篇>』を観に行きました。寺山修司の戯曲です。

定刻に会社を飛び出して阿佐ヶ谷へ。コンビニで買った肉まんをぱくついてる間に開場時刻でした。
お客さんの入りはちょうど満席ぐらいだったかな?もちろん入場時には役者さんたちが舞台や客席を蠢いています。

A・P・Bさんの『さらば、映画よ!<スタア篇>』は数年前にもいちど拝見しています。劇団としては3回目の公演になるのかしら。昔観たのを憶えていれば、演出の違いとか解って面白かったろうなと思うのですが。ま、鳥頭ですから。

そんなことを考えている間に“お芝居”の始まり。

ホテルにやってくる“少女”(いや、ちょっと違うんですが、あえて“少女”と呼ばせていただきます)。彼女はどうも“スタア”らしい。彼女は交換手に頼んで、撮影所にいる彼女の“恋人”を呼び出そうとしている、と。それが縦糸で、そこに寺山芝居らしい、断片的な“シーン”が挟み込まれるという趣向です。
そして明かされる彼女の身の上、という感じののお話です。

A・P・Bさんのお芝居は、ちょっと前よく行ってたんですが。ちょっと行かなくなってしまっていて。そして去年久しぶりに『田園に死す』を観に行って、ずいぶんレベルアップしていて驚いて。前回の『青髭公の城』も観に行ったのですが。今回はちょっとこじんまりかなという感じがしましたが、今回の公演もそのレベルアップのレベルで楽しく拝見しました。A・P・Bさんの、あの、舞台中央奥に設けられている扉は今回もあって、それもまた面白い演出になっていました。今回は役者さんが客席を割ってずんずん入って行ったりしてました。

ところで、この、寺山修司の戯曲『さらば、映画よ!』には、今回かけられた「スタア篇」ともうひとつ「ファン篇」というのがあります。未見なのですが、戯曲自体は「ファン篇」は、私の手元にある角川文庫版の『毛皮のマリー』に収められています(古書店で入手しました。今は新装版があるのかな?そちらに収められているかどうかはわからないのですが)。まだ読んでないのですが。

「ファン篇」も観てみたいなぁと思います。

|

« 『動物化するポストモダン』 | トップページ | 四谷伝統芸能祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/17162947

この記事へのトラックバック一覧です: 『さらば、映画よ!<スタア篇>』:

« 『動物化するポストモダン』 | トップページ | 四谷伝統芸能祭り »