« カンヌってば | トップページ | ちょっと心配 »

2007/05/24

サウンドカード増設

今使っているASRockの939SLI-eSTA2というマザーボードにはオンボードでRealtekの“High Definition Audio”というのが載っています。前にちょっと書きましたが、こいつが時々音飛びします。ま、ドライバがこまめに更新されているようなので、そのうち直るだろうと待っていたのですが。ぜんぜん直りやがりません。
オーバークロックが原因かなぁと思ってしばらく定格に戻して使ってみましたが、それでも音飛びは発生します。

さすがにじれてきたので、サウンドカードを増設する事にしました。

いちおう、手元にはVIAのENVY24HT-Sの載ったサウンドカードがあるのですが。これは以前試して、ドライバのインストーラが固まりやがりました。それからドライバもアップデートされてませんし、これは939SLI-eSATA2には使えない、と。

しょうがないから安いサウンドカードを新規に買おうと。

で、例によって例のごとく秋葉原へ。

070524_1買ってきたのはこれ。玄人志向CMI8768P-DDEPCI
(http://www.kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=146)
という品物です。
C-Media(http://www.cmedia.com.tw/)のCMI-8768+というチップが載ってるそうです。お値段は3千円ちょっと。ハイエンドも欲しいけど、まぁ、このくらいでガマンガマン。

しかし、最近、チップのシルク印刷も読めなくなってる…。やっぱりメガネ買わないとなぁ。

世代的にはオンボードのRealtekのHigh Definition Audio規格よりも古いものになります。High Definition Audioだと、192Khz/32bit対応、つまり、1秒間に192,000回のデジタル⇒アナログデータ変換を32bitで行えるという事であります。ちなみに音楽CDだと44.1Khz/16bitであります。

http://www.cmedia.com.tw/?q=en/pci_audioを見ると、CMI-8768+は96Khz/16bitまでの対応、になります。ま、いくらHigh Definition Audio対応といっても音飛びするようじゃ意味ないんですがね。

ご覧のようにたくさんの端子が並んでいます。スピーカー端子だけで4個。それぞれに2つスピーカーがついて、7.1chまで対応とか。ま、これも私は2chステレオスピーカーしか持ってないけど。
あと、光デジタル端子が入力/出力で2個。出力は5.1ch対応、入力は2ch対応だそうです。これも光デジタルのスピーカー持ってないし、購入予定も無いからなぁ。だいたいどこで売ってるかもわからない。
でもまぁサラウンドで戦争映画のDVDとか観るとド迫力なんだろうなぁ。ちょっと憧れますが。

ほんとシンプルなカードです。これが高級品のサウンドカードだとカード上にノイズ防止用のコンデンサがずらっと並んでるんですが。

写真の通り、玄人志向定番の茶色い段ボールの箱にカード本体と、ドライバCD、光ケーブル、それからペラ1枚、“日本語無し”のインストレーションガイドが入ってます。ま、インストレーションガイドはなくてもここらへんは手馴れてますし、ドライバもC-Mediaのサイトから落としてきた最新版を使うので、あまり問題はないです。(あとからチェックしたら、CD-ROMのドライバは現在C-Mediaのサイトで公開されているものよりちょっと古いです。)

で、まず、Realtek High Definition Audioのドライバをアンインストール、いったん電源を落として、カードを取り付け、再起動。BIOSセットアップメニューに入り、オンボードサウンドを切ります。ここらへんはジャンパで切れるほうがありがたいんですが。BIOSのセッティングをおかしくして、デフォルトを読み込ませた時なんか、気をつけないと、知らないままオンボードサウンドがEnableになりますから。

で、Windowsが「新しいデバイスが見つかりました」と言ってきて、ドライバの組み込みウィザードが起動しますが、これはキャンセル。で、落としてきたドライバはインストーラつきですから、それでドライバをセットアップしてやります。一応多言語対応のインストーラみたいですが、日本語は見事に文字化けしてました。で、再起動。無事にインストールできました。

しかし、最新のドライバでさえ2005年の11月…。こまめにアップデートされるRealtekとはえらい違いですな。まトラブルの起こる最新ドライバよりもノートラブルな古いドライバなんですが…。自作PCマニアとしてはちょっとさみしいです。

で、Microsoft Updateにもドライバが上がってて、こっちの方が新しいかなぁと入れてみたんですが…。こっちはなんと2002年のドライバ!つうか、ドライバの新旧をチェックする機能ついてないんかい!しこしこドライバを抜いてもういっぺん入れなおしました。

MP3を再生してみたり、動画を再生してみたり、ゲームを遊んでみたり。ざっと試してみましたが、音飛びは起きないみたい。あと、3DMark03を動かしてみましたが、“Sound Test”が1項目増えてました。前は音の出ないのと、音の出るのが1つづつだったんですが、音の出るのが1つ増えました。

あと、以前だと、Windows Media Playerで重い動画ファイルを再生していて、スライドバーで頻繁に早送りや巻戻しをしていると、動画と音声の同期が取れなくなるのか、音がしばらく出なくなるという現象が起きていましたが、このカードを増設すると、そういう現象が起きにくくなってるみたいです。

ま、3千円ちょっとのカードとしては、充分満足です。

しかしこれ、Windws Vistaのドライバがないみたいですが…。ま、Vistaについてはクリアしないといけない事がいくつかあるので、導入はだいぶ先になるでしょうが。

|

« カンヌってば | トップページ | ちょっと心配 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/15182724

この記事へのトラックバック一覧です: サウンドカード増設:

« カンヌってば | トップページ | ちょっと心配 »