« 寺山修司とオタク | トップページ | トロピカル・ドリンク »

2007/06/15

ちょっと乱暴なキーボードお手入れ法

先日、キーボードを買い換えて。で、古いキーボード、Atessaのscorpionの方もメンテナンスしてスペアで残しとこうと思いました。
もう新しいのあるから、昔パソコン雑誌で読んだ少々乱暴なお手入れを。

まず、キートップリムーバーを工具箱から引っ張り出してきて。キートップリムーバーとはキーボードからキートップを引っこ抜く工具です。こいつでキーをひとつひとつ引っこ抜いて。

外したキーは洗濯ネットに入れて。念のため、洗濯ネットは手持ちの全部使って3重にしてみました。んで、他の洗濯物と一緒に洗濯機に突っ込んでスッチオン。

さて、キーボード本体の方は。キーの下、フェルト状になった埃が溜まってます。これを掃除機で吸い取ってやって。ざっとOAクリーナで拭いてやります。
そうこうしているうちに洗濯終了。
キートップにこびりついた手垢がきれいに落ちてます。

新しいキーボードのキー配列を見ながら…、と思ってたら、atessa scorpionは一部キー配列が特殊なので特殊キーとかに一部オリジナル配列がありました。あせってサーチエンジンで画像を探して、そいつとにらめっこしてキーを戻しました。

ま、手垢とか汚れも取れて、新品同様とは行きませんが、けっこうキレイになりました。
今までこういう手荒な事をするとキーボードが壊れるんじゃないかって心配してたんですが。破損もなかったし。

ただ、お試しになる方は自己責任で。キートップを外す時や洗う時に壊してしまうかもしれません。キートップリムーバーもちょっと探しにくいアイテムかも。秋葉原のPCパーツショップでも、どこでも手に入るって感じじゃないし。

手擦れで梨地仕上げが取れて、つるつるになってるキートップも愛おしいです。使い込んだ感触、いいです。しかし、キートップの刻印って、剥がれないものなのですね。私のキーボードの場合、刻印、出っ張りになってるし、摩滅しそうなものですが。

バカになってたキーも、キースイッチの隙間から接点復活剤を流し込むと、ちょっとだけ復活しました。接点復活剤は親父が愛用していた品物ですが、接触の悪くなったスイッチに使うと劇的に状態が良くなります。

という訳で、ふたたびこっちを使うようにして、先日勝ったカチカチキーボードは控えに。
ま、酒を呑みながらパソコンを使う事も多いし、というか、だいたい夜は酒を呑んでパソコン使ってるし。酒をこぼしてしまった時の非常用キーボードとして控えさせておこうかと思ってます。

|

« 寺山修司とオタク | トップページ | トロピカル・ドリンク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/15417527

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと乱暴なキーボードお手入れ法:

« 寺山修司とオタク | トップページ | トロピカル・ドリンク »