« 犬の眼 | トップページ | 続・惡戯いヲひと:東京篇 »

2007/08/13

A8S-Xで組んでみる

このまえ予備マザーボードとして買ったASUSのA8S-Xですが。某所で不具合報告とか読んでると、ちょっと心配です。で、動作確認のため、きちんと組んでみることにしました。

前に書いたとおり、手持ち予備のQTechnologyの電源では起動しませんし、もうひとつのSeventeamの電源では起動しますが、12Vが弱い古い電源なので、容量的にちょっと苦しいです。ま、Seventeamの電源で気をつけながら組んでみます。
CPUはAthlon64の3200+、ビデオカードはRADEON X800GTO、HDDはSeagateのBarracudaATAのちょっと古め、SATA1の奴、あと、TEACのPD&CD-R兼用光学ドライブ、あと、メモリはSamsung純正のPC3200の512Mを2枚(ぢつは載ってるチップが違いますが)、FPDドライブ、それからUSBのキーボードとマウスって構成です。
これでWindows2000をインストールしてみました。

結論から言えば、インストールのときにSATAドライバを読み込ませた以外はあっさりとインストールは終了しました。ちょっと触ってみましたが、安定して動作しています。
S3もS4もOK、Cool&Quietも問題ありません。ちなみにASUSサイトにASUSがカスタマイズしたC'nQドライバがあったので、それを組み込んでみました。
普通に使っているだけで電源がかなり熱を持ってくるので、負荷のかかるような事はしませんでしたが。

かなり発熱するという話もあったチップセットも、ちょっとぬるいくらいの感じでした。ただ、負荷をかけるような事はしてませんので、負荷がかかるとどうなるかわかりませんが。きちんと運用するならノースにはちょっといいヒートシンクをおごって。手持ちの小さなシンクをつけてみたサウスは、PCIカードと干渉しないくらいのサイズでもうちょっと大きいシンクをつけてもいいかな。ファンつきクーラーまではつける必要はないっぽいって感じ。

メインPCに組んでみてもいいかなって思いますが。ただ、オンボードのSATAが2じゃなくて1なのがちょっと面倒です。PCI ExpressにSATA2カードを追加するか、メインPCに載せているSeagateのSATA2のHDDをSATA1に切り替えないといけないです。80Gの方のHDDはSATA1切り替え用のジャンパキャップがついてますが、320Gの方はついてません。マザーなんかのジャンパキャップより小さい、特殊なジャンパキャップですし…。置いてあるショップを探さないといけないっぽいです。

やって見たいけど、面倒って気もするけど。でも、いつか勢いでやっちまうんだろうなぁ…。

まぁしかし、メインPCを組みなおしてる最中になんかあった時に、ネットにつないでいろいろ調べたりドライバを落とせるサブPCがあるってのは心強いものです。

|

« 犬の眼 | トップページ | 続・惡戯いヲひと:東京篇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/16091135

この記事へのトラックバック一覧です: A8S-Xで組んでみる:

« 犬の眼 | トップページ | 続・惡戯いヲひと:東京篇 »