« 東京エロ可愛fetinism 06 | トップページ | 四十肩 »

2007/11/06

DVR-SN18GLV

私のパソコンには、DVD-ROMドライブとDVD焼きドライブの2台のドライブが載ってます。DVD-ROMドライブとCD-Rドライブの2台を併用していた時代の名残りなんだけど。それからDVD焼きドライブを導入したあとも、高価なDVD焼きドライブは焼き専用にしてあまり使わずに、普通にCDとかDVDを読む時はDVD-ROMドライブのほうを使うようにしています。また、DVD焼きドライブで焼いたCD-RやDVD-Rがほかのドライブで読めるかどうかの簡単なチェック用とも考えています。

で、ここんとこ、DVD焼きドライブで焼いたDVD-RがDVD-ROMドライブで読めないという現象が起きていました。

メディア不良か、DVD焼きドライブの不良か、DVD-ROMドライブの不良か解らないんだけど。試しにちょっと前に焼いたDVD-RをDVD-ROMドライブに突っ込むと問題なく認識してくれます。メディアは同じものの筈だから、メディア不良、DVD-ROMドライブの不良じゃなくて、焼きドライブがおかしくなってきてるのかなぁと思って。

今まで使っていた焼きドライブはアイオーデータのDVR-ABH16Aです。日立LG電子のGSA-4163Bに添付ソフトをいくつかつけてアイオーがパッケージとして販売していた品です。2年半くらいの使用になるかな?この手のドライブの寿命はよくわからないけど。前に使っていた同じく日立LG電子のGSA-4082Bは1年ちょっとの使用で壊れました。GSA-4163Bは2年半使ったし、GSA-4082Bよりけっこうたくさん焼いたと思います。GSA-4082Bのころは録画した番組をDVDに焼くなんてこともあまりしなかったし。

ま、寿命ならしょうがないと買い換えることにしました。で、日曜日、秋葉原へ。

買ってきたのは同じくアイオーのDVR-SN18GLV(http://www.iodata.jp/prod/storage/dvd/2007/dvr-sn18glv/index.htm)という品物です。私が買ったショップでは8千円弱でした。

秋葉原で売られているこういったドライブ類はパッケージ品とバルク品に大きく分けられます。パッケージ品はメーカー製のパッケージに入った品物。添付ソフトがついていることが多いですし、メーカー保証も受けられます。バルク品は裸で売られている品物。ショップ保証しかつきません。あと、バルク品には添付ソフトが付いてない物、ドライブと同時購入という条件で別売りの安い焼きソフト等が付いている物、そして、添付ソフト付きの物に分けられます。

今回、Windows Vista導入も考えてVista対応のソフトつきにしようと思いました。で、Vista対応の、愛用しているBHAのB's Recorderシリーズ最新バージョンとDVDムービー再生ソフトのWinDVDが添付されているこの品物にした次第。あと、DVDオーサリングソフトも付いてます。

071106_1この製品に使われているドライブはソニーNECオプティアーク製のAD-7173Sという品物です。
ソニーNECオプティアークというのはソニーとNECの合弁会社だそうですが。だいたい日本メーカーと韓国とか海外メーカーが合弁するという話しは聞きますが、国内メーカー同士というのも面白いです。

前面ベゼルに“Labelflash”のロゴがありますが、これは対応メディアのレーベル面にタイトルとかを焼きこむ機能です。もちろんその機能を使うソフトも添付されています。同じような機能にLightScribeというのがあるのは知ってましたが、どう違うんでしょうか?ま、対応メディアが必要だし、高いだろうから普段使いにはできないでしょうけど、人に渡す場合は使ってみようかと思います。ほんとはレーベル印刷対応のプリンタが欲しいところですが…。

071106_2 で、SATAモデルにしちゃいました。「これからはATAPIデバイスもSATAだよネ!」って気分だったんだけど。後述しますがちょいと失敗。しかしシンプルな後面ですな。SATAコネクタと電源コネクタしかありません。とうとうオーディオケーブル用のコネクタも無くなりました。かつてCDを再生する時は、CD音声はオーディオケーブル経由でPCのサウンドデバイスにつながっていたのですが。IDEからデータとしてサウンドが取り出されるようになったのはいつからでしたでしょうか。98SEからかMEからか、Windows Media Playerのあるバージョンからだったか。CD-ROMドライブにヘッドフォンジャックやボリュームが付いていた時代を憶えている人ももう少ないかもしれません。

071106_3 ラベルです。マレーシア製ですね。HDDなんかもそうですが、マレーシア製もあまり見かけなくなってきたような気がします。もう人件費が高いのでしょうか、それとももっと人件費が安い国で作れるようになったからでしょうか。

で、イベントから帰宅してさっそく取り付けてみます。手持ちのSATAケーブルが届かなくてちょっとドライブの配置とか変えましたが、取り付けはそう問題なく終了。
ただほんと、カード類とか邪魔になるのを外して作業すればいいものを、それをめんどくさがってかえって手間をかけてます。

で、オンボードのSATAポートに繋いで、電源入れて、BIOSから認識しているのを確認。Windows上から認識されるのも確認。それからB's Recorder Gold8とB's ClipとDVD-RAMドライバと、PowerDVDをアンインストール、それから添付のB's Recorder Gold 9とB's ClipとWinDVDをインストール。

そして、さぁ焼くぞ!となったんですが…。

B's Recorderからドライブが認識されませぬ…。デバイスマネージャーを見るとどうもCD-ROMドライブと認識されているっぽいです。
BIOSの相性か、BIOSのセッティングか、ドライバの問題か、B's Recorderの問題かよくわからなかったんですが。SATAセッティングのAHCIモードは譲りたくないし…。マザーボードのASRock・939SLI-eSATA2はとっくの昔の生産終息品で、チップセットメーカーのULiもとっくの昔にnVIDIAに呑みこまれてます。だからBIOSもドライバももう更新は望めませぬ…。B'sの更新にいちるの望みを託し、最新版にアップデートしてみましたが…。それでも認識されません。が~~ん。
仕方がないので玄人志向のSil3132搭載SATAカード経由で繋いでみます。えと…。PCが立ち上がらなくなりました。

けっきょくSil3132カードに繋いでカードのBoot ROMをジャンパで無効にすると認識されました。ま、これで使いませう。いやほんとPATAにしとくんだった…。

という方向で焼きテストです。しかしこれでもうまく焼けないDVD-Rが出てきました…。
どうもDVD-ROMドライブの方が調子悪いかメディア不良っぽいです…。8千円…。
ま、SATAになったなぁと自己満足。次のマザーにするときはさすがにオンボードSATAも対応してくれているでしょう。

使用感は…。そうですね、音が大きくなりました。焼き専用ドライブなら諦めましょう。
あとは相性のいい安メディアを調べてみようかと思います。ProdiscOEMでいいのかどうか。ま、太陽誘電の50枚スピンドルも2千円くらいまで下がってるし、そろそろ国産メディアにしてもいいんですが。

|

« 東京エロ可愛fetinism 06 | トップページ | 四十肩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/16985230

この記事へのトラックバック一覧です: DVR-SN18GLV:

« 東京エロ可愛fetinism 06 | トップページ | 四十肩 »