« アメリカのケツを舐めるということ | トップページ | お漏らしされました »

2007/10/31

『ほとばしる副作用』

『ほとばしる副作用』(辛酸なめ子:著 文春PLUS文庫)
読了。ちょっと読むものを切らして本屋さんに行って、目について買った本です。

辛酸なめ子さんは以前、『消費セラピー』というのを読みました。けっこう面白かったので、本書も読んでみました。
本書の「解説」では否定されているようですが、芸風はナンシー関っぽいと思いました。絵つきエッセイとかもそうですが。“毒”がちょうどいい塩梅なところが似ているような気がします。退いちゃうような猛毒じゃないし、ヌル過ぎて毒を毒と感じないところまでもいかない。そういう按配が絶妙かと。

本書はデビュー当時の初期作品を集めたものみたい。

ま、メイド喫茶とかアイドルショップのルポで、ヲタクの悪口っぽいところは少々カチンときましたが、「ま、世間一般にはこう見られてるんだろうなぁ。」とも理解します。このくらいの描かれようならしかたがないかと。

ポエトリーリーディングの集まりに参加した文章もちょっと頭を抱えましたが…。

うん、でも、ま、面白くサクサクと読めました。小腹がすいた時のスナック菓子感覚で楽しく読めました。

冒頭がアイドルに関するエッセイを集めたものですが。
私はいまどきのアイドルなんてぜんぜん知りません。歌番組もバラエティーも見ないし。今はもうバラエティーなんて、たまたまチャンネルが合った時なんか、ただむかつくだけです。だから、本書に紹介されているアイドルなんて名前を知っていればいいほう、どんな顔をしているかも知らないんですが。でも、辛酸なめ子さんの筆によって面白く読めました。ここらへんも、元ネタは知らないけど、その筆にかかると面白く読めるナンシー関さんのテレビ番組とかタレントさんにまつわるエッセイに通じていると思います。

しかし辛酸なめ子アイドル写真集はちょっと見てみたい気がする…。

|

« アメリカのケツを舐めるということ | トップページ | お漏らしされました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/16847096

この記事へのトラックバック一覧です: 『ほとばしる副作用』:

« アメリカのケツを舐めるということ | トップページ | お漏らしされました »