« ユニクロのベルト | トップページ | イメージフォーラムフェスティバル »

2007/04/28

United Devices終了

United Devices(UD)というソフトがあります。(http://www.grid.org/home.htm)
「小児白血病に関わるアミノ酸の解析をネット上のコンピュータで共同してやろう。」
というソフトです。
この、小児白血病に関わるアミノ酸の解析、たとえスーパーコンピューターでも気の遠くなるような時間がかかるとか。で、それをネット上のコンピュータで共同してやろうというプロジェクトです。

具体的には、解析用のデータをサーバからインターネット経由で受け取って、自分のPCにインストールしたクライアントソフトで解析し、それをサーバに返す、と。そして、新しい解析用のデータをサーバから受け取ってまた解析する、と。そういう手順の繰り返しです。
ソフトは完全にバックグラウンドで動き、普通に使っていて、そのためにパソコンが遅くなるという事はないという触れ込み。実際はちょっと重くなるかな?

このソフト、昔の自作パソコン仲間が使い始めて、私も動かすようになりました。一時期は高性能CPUを買ったという話題のあとに「UDに使うくらいしかないけれど」という物言いがはやりました。その自作PC仲間たちとも、もう行き来はないのだけど。

このUnited Devicesプロジェクトが、米国中央時間4月27日正午、終了しました。

UD、タスクトレイにアイコンが表示されるのだけど。それに!がかぶってました。サーバとの接続が確立してない時に表示されるアイコンと思ってました。以前にもサーバがダウンしていた時がありましたし。で、UDのアプリケーションウィンドウを開いてみると、なんか様子が変です。で、よくよく見てみると、どうもUDが終了したらしい、で、More Informationのリンク先を見てみるとなんか英語で書いてありました。

英語力はないのですが。mixiのUDコミュに和訳が載ってました。
ただ、和訳には、「小児白血病に関わるアミノ酸解析は終了した。」とは明記されていません。なんか事情があって終了したのでしょうか。
やっぱり、終わりは「小児白血病に関わるアミノ酸解析プロジェクトは終了しました。おめでとう!」となって欲しかったです…。

070428 これが私の最終ステータスです。会社のPCにもこそっとインストールしてたので、稼働時間がのべ2年119日12時間47分4秒になってます。
開始は2001年4月11日。6年ちょっとになるのか…。
いちばんご苦労様を言いたいのは、私が使ってきたCPUたちです。初めてこのソフトをインストールしたときはThunderBirdコアのAtholon1Gかなぁ。今使っている、定格2Gを2.5Gにオーバークロックして、ずっとCPU負荷100%で1年半持ちこたえているAthlon64にもご苦労様。これでやっとCool and Quietで休めますね。

ほかにも同じようなネット上のコンピュータである解析をやろうというプロジェクトはいくつかあるんですが…。今のところ他のに手を出す気持ちはありません。

願わくば、今までの解析データが最大限有効に使われますように。そして、小児白血病にかかった子供たちがひとりでも多く助かりますように。

元気になったらオイちゃんと遊んでね。

いつか…。

|

« ユニクロのベルト | トップページ | イメージフォーラムフェスティバル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/14867390

この記事へのトラックバック一覧です: United Devices終了:

« ユニクロのベルト | トップページ | イメージフォーラムフェスティバル »