« 日本冒険小説協会の皆様へ | トップページ | 瀬戸の花嫁 »

2007/04/05

ADSL不調

実はここの所、自宅PCのインターネット回線がちょくちょく切れるという現象に悩まされていました。フレッツADSLの47Mコースなんですが。
現象としては、夜とか、突然、接続が切れたり繋がらなくなったりするという感じでした。しばらく待てばまた繋がるようになります。
ココログで長い文章を書いていて、「さぁ保存しよう」と保存ボタンを押すと接続が切れていて、ココログの仕様だと、そういう時は文書が消えます。唖然としました。
それにネット中毒者として、繋がらないというのはちょっときついです。母檸檬さんの「あなたとわたしは繋がらない」なんてフレーズが頭の中でしたりして。

最初は繋ぎ方を見直してみました。
実は、電話線の引き込みは台所に来ていて、そこから長~いモジュラーケーブルでPCのところまで引っ張ってきて、スプリッタをつけて、電話とADSLモデムを繋いでいました。
PCからノイズが乗ってるのかなぁ、モジュラーケーブルが長すぎるのかなぁと思って。で、スプリッタとADSLモデムを台所に置いて、そこからLANケーブルを引っ張ってきて、PCに繋ぐようにしてみました。LANケーブルとスプリッタも低ノイズをうたう物と交換してみて。それでも解決せず。

あとはADSLモデムの不調か、それより上の電話回線の不調かなと思って。
ADSLモデムの不調と考えると、コンスタントに接続が切れたりするんじゃないかと。この場合のように、発作的に繋がらなくなったりして、その発作が終わると普通に繋がる状態になるような事はないんじゃないかと。
夜に良く起こるというのは、たぶん、どこかの誰かが長電話していて、そのあいだ回線にノイズが乗って繋がらなくなるんじゃないかと。ADSLはISDNのノイズに弱いという話を聞いた事がありますし。

ま、こっちで思いつく範囲の事はしたし、サポートに問い合わせてもいいなと思って、NTT東日本サイトの問い合わせフォームからサポートを頼みました。
どうせえらく待たされるだろうと思ってたのだけど。昼過ぎに問い合わせを送って、夕方6時過ぎには携帯に返事が来ました。ちょっとびっくり。

で、その、ISDN回線からなんかのノイズの影響が原因として考えられると、あと、電話線のなんかの機材が旧式なせいかもしれないと。そういうお返事で。で、電話線そのものの方は工事が必要になるので、まず、モデムの設定でノイズの影響を低減させる事ができるから、まずそっちを試してください、との事でした。

設定なんですが。わたしの使っているNTTのNVⅢというADSLモデムだと、モデムの設定画面に入り。

  1. 「基本設定」のリストより「ADSLモデム設定」を選択。
  2. 「ラインモード」項目より、「G.dmt固定(中距離)」を選択。
  3. 同設定画面中の「オーバーラップ」項目より、「使用しない」を選択。
  4. 設定ボタンを押す。
  5. 「登録」ボタンを押して、モデムを再起動する。

という手順です。
これをやってみて、昨日一昨日と接続が切れる事はありませんでした。うまく行ったかなぁ。

ただ、もちろん、この手段を使うと接続スピードが遅くなる可能性があるそうです。また、調子を見ながら、「G.dmt固定(中距離)」を「G.dmt固定(近距離)」とかに設定変更すると速くなるそうですが…。近距離に設定したら、もろに接続が切れるようになりました。
接続速度は調子が良い時は10メガオーバーしてたのが、設定変更して7~8メガぐらいになりました。また、3メガ以下にドロップする時があります。その時はISDNの干渉を受けているのでしょうか。

まぁ、いつかは光かCATVと思っていますが。CATVなら回線がもう来ているし。しかし、プロバイダ変更とかちょっとめんどいです。
つうかホームページとインターネット接続と、2つプロバイダを使っている現状自体、何とかしなきゃいけないのでしょうが。お金が余計にかかってるし…。

|

« 日本冒険小説協会の皆様へ | トップページ | 瀬戸の花嫁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/14549719

この記事へのトラックバック一覧です: ADSL不調:

« 日本冒険小説協会の皆様へ | トップページ | 瀬戸の花嫁 »